感じる!フラメンコ動画

読者から投稿されたフラメンコ動画を中心にアップします。
あなたが感動した動画を送ってください!→動画推薦フォーム

記事一覧

現代フラメンコのカリスマ、エバ・ジェルバブエナ。
フラメンコファンからの熱い支持を集め続ける一方で
コンテンポラリー・ダンスのピナ・バウシュやハリウッドのマイケル・フィギス監督ら各界の雄たちを魅了。
来年1月に発表される英国ナショナルアワード(英国舞踊界最高の賞)の最優秀女性舞踊手賞に、フラメンコ界からはおそらく初のノミネートを果たしてもいる。

彼女の作品は、すべて彼女の体験と魂の記憶から産み落とされたもの。
舞台芸術としての高みを実現させながら、
揺らぎや痛みが失われることはない。

完璧な身体性と深い思索とが彼女の踊りや作品の骨格となり
言葉にできないあの感情や忘れられないあの思いを
私たちに思い起こさせる。

彼女のこれまでの作品のエッセンスがつまった世界初演の「泥と涙」
代表作である「雨」(日本初演)の2作を引っ提げて、
来年3月、エバ・ジエルバブエナが来日する。

私はヘレスに生まれるという幸運に恵まれました。
家族というシーツにくるまれ育ちました。
モライートの息子、ファンの孫、マヌエルの甥である事が、
私に全ての扉を開いてくれました。
それは責任の重い事ではありますが、
自分に与えられた恵みであると感じています。 BY ディエゴ・デル・モラオ

10月に行われるフラメンコ・フェスティバル・イン・トウキョウの最終日に、
待望のロシオ・モリーナ日本初公演が行われる。
上演プログラムは、ロシオの象徴的代表作「ダンサオーラ」。

「ダンサオーラ」とは、ダンスのスペイン語「ダンサ」と
女性フラメンコ舞踊手を意味する「バイラオーラ」を合わせた造語。
それはまさに、ロシオ自身を体現した言葉だ。


現在本サイトに掲載中の「新人公演応援團合評」はもう読みましたか。
例年恒例の記事ですが、

その中で、応援團員の歌う堀越画伯は、吠えてますねぇ。
「カンテが歌えなきゃ踊れない」って。はい、何度もそう言い切っています。

一部では頑固オヤジの暴言との向きもある越画伯の熱く厳しいその進言は、
いつも踊り手たちに向けられていますが(氏は踊りとカンテ部門の合評を書いているので)、
ギタリストだって同じなんですね。
ほら、ビセンテだって歌っています。

大劇場の大きなステージ、
まだ明かりもつかない暗闇の中で
ボロロン、ギターが鳴った。

あっ、ビセンテだ!
間違いなくビセンテの音だ!

その一音を聞いただけで、
私は十分に満たされていた。
ビセンテの魔力だ。

数々のヒット曲を生んできたドランテスのピアノ。
一度聴いたら忘れない美しく鮮烈なメロディの
根底に流れているのは、揺るぎないフラメンコだ。

そんな、音楽的洗練の中に宿る彼のルーツを、
「フラメンコ・ウォーカー」の坂倉まきこさんは、次のように解説している。

「~最も伝統的なカンテを歌うことで知られたマリア・ラ・ペラタ(歌手)の孫、~父はギタリストのペドロ・ペーニャ、兄のペドロ・マリア・ペーニャは、叔父であるカンタオール、フアン・ペーニャ"エル・レブリハーノ"のギタリストも務めています。~ウトレラという村のカンタオール、ペラテ・デ・ウトレラは祖母の兄で、有名なフェルナンダとベルナルダのウトレラ姉妹ら多くのアーティストが親戚筋にあたるカンテの名門ファミリーの一員です」


鐘の音に呼応するパルマ、
鍬の音に呼応するじゃり土の上のサパテアード、
そして、ノーメイクで踊るロシオ・モリーナ......。

プリミティブで新しい。
ロシオ・モリーナならではのセンティードにあふれた映像だ。


4月23日、ギタリストの名手ニーニョ・ミゲルが亡くなった。

ニーニョ・ミゲル......。
往年のギターファンなら、彼の名を知らぬ者はいないだろう。
超絶テクニックと黒い、ヒターノの音色。
一時代を席巻した名ギタリストだった。
トマティートの叔父にあたる。

だが、彼の栄光は長くは続かなかった。
フラメンコシーンからも長らく消えていた。

ドラッグにむしばまれ、ウェルバの町の流しに身を落としたミゲルの変わり果てた姿をyou tubeで見つけたと、
西光氏(「ミカニータとマッキーのカフェカンタンテ」の制作者)が教えてくれたのは、2年ほど前のことだった。

ほどなく、そんなミゲルのドキュメンタリーが制作され、
アクースティカの新着DVDで紹介したのは、
わずか1カ月前のことだった。

この映像は、70年代ミゲル全盛時代の演奏だ。

フェスティバル・デ・ヘレスの最終公演を飾ったエバ・ジェルバブエナ。
その1週間後には、最新作「Ay!」をロンドンで初演。
昨年第2子を出産したエバだが、
すでに精力的に活動を再開させている。

ロンドン公演のレポートは、坂倉まきこの「フラメンコ・ウォーカー」に掲載中!
この映像は、出産の前年、2011年のエバ。





昨年、弱冠35歳の若さで芸術監督に就任したアントニオ・ナハーロ率いるスペイン国立バレエ団。
その来日公演が2月1日から、東京・名古屋で行われる。

プログラムは、ナハーロ振付の新作「セビリア組曲」を中心にしたAプロと、
名作「メデア」「ボレロ」に加え「ホタ」の新作などが上演されるBプロのふたつ。
同舞踊団の伝統と今が堪能できる演目である。

ゴージャスにそして緻密に構築された舞台。
"スペインの実力"を体現する、選りすぐりのメンバー。
スペイン舞踊の華麗な世界を揺るぎない伝統と斬新な試みとで魅せる。