スペイン情報満載!フラメンコ・ウォーカー

第4回 ピアノが語るフラメンコ ディエゴ・アマドール<1>[Vol.4]Diego Amador<1>

パリでの収穫第2弾です。フェスティバル2日目、ディエゴ・アマドール"エル・チューリ"(Diego Amador " El Churri")のコンサートがあり、久しぶりに再会しました。

ディエゴ・アマドールは、アンダルシア地方セビージャ市出身で、ヒターノの気品に満ちた天才的なアーティスト。普通は"カンタオール(歌手)"、"ギタリスト"などと何かひとつ肩書きがつけられるのですが、ディエゴはベーシストでもパーッカショニストでもあり、作曲もします。そしてメインはピアニストとしての演奏活動。6年くらい前まではギタリスト、トマティートのグループでベースとカンテを担当し、2005年の日本公演にも参加していました。その後は、主にソロ、トリオでの活動を展開。多くのジャズフェスティバルからも招聘されて活躍しています。ギターやその他の楽器同様、独学で身に付けたピアノ。フラメンコのギター演奏をそのままピアノの鍵盤に置き換えた哀愁たっぷりのタッチは、ディエゴ独特のもの。専門家によると、ジャズに似ているようでも、音の使い方が違うのだそうです。今年日本でも公開されたカルロス・サウラ監督の映画『フラメンコ・フラメンコ』をご覧になった方々には、ダビ・ペーニャ・"ドランテス"との共演シーンは記憶に新しいことかと思います。

コンサート当日の朝、セビージャからパリに到着したディエゴ。待ち合わせ場所には、見違えるほど成長した息子さんのディエゴ(同じ名前です)、そして今回のトリオのメンバーもいました。一緒に会場までバスで移動し、リハ--サルの合間にお話を伺って来ました。(下写真:本番前のリハーサル)fs4-jpg

-- 映画でのドランテスとの共演はどういう経緯だったのですか?
ディエゴ:最初、カルロス・サウラ監督との話では、僕のソロということだったんだ。だけど、どのシーンもいろんなアーティストが共演して作る形になってきたので、イシドロ・ムニョス(音楽監督)から「ピアノの場面もダビ(ドランテス)と一緒に弾くのもいいんじゃないか」と提案があったんだ。今まで彼とのフラメンコ共演はしたことなかったし、僕もそのアイデアがすごく気に入ったので実現したんだよ。フラメンコに生きる者同士、ファミリーのようなものだしね。すごく楽しみになったよ。fs42.jpg

--撮影の為に、お二人で一緒に練習されたのですか?それとも即興?
ディエゴ:まずはそれぞれがソロを順番に弾き、その後合流するという形にしたんだ。各自、家で練習しながら連絡を取り合って、本番当日に合わせたよ。
--何か難しかったことはありましたか?
ディエゴ:全然!全く問題なかったよ。
それに、ダビは人間としてもプロフェッショナルとしても素晴らしいしね。

たしかにあのシーン、2人の穏やかな表情、アイコンタクトがとても印象的でした。フラメンコという難しい音楽を指で奏でながら、手元も見ないで、どうしてそんな素敵な笑顔が浮かべられるんだろうか?とプロの凄さを思い知らせましたが、さらに驚くのがディエゴの弾き語り。
フラメンコをソロで歌うというのは、歌唱の部類でも難易度的にトップクラスだと思います。基本的に楽譜はなく、暗闇の中を自分の心で切り開き、光を掴み、その曲種のもつ彩りを添えていくような...それができてこそ、聴いている者にも「フラメンコ」を感じさせられるのです。それに加えて「フラメンコな声」を持っていること。それだけでもすごいことなのに、それをピアノを弾きながらやってしまう人がいるとは!と、彼のコンサートでその姿を初めて見た時には大きな衝撃を受けました。

その夜のコンサートでも、ムイ・フラメンコ(とってもフラメンコ)な演奏を歌を聴かせてくれたディエゴ・アマドール。次回はインタビューの続き、フラメンコ音楽について語ってくれたことをお届けいたします。

関連記事:ディエゴ・アマドールのブレリア(ピアノ)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

関連CD情報

ディエゴ・アマドール「ピアノ・ホンド」

ディエゴ・アマドール「ピアノ・ホンド」

本格的ピアノ・ソロ作品。曲はブレリア、ソレア、シギリージャ他、全曲フラメンコの形式によるもので、彼のピアニストとしての意気込みをあらためて感じる作一枚。
販売価格 2,940円

坂倉まきこ(Makiko Sakakura) プロフィール

1994年から10年間ラテンアメリカで過ごす。そこでフラメンコと出会い、本場スペインに通い始める。数多くのアーティストの舞踊クラスに参加する一方、カンテ、ギター公演も見逃すことなく各地で鑑賞。日本へ帰国後、スペインでの経験を活かし、コーディネーターとしてスペイン人アーティスト招聘企画やフラメンコ通訳、翻訳、執筆などに携わる。現在も日本〜スペインの往復を続けながら、フラメンコの広報活動に従事。主な仕事にアルカンヘル来日公演の企画制作、NHK「黒木メイサ スペイン フラメンコ 魂の踊りと出会う旅」コ―ディネイタ―、DVD「アントニオ・ガデスその人生と舞踊の倫理」字幕作成等。スペインのフラメンコ誌Guia FLAMA 日本担当(www.guiaflama.com)、2012年ビエナル・デ・セビージャ:ヒラルディージョ賞審査員。

坂倉まきこへのお問い合わせはこちら

関連記事
  1. サラ・カレーロに訊く。スペイン国立バレエ団ソリスタを経て現在に至るキャリア/ Entrevista con Sara Calero
    取材/文 坂倉まきこ スペインでは、親が小学校の送り迎えをするのが普通です。そ...
  2. やっぱり見逃せない!「アフェクトス(Afectos)」ロサリオ・ラ・トレメンディータ来日前インタビュー FW特別企画付 ロングバージョン/Entrevista con Rosario "La Tremendita" para Afectos
    この記事はフラメンコシティオ内「MUSICOS/アーティスト・インタビュー」に掲...
  3. エバ・ジェルバブエナ最新作「¡Ay!」ロンドンで初演
    前回のフラメンコ・ウォーカーでお伝えしたように、ヘレス・フェスティバルの最終日に...
  4. ファルキートがフラメンコの世界に連れて来たカンタオール、ペドロ・エレディア "エル・グラナイーノ"
    今回はカンタオールをご紹介します。プロとしての初舞台はたったの6年前。しかし今年...
  5. フラメンコ人だからできること ディエゴ・アマドール<2>
    前回に引き続きディエゴ・アマドールのインタビューからです。 フラメンコと言うとご...
  6. ピアノが語るフラメンコ ディエゴ・アマドール<1>
    パリでの収穫第2弾です。フェスティバル2日目、ディエゴ・アマドール"エル・チュー...
  7. 伝統と現代をつなぐアルカンヘル(Arcángel)
     こんにちは。フラメンコ・ウォーカー担当の坂倉まきこです。 バイレから始まった私...