西脇美絵子の東京アマポーラ

フラメンコ関連ニュース

「映画、素晴らしかったわよ! 
靴が打ち出すあのリズムは、とても人間業とは思えない! 
その靴音が、魂の奥底からの叫びのように迫ってくるのよ! 
フラメンコも生き方も、すべてが圧倒的! 
素直に、"脱帽"って感じね。
私なんて、まだまだ生ぬるいひよっこね」

8月のある日、齢80を超える母から、
興奮気味に電話がかかってきた。
私からすすめたフラメンコのドキュメンタリー映画「ラ:チャナ」を見てきたのだだという。


この秋、全国各地の映画館でフラメンコの風が吹いている。

大方のフラメンコ愛好家は、すでにご覧になったであろう、映画「ジプシーフラメンコ」。
東京の「ユーロスペース」での上映を皮切りに、全国20ヶ所あまりの映画館ですでに上映を終了しており、現在は仙台、横浜、佐賀で上映中、この後も来春まで各地で上映が予定されている。


今フラメンコファンの間で話題沸騰の様相を見せている映画「ジプシー・フラメンコ」。8月9日から東京:ユーロスペースと大阪:テアトル梅田で公開が始まり、名古屋、京都でも現在公開中。この秋以降もすでに全国20ヶ所近くの映画館で公開が決まっている。上映の予定はこちら。

11月2日、セルバンテス文化センター東京主催ギター・コンクールが行われた。
応募人数は全16名。当初は録音で一次審査が行い、8名の決勝進出者が選ばれ最終選考へと進む予定だったが、この日、応募者全員が出場、演奏しての決選となった。

さて、初開催のこのコンクール、まずはどんな方人たちが出場すのかが注目だったが、出場者の中には、日本フラメンコ協会主催新人公演出場者として見覚えのある人もかなりいて、ベテラン一人をのぞいては、プロ・アマを問わずまさしく新人たちの挑戦となった。

皆さんはフラメンコの情報を、どのような方法で入手していますか? いうまでもなく、シティオはネット上で展開していますが、今やフラメンコの情報もネットワークも、ネットなくしては成立しないと言っていいかもしれません。

そんな中でウェブ上のオンラインで本場スペインのフラメンコのレッスンが受けられるという画期的なシステムが始まりました。

今年はビエナルの年だ。
お存知の通りセビージャで足掛け2ケ月に渡り開催されるフラメンコ最大のフェスティバル。
連日連夜フラメンコ公演が、目白押し。
本場スペインの第一級のアルティスタたちが勢ぞろいする。