西脇美絵子の東京アマポーラ

スペイン舞踊の新たな歴史を刻んだ傑作「アレント」 ~スペイン国立バレエ団オーチャード公演より~

11月20日、スペイン国立バレエ団全国ツアーの最後を飾るオーチャードでの公演を見た。
この日上演された「アレント」と「サグアン」の2作品。どちらも日本初演の新作で、今回の公演の目玉と言える演目だ。
中でも「アレント」は、バレエ団の芸術監督アントニオ・ナハーロ自身が振り行けたもので、
一昨年の来日公演でその手腕を見せつけたアントニオ・ナハーロ芸術監督のその真価を確かめたいと、私は期待を膨らませ狙いを定めていた。

そして迎えた昨日、「アレント」は、予想をはるかに超える傑作だった。
ナハーロは、この作品でスペイン舞踊の新たなページを切り開いたといっても過言ではないだろう。

FullSizeRender (6).jpgまずは、オープニング、
天井に大きな布を飾り付けた装置の中、
一糸乱れぬダンサーたちのスタイリッシュな動きで、
ステージは一瞬にして「アレント」の世界へ。

6つのシーンそれぞれに、
観客の注意をひきつける美術、衣装、小道具。
照明がさらにそれらを際立たせ、
鍛え抜かれたダンサーたちの肉体が
この上なく美しく、そして奔放に舞う。
そこに映し出された世界は、まさに究極の美だ。

なんて美しいのだろう......。
ただそれだけで、涙が止まらない。
見る者を恍惚の世界へと導く完成度の高さ。

だが、
その完成度の奥にある内実の豊かさが、
この作品の意味を、私にしっかりと伝えてくれた。

まず特筆すべきことは、音楽のすばらしさだ。
長い間ナハーロと組んで仕事をしている作曲家のフェルナンド・エゴスクエのオリジナル曲は、
現代的で洗練された楽曲でありながら品格があり、
美しいメロディと際立つリズムを兼ね備ええた
クラシコの美的世界にとてもマッチした楽曲になっている。

クラシコはここ何十年か永い眠りについていた。
名作の再演以外に、際立ったものがなかったのだ。
その大きな原因は、音楽の不在にあるといっていいだろう。
スペイン色の強いクラシック曲で踊られるクラシコだが、
その手の音楽の進化がまったくといてよいほど見られなかった。
時に、ジャズやポップスに乗せて踊るというような試みもあったが、
ユニークではあっても、クラシコのために作られたものでない曲を多少アレンjして持ってきた程度では、おのずとその限界があった。


さらに、踊り手たちの描く洗練されたライン、斬新な動きの数々。
クラシコの技術をしっかりと継承しながら、そこには現在進行形のダンスがある。
コンテンポラリーダンスやストリートダンスなど他ジャンルダンスの影響を受けた動きもたくさん組み込まれていたが、その一方でスペイン舞踊自体の変革も大胆に行われている。

こんなパリージョの使い方があったのか!
それはまるでパリージョ自体が踊り手の体の一部となって舞っているようだった。

ナハーロは、インタビューでもクラシコという言葉を使わず、ダンサ・エスティリサーダという単語を用いていた。
その深い意味が、「アレント」を観てストンと腑に落ちた。
彼の創作のイメージは、もはやクラシコ=古典というカテゴリーには収まらないのだ。
そこには、現代の命が吹き込まれているのだから。

クラシコは、クラシコでありながら、今生きるダンスとなったのだ。

ナハーロのこの仕事によって
スペイン舞踊の可能性はドラスティックに拡大した。
スペイン舞踊は、きっとこれから、再びファンを増やしていくことだろう。
そして、ナハーロは間違いなくスペイン舞踊にその名を刻むアルティスタになるだろう。

※この公演は22日まで上演
公演の詳細情報はこちら。


〔お詫びと訂正〕
11月24 日に記事をアップした時点で以下の誤りがありました。
25日、以下のとおり訂正いたしました。大変失礼いたしました。
①第1段落5行目  「昨年」→「一昨年」
②第7段落2行目
「前作『アレント』の作曲者でもある」→「長い間ナハーロと組んで仕事をしている作曲家の」
③最後から2段落1行目
「ダンサ・エスパニュ」→「ダンサ・エスティリサーダ」

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

西脇美絵子 プロフィール

フラメンコ・シティオ主幹、及びアクースティカWEB担当。フラメンコ専門雑パセオ・フラメンコの編集長を経て、フリーランスの編集ライター、プロデューサーとして活動。取材執筆、公演・ライブ等の企画制作・プロモーション、映像ソフトの企画・制作などフラメンコの現場を主なフィールドに仕事を重ねる。スタッフとして参加した主な公演に「フラメンコ曽根崎心中」、「第1回日本フラメンコ・フェスティバル」など。単行本では「逢坂剛対談集/フラメンコやりたいほうだい」、「フラメンコ上達ポイント50」等。また数多くの映像ソフトも手掛けている。
関連記事
  1. スペイン舞踊の新たな歴史を刻んだ傑作「アレント」 ~スペイン国立バレエ団オーチャード公演より~
    11月20日、スペイン国立バレエ団全国ツアーの最後を飾るオーチャードでの公演を見...
  2. 大劇場を制覇したサラの圧倒的な存在感と作品のクオリティ
    フラメンコ・フェスティバル・イン TOKYOが、 昨日、いよいよ開幕。 10年ぶ...
  3. ドローレス、倉橋富子―田代耕一グループ、そしてベニート・ガルシアの「標」
    この週末は、フラメンコ三昧で過ごした。ドローレス、倉橋富子―田代耕一グループ、そ...
  4. 「ラス・ベガス」記念公演が意味するもの
    昨日(12月1日)、草月ホールで行われたラス・バガス記念公演。 新人公演世代の4...
  5. 鈴木敬子+カナーレス スペシャルライブ  
    アントニオ・カナーレスが個人のスタジオ・コンサートで踊る?! それだけで、すで...