パコ・デ・ルシア追悼特集 その1 パコの偉大な創造と根底に流れるフラメンコ性  俵英三(ギタリスト)|シティオの眼

パコ・デ・ルシア追悼特集 その1 パコの偉大な創造と根底に流れるフラメンコ性  俵英三(ギタリスト)

パコ・デ・ルシアの存在がなければ、きっと、ぼくはフラメンコギターを弾いていなかっただろう。

パコ以前のフラメンコギターはエキゾチックではあったけど、南スペインの民族性が強すぎて、気候も文化も、人種も歴史も違う日本に住むぼくらの感性には、なじみ難いものだった。

パコは従来のフラメンコギターに、現代的かつエレガントなハーモニーとフレーズを取り入れた。民族音楽の枠を超え、さらに誰も真似のできない華麗な超絶テクニックで世界中の音楽ファンを魅了した。

大学のギタークラブに入り、ぼくはそんなパコの演奏に魅せられて、フラメンコギターを弾き始めたのだ。

ブレリアやタンゴはもちろん、ソレアやシギリージャなど、どのパロも少しづつ、パコの演奏を通してそのニュアンスを理解していった。そしてパコの伴奏で唄うカマロンのカンテが心に沁み入るようになってきた。

頃を見計らってか、次に、先輩からウトレラ姉妹の録音を聴かされた。心を手掴みにされるような真情のカンテと、それを伴奏するファン・マジャ・マローテの伴奏に魅了され、身体中の細胞がざわめいた。パコのような華麗さやエレガンシアはないが、力強く、潔い、ヒターノ特有の「匂い」のする演奏だった。

そんな矢先にマローテが来日して、ぼくは初めて生演奏を聴いた。2日間、口がきけなくなるほどの感動を受けた。以来、ぼくは「匂い」のするフラメンコを追い求め始めた。アビチュエラ一族やリカルド、さらにはディエゴ・デル・ガストールに至るまで。

82年渡西。セビージャで知り合ったギタリストたちの演奏はあくまでも自然でフラメンコ的な味わいがあり、コンパス感覚の豊かさが際立っていた。しかし、衝撃的だったのはファン・ラミレスの演奏を聴いたときだ。

アリカンテ出身の彼は20歳そこそこのヒターノのバイラオールで、ビエナールのバイレのコンクールの決勝進出のためにセビージャにやって来ていた。「ギターはあくまでも趣味だから」とはにかむラミレスが弾くのは彼が敬愛してやまないパコ・デ・ルシアのブレリアとタンゴだった。

ワクワク感満載の抜群のコンパス感覚とただならぬ気迫で見事に決めるレマーテ、ぼくにはその演奏がパコよりも何倍も魅力的でカッコ良く、フラメンコ的に思えた。

ところが、それを彼に言うと一笑に付されてしまった。
彼だけではない。ギタリストはもちろん、カンタオールたちもパコ・デ・ルシアは別格的な存在として尊敬していた。

ぼくがパコの演奏にそれほどフラメンコ性を感じなかったのは、演奏のうわべだけしか聞こえていなかったからだとわかった。パコの曲を弾くラミレスの演奏を聞き倒した後に、改めてパコの演奏を聴いてみると、様々なジャンルの要素を取り入れてその響きは現代風でも、その根は正統派伝統的フラメンコにしっかりと根を張っていたのがわかった。

ぼくら外国人には、パコ・デ・ルシアの根底にあるフラメンコ性を聴き取ることは難しい...ラミレスというフィルターを通さなければ、ぼくにそれはわからなかった。

パコは新たな時代を担うパイオニアとして、常にフラメンコ界をリードしてきた。アンダルシア地方の民族芸能を進化させ、グローバル化して、世界中にファン層を拡げて、フラメンコに確固たる社会的地位を与えるまでに至った。
その功績は計り知れない。

フラメンコギタリストとしてのパコ・デ・ルシアに最高の敬意を払いつつ、冥福を祈る。

写真撮影 高瀬友孝

パコ・デ・ルシア について

フラメンコという音楽をワールドワイドなものに押し上げたフラメンコの真の革新者。その活躍はフラメンコの枠に留まらず、卓越したテクニックと新しい境地を切り開く音楽性を併せ持ち、「フラメンコの神様」と称される存在である。20歳の1967年にアルバム"La Fabulosa Guittara De Paco De Lucia(邦題・「天才」)"というソロ・デビュー・アルバムをリリース。第4作目のアルバム(邦題「二筋の川」に収録されたルンバ、"二筋の川"がフラメンコ界は勿論のことスペインのヒット・チャートでも1位を獲得し、彼の名前は一躍スペイン全土に広がった。「ルンバ」のリズムに乗り、ギターの他にベース、ドラム、パーカッション、リード楽器という編成のコンボスタイルを確立、それまでのフラメンコのイメージを一新した。このような偉業を世界に広めるきっかけになったのは、アルディメオラ、ジョン・マクラフリンと共演した「スーパーギター・トリオ」だ。当時のジャズ=フュージョン界で人気を二分する超絶技巧のギタリストを向こうに回し、引けを取らないどころか二人の存在が霞むほどのパフォーマンスを繰り広げたのである。その後もフラメンコ音楽の可能性に挑み続けるが、その確たるフラメンコ性は決して揺らぐことはなかった。代表作「アルモライマ」「シロコ」など数々のアルバムをリリース。
1947年12月21日にスペインはアルへシーラスに4人兄弟の末っ子として生まれる。Paco De Lucia(パコ・デ・ルシア)というのは芸名で本名はフランシスコ・サンチェス・ゴメス。2014年2月26日、滞在先のメキシコで心臓発作により死去。享年66歳。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

俵英三 プロフィール

フラメンコギタリスト。1982年渡西。以後20年に渡りセビージャ、ヘレスを中心に本場フラメンコの世界で活躍する。2000年、長年務めたガイド通訳の仕事に終止符を打ち、再びギタリストとして活動を再開。2002年ヘレスの大舞台フィエスタ・デ・オトニョ、2003年フェスティバル・デ・ヘレスに外国人として初めて出演する。また、ビエナル・デ・セビージャ、スマ・フラメンカの舞台にも日本人として初めて出演した。現在は活動拠点を日本に移し、スペインからアーティストを招聘して踊りや唄の講習会開催やライブ活動を勢力的に展開している。リリースCD「El Puente de Esperanza」、「羅門」、「Dolores a Agujeta」。
関連記事
  1. ドイツからのフラメンコ便り
    4時間(2日)で70ユーロから。3つ以上10%オフ。公演チケット:35、43ユーロ、クルシージョ受講生20%オフ。
  2. アクースティカ新スタジオ"中野スペースリンク"、9月15日オープン! 
    当サイトを運営しているフラメンコ音楽ショップのアクースティカが、 9月4日、中野...
  3. 緊急寄稿 フラメンコたちよ、目を覚ませ!    堀越千秋
    【リード】 フラメンコロコにしてカンテ唄いのアフィシオナード。我らが大画伯堀越千...
  4. レブリハの至宝、イネス・バカン来日! ~東京、大阪、福岡で公演~
    今日のレブリーハを代表する歌い手。1952年レブリーハ生まれ。レブリーハ・ウトレーラ一帯に住むピニーニの子孫達のひとりであり、ピニーニの曾孫にあたる。父親バスティアン・バカン。兄はギタリストのペドロ・バカン。 大地にどっしりと根を下ろしたような、悠久の時を宿したそのカンテは、アフシオナードたちの心をつかんで離さない。ソロ活動のほか、コンチャ・バルガスらの伴唱でも名高い。出演作品、ファミリアでのフランス公演を収録した「イネス、エルマナ・ミア(DVD/PAL方式)」は、レブリーハの匂いを堪能できる秀作。
  5. スイスの地でフラメンコを求めて       特別寄稿 林結花
    フラメンコの香りが色濃いカディスに生まれ、幼少の頃からその非凡な才能を現す。その頃よりフラメンコ界の大御所達、チャノ・ロバト、ファン・ビジャール、マリアーナ・コルネホ、テレモート、ドゥケンデ、ニーニャ・デ・プエブラ達とすでに同じ舞台に立っていた。また、第一線で活躍中の舞踊手の伴唄者としても愛されており、ラファエラ・カラスコ、アンドレス・マリン、ベレン・マジャ、ラファエル・カンパージョ、ファルキート達とスペイン国内だけでなく、世界中で共演している。特に最近のファルキートの公演には必ず彼女の姿がある。数多くの賞も受賞し、2007年に初アルバム、"Barcas de Plata"を発表後はソリストとしても精力的に活躍をしている。