アクースティカ新スタジオ"中野スペースリンク"、9月15日オープン! |シティオの眼

アクースティカ新スタジオ"中野スペースリンク"、9月15日オープン! 

当サイトを運営しているフラメンコ音楽ショップのアクースティカが、
9月4日、中野に引っ越しました。
これに伴い、アク―スティカ新スタジオとして
「中野スペースリンク」が9月15日にオープンしました。

中野駅北口から歩いて3分の便利な場所。

ライブ開催、スクール事業、レンタルスペース、などを通して  
フラメンコと文化の発信スポットとして展開していきます。


「"Link"というのは"輪"とか"つながる"という意味。
フラメンコを核にして、人と人、人とアートが出会い、つながって、
楽しい時間を共有する場所にしていきたいですね」と、
アクースティカの加部洋社長。

イベントの開催では、まず、本日10月8日を皮切りに、
オープン記念イベント「Link ~ここから始まる、この場所でつながる~」を
不定期連続企画で開催します。
アクースティカならではの切り口で、フラメンコのディープな世界を発信します。

現在決定している企画は4つ。
トップアルティスタによる
本格フラメンコを堪能していただきます。(記事の最後の詳細情報をご参照ください)

スクール事業は、当サイトをから生まれたシティオ塾の運営に加え、
「リンクカルチャー倶楽部」を10月に開講。
まだ、フラメンコを知らない人たちにフラメンコと出会う場を提供するとともに、
"心と身体に効く"をキーワードに、心と体の開放に役立つさまざまなクラスを開講していきます。

そうそう、シティ塾ではオープン記念キャンペーンを実施中で、
今なら、入会金5,000円が100%OFFでゼロ円に。
9月30日のお申込みまでが対象となりますので、
この機会をお見逃しなく!

そして、多目的レンタルスペースとしても展開していきます。
フラメンコの練習はもちろん、様々なジャンルのライブやイベント会場として、また各種セミナー、ペーニャやパーティ会場としても利用していただけます。

ここ中野スペースリンクを活用して、
コンパスの輪を
心と体の元気の輪を広げていく所存。
皆さんからの企画提案も大歓迎です。

この場所だからできること、
アクースティカだから、シティオだから、
中野スペースリンクだからできること、を創出していきます。

当サイト編集部もアクースティカといっしょに
中野に移ってきました。
中野スペースリンクは、
フラメンコのディ-プスポットであると同時に、
広く開かれた場所です。
どうぞ、お近くにいらしたら、店でも、編集部でも、スタジオでも、
遊びに来てください。

では最後に、中野スペースリンクオヨビアクースティカの詳細情報と、
オープン記念ベントの詳細を記載いたします。

■中野スペースリンク詳細情報

スタジオ営業時間 9:00~23:00 受付窓口 11:00~19:00 E-Mail:info0915@n-spacelink.com  ☎03-5380-5066 http://www.n-spacelink.com/ ※サイトオープンは9月20日の予定!

スタジオの広さ 約8坪
レンタル料金 3500円~4000円/1h
 ※1週間前からの予約は30%OFF 3日前からの予約は50%OFF
設備 リノリウム床 鏡付き 長机 椅子 ホワイトボード プロジェクター CD再生機  照明器具など。

○レンタルおのお申し込み方法 
①サイトオープン前 受付窓口営業時価内に電話で詳細を確認の上、申し込んでください。
②サイトオープン後 サイトの予約申し込みフォムむより申し込んでください。           

■アクースティカ詳細情報
営業時間 11:00~19:00(日・月・祝定休)
E-Mail:info@acustica.jp ☎03-6454-0662
※アクースティカ内にシティオ編集部とシティオ塾事務局、スロフラ倶楽部事務局があります。

■オープン記念イベント詳細情報
Link~ここから始まる、この場所でつながる...。

●Link vol.1 ~誕生~
10月8日(土)開場19:00 開演19:30
出演 ハバイレ:森田志保 カンテ:ダビ・ラゴス 他
チケット 3,800円

●Link vol.2~フラメンコギター プーロな夜~
10月16日(日)17:30開場  18:00開演
出演 エンリケ坂井 三澤勝弘 俵英三 山内裕之 
チケット3,800円

●Link vol.3~ルイス・ペーニャを囲んでフィエスタ!~
10月31日(月)開場19:00 開演19:30
出演 フェステーロ:ルイス・ペーニャ  ナビゲーター 俵英三  協力 井山直子
参加費 5,500円(ワイン1杯と簡単タパス付き)

●Link Vol.4 ~カンテ それぞれのヘレス~
11月8日(火)開場19:00 開演19:30
出演者 カンテ:今枝友加 石塚隆充 川島桂子 ギター:山内裕之
チケット 3,800円

会場 中野スペースリンク(中野駅北口徒歩3分)
住所 164-0001 中野区中野5-32-4 中野ステーションハイツ1F
電話:03-5380-5066 (11:00~19:00 )
E-Mail: info0915@s-link.com   

お申込み メールまたは電話で中野スペースリンクまで。
①メール:下記の必要事項をご記入し、件名に「オープン記念イベント申し込み」と明記の上送ってください。
1)氏名 2)申し込みイベントの日にちとタイトル、3)申し込み枚数 4)連絡先電話番号 5)メールアドレス
②電話:受付時間 11:00~19:00
申し込み受付開始 9月8日(木)AM11:00~
※定員はすべて40名です。ただし、Vol.3は定員30名。


について

当サイトを運営しているフラメンコ音楽ショップのアクースティカが、 9月4日、中野...

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

西脇美絵子 プロフィール

フラメンコ・シティオ主幹、及びアクースティカWEB担当。フラメンコ専門雑パセオ・フラメンコの編集長を経て、フリーランスの編集ライター、プロデューサーとして活動。取材執筆、公演・ライブ等の企画制作・プロモーション、映像ソフトの企画・制作などフラメンコの現場を主なフィールドに仕事を重ねる。スタッフとして参加した主な公演に「フラメンコ曽根崎心中」、「第1回日本フラメンコ・フェスティバル」など。単行本では「逢坂剛対談集/フラメンコやりたいほうだい」、「フラメンコ上達ポイント50」等。また数多くの映像ソフトも手掛けている。
関連記事
  1. アクースティカ新スタジオ"中野スペースリンク"、9月15日オープン! 
    当サイトを運営しているフラメンコ音楽ショップのアクースティカが、 9月4日、中野...
  2. 緊急寄稿 フラメンコたちよ、目を覚ませ!    堀越千秋
    【リード】 フラメンコロコにしてカンテ唄いのアフィシオナード。我らが大画伯堀越千...
  3. レブリハの至宝、イネス・バカン来日! ~東京、大阪、福岡で公演~
    今日のレブリーハを代表する歌い手。1952年レブリーハ生まれ。レブリーハ・ウトレーラ一帯に住むピニーニの子孫達のひとりであり、ピニーニの曾孫にあたる。父親バスティアン・バカン。兄はギタリストのペドロ・バカン。 大地にどっしりと根を下ろしたような、悠久の時を宿したそのカンテは、アフシオナードたちの心をつかんで離さない。ソロ活動のほか、コンチャ・バルガスらの伴唱でも名高い。出演作品、ファミリアでのフランス公演を収録した「イネス、エルマナ・ミア(DVD/PAL方式)」は、レブリーハの匂いを堪能できる秀作。
  4. スイスの地でフラメンコを求めて       特別寄稿 林結花
    フラメンコの香りが色濃いカディスに生まれ、幼少の頃からその非凡な才能を現す。その頃よりフラメンコ界の大御所達、チャノ・ロバト、ファン・ビジャール、マリアーナ・コルネホ、テレモート、ドゥケンデ、ニーニャ・デ・プエブラ達とすでに同じ舞台に立っていた。また、第一線で活躍中の舞踊手の伴唄者としても愛されており、ラファエラ・カラスコ、アンドレス・マリン、ベレン・マジャ、ラファエル・カンパージョ、ファルキート達とスペイン国内だけでなく、世界中で共演している。特に最近のファルキートの公演には必ず彼女の姿がある。数多くの賞も受賞し、2007年に初アルバム、"Barcas de Plata"を発表後はソリストとしても精力的に活躍をしている。
  5. アグヘタが死んだ   特別寄稿・堀越千秋
    本名マヌエル・ビエホ・サントス・パストール。父はマヌエル・トーレの歌を味わい深いカンテで伝えたアグヘータ・エル・ビエホ。娘ドローレス、息子アントニオの歌い手。兄弟一族は、鍛冶屋を生業としながら、セミ・プロとしてカンテ・ヒターノの真髄を伝える歌い手たちだが、長兄マニエルは、一人70年録音の初レコード「ビエホ・カンテ・ホンド」の録音をきっかけにプロ活動を始める。その腸からの叫びは、"最後の野性"と称され、生粋のヒターノとしての生き様を貫きながら唯一無比の歌い手としてその名を馳せた。故郷のロタには、巨大な彼のモニュメントが建立されている。1984年初来日。以降、バイラオーラのカナコ夫人と共に、何度もの来日を果たしている。一昨年、下北沢タウンホールで行われた公演が最後となった。2015年12月25日、先頃ガンにより永眠。 「アグイヘータ・エン・パリ」「フラメンコの大家たちvol.5 マヌエル・アグヘータ」など多数の録音がある。最新作は息子アグヘータと共演した「アル・メホール・dr・ナシオ」。カルロス・サウラ監督の映画「フラメンコ」での熱唱は、まだ「カンテ」を知らない世界中の人々にその魅力を伝えた。