スペイン情報満載!フラメンコ・ウォーカー

第97回 セビージャからのビエナル便り vol.7 アンダルシア舞踊団、ハビエル・バロン、ラファエル・カンパージョ、アルベルト・セジェス/La Bienal de Sevilla 2016 vol.7 Ballet Andalucia, Javier Barón, Rafael Campallo,Alberto Sellés

スペインはフラメンコの本場だけあって、1ヶ月のフラメンコフェスティバルで、毎日3〜4公演がプログラムされていても、まだまだ看板アーティストになれる人はたくさんいます。フェスティバル期間中にも同じセビージャでオフフェスティバル的に走っている公演シリーズもありますし、マドリード、バルセロナなどの主要都市での大物公演も重複しまくっていて、体がいくつあっても足りないほどです。

Ballet Flamenco de Andalucía 05.jpgフラメンコの舞踊団も複数あり、スター、そして将来のスターたちが日々研鑽しています。フラメンコの本場、アンダルシアを拠点としたアンダルシア舞踊団は1994年に創設。初代監督マリオ・マジャの作品から今回の公演「ティエラ・ロルカ(Tierra Lorcaロルカの地)」まで22年が経ちました。この作品で3年間の舞踊団監督を退任するラファエラ・カラスコは、アンダルシア舞踊団創設当時のメンバー。就任、そして今回の任期終了に当たっても、特別な想いがあったことでしょう。2014年に、監督第1作目の「En la memoria del cante: 1922」。 2作目が同年に発表し、日本にもツアーで来た舞踊団20周年を記念した作品「Imágenes. 20 años de Ballet Flamenco de Andalucía」そして、最後の作品となったのが今年2016年7月から8月にかけてグラナダのアランブラ宮殿内にあるヘネラリフェ庭園の特設野外ステージで公演された「Tierra-Lorca. Cancionero popula
r」です。グラナダでの公演では、カンタオーラ、マイテ・マルティンが数日ゲスト出演をし、その他の日は今回のセビージャ公演と同じく、ヘマ・カバジェロがカンテを務めました。

Ballet Flamenco de Andalucía 04.jpgロルカは、ご存知の通り、グラナダ出身の詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカ(Federico Garcia Lorca)。スペイン内戦により1936年に38歳で銃殺されました。生前、ヒターノに関する詩も多く書き、「イェルマ」「ベルナルダ・アルバの家」などの戯曲も発表。フラメンコの舞台でも使われています。ピアノも弾いていたロルカが古いスペイン民謡を採譜して楽譜にして演奏。友人のスペイン舞踊手、エンカルナシオン・ロペス"ラ・アルヘンティニータ"(Encarnación López, La Argentinita)の歌とカスタネットで録音して「Colección de Caonciones Populares Españoles(スペインの民謡集)」としてレコードを発売しました。そこに収められている曲を使って、今回のアンダルシア舞踊団の公演が創られました。

Ballet-Flamenco-de-Andalucía-05.jpgビエナルでは、野外のステージと劇場という空間での公演という違いはありますが、舞台の大きさもほぼ同じ。照明なども野外の時点から自然条件に頼らない形で作ってあったので、ほぼ同じコンディションでできるとのこと。ただ、これで今回のメンバーでの公演は最後ということもあって、「これが劇場では初めての、そして最後の公演よ」というメンバーの言葉には心なしか寂しさも感じました。監督のラファエラは、恐ろしく器用で耳がよく、リズムを体現することでは女性の中でもピカイチのバイラオーラです。また複雑なマスゲーム的な動きの構成いも得意。メンバーも最初は難しかったようですが、この3年間で、ようやくラファエラ独特の間の取り方や振り付けも身について、回を追うごとにやり易くなってきたところだったよう絵dす。そして何より、毎日4、5時間の練習、たくさんのツアーで家族のように仲良くなったメンバーたち。これから、それぞれの道を探して歩んでいかなければなりません。
舞台バックには、たくさんのロルカの絵や写真が映し出され、それがブロックごとに前後に動くというセットから始まります。アルヘンティニータの姿もあります。ソロンゴ・ヒターノという曲をベースに次々と現れては消えるバイラオールたち。その動きは不規則なようで、見事に統制されたもの。
ピアノとヘマ・カバジェーロの歌が始まると、ラファエラのバイレで、改めてソロンゴ・ヒターノ。舞台バックのスクリーンには、右半分にアルヘンティニータの踊る姿、歌う姿が、左半分には今、舞台で踊っているラファエラの姿がプロジェクションされ、交互に動きます。時代を超えての共演です。
Ballet Flamenco de Andalucía 02.jpg音楽は、よく知られている民謡ばかりですが、衣装や舞台セットで光と闇を擁するロルカの世界を醸し出しています。ダビ・コリアとラファエラのペアでの「Cuatro Murelos(4人のロバ引き)」では、真っ赤なマントンを使って息のあったバイレの後、ソリスタとして活躍してきたダビのソロ、ファルーカ(ガリシア地方起源の曲)。他の二人のソリスタ、アナ・モラーレス、ウゴ・ロペスにもそれぞれ別の場面でソロがあり、見せ場を作りました。舞踊団メンバーも、バイラオーラだけでのタンゴ、バイラオールによる「アンダ・ハレオ」、群舞でも、一人ずつソロパートがあり、3年間の舞踊団での成長ぶりを披露することができました。1978〜1994年生まれの8人のダンサーは一名を除き皆、アンダルシア生まれ。皆、幼いころがコンセルバトリオ(舞踊学校)やフラメメンコのアカデミーでがっつりと基礎ができ、アンダルシア舞踊団を創設時から知っているラファエラの眼鏡にかなった面々。以前のアンダルシア舞踊団のソリストを務めたエドゥアルド・レアルや、すでにソロ公演もしているアルベルト・セジェスもいました。

最後は「ラファエラ、お疲れ様!ありがとう!」という気持ちのこもったような会場からの鳴り止まぬ拍手。舞台上のアーティストの目にも涙が光る、感動のフィナーレとなりました。

Inmanencia-04-2.jpgその翌日、舞踊団メンバーだったアルベルト・セジェスが解散の余韻に浸る間もなく出演したのが「インマネンシア(Immanencia)」。ハビエル・バロン、ラファエル・カンバージョという先輩バイラオールとの共演です。ハビエルはこの公演を創るにあたって、バイラオール=男性舞踊手だけ、そしてシンプルにフラメンコのバイレをやりたかったそうです。バイレの世界では、その「シンプル」が最も難しく、難しいことをいかにナチュラルにできるかが、アルテ(芸術)なのです。
タイトルの意味は「内在するもの」。ピュアでナチュラルにフラメンコを踊ることで、踊り手それぞれが内に持っている何が見えてくるのかもしれません。今でも毎日、4、5時間は毎日踊っているというハビエル・バロン(1963年生まれ)。ナチュラルな品性と粋な洒落っ気を兼ね備えた踊りで、様々なタイプに分かれる男性バイレの中でも規範となるべきタイプの一人です。スペイン国立バレエにも在籍していたことがあり、2008年にはスペイン舞踊家賞(Premio Nacional de Danza)受賞。近年は指導者としても、後進の育成に当たっています。ハビエルは教えるにあたって、とにかく振りだけを次々とっていく今のインスタント育成とは反して、将来的にプロとしての実力を発揮できるために一番大切な「基礎」作りを大切にしたいと言っています。どんなに豪華な家を建てても、基盤が歪んでいては、どんどんと崩れていくのと同じです。
共演するラファエル・カンパージョとは1996年の「Por aquí te quiero ver」で共演し(イスラエル・ガルバンと3人で踊っていました。下記のビデオ参照)、それ以来、顔を会わせるたびに「また一緒にやりたいね」と言っていたのが、ようやく今回実現しました。

Inmanencia 02.jpgアルベルト・セジェスは、カディス県サン・フェルナンド生まれの若手期待の星。祖父に名カンタオールのアウレリオ・デ・カディスを持つことから、記者会見でもちょっといじられていましたが、はにかみながらも爽やかに受け答えしていました。そして、今回は師匠、ハビエル・バロンとの共演。アルベルトのソロ公演を演出したハビエルは、彼の個性はよく見抜いていたはずでしたが、今回、ソロで何を踊りたいかと訊くと踊ったこともない「ペテネーラを踊りたいんです」という意外な答えをしたそうです。
ラファエル・カンパージョは、ハビエルとの共演の経験はあったものの、フラメンコのスタイルとしては別の系統。マノロ・マリン、ホセ・ガルバンという、セビージャ、その中でもトリアナのバイレをベースに育ってきたアーティストです。
60年代、70年代、そして90年代生まれの3ジェネレーションのバイラオールの共演で、しかもそれぞれが見た目も踊りも違うタイプ。似た者同士の仲良くグループではないので、三種類の味が楽しめます。
3枚のガーゼだけいう舞台セットと聞いていましたが、それをうまく使ってのロンデーニャ(曲種名)でオープニング。続いて、アルベルトがペテネーラをソロで踊ります。普通、不吉な曲とされ、女性が踊ることの多いこの曲をあえて選んだだけあって、重々しい曲調を骨太にそして、正統的な男性バイレのスタイルで踊りきりました。
ソロは、ラファエルがシギリージャを、ハビエルがソレア・ポル・ブレリアを選択。
プログラムは全部で11曲。フラメンコの主要な曲種を網羅していていますが、ただその曲を踊るというものではありません。フラメンコの曲には、その曲独特の「アイレ」があります。アイレとはスペイン語で空気。日本でいう「空気読めない」の空気と同様、その曲にふさわしい空気という感じでしょうか。もちろん、各曲で定番な振りというのもありますが、実際にその曲の持つアイレを理解していなければ、それを表現することはできません。

Inmanencia-06.jpgハビエルとラファエルのタンゴは、まさにその「アイレ」たっぷり。セクシーさの求められるタンゴで、粋がる男同士のライバル意識を表現。二人の駆け引きが面白く、一見真面目そうなハビエルと、ちょっとワルっぽい魅力のラファエルが、最後は仲直りして終わるというちょっとしたストーリーのある構成でした。3人揃ってのカンティーニャスでは、同じ振り付けながら、動きや角度に各人の特徴が現れて、それぞれの個性を認識できる興味深いものでした。ミュージシャンは、今までとは違う新しいメンバーでやってみたかったというハビエルの意向で、ギターに、アンダルシア舞踊団で音楽担当していたマヌエル・デ・ラ・ルスとミベル・ペレス、カンテにはマヌエルと同郷で、ラ・ウニオンのコンクールでランパラ・ミネーラ賞を獲ってから大忙しのヘロモ・セグーラ、ラファル・カンパージョ公演でおなじみのハビエル・リベラ、パルマにはロベルト・ハエン、ホセ・ルイス・ペレスベラが入りました。

写真(FOTOS):無クレジットのものは ©Óscar Romero Bienal de Sevilla Oficial / Makiko Sakakura
記載内容及び写真の無断転載はご遠慮願います。Copyright Makiko Sakakura All Rights Reserved.

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

坂倉まきこ(Makiko Sakakura) プロフィール

1994年から10年間ラテンアメリカで過ごす。そこでフラメンコと出会い、本場スペインに通い始める。数多くのアーティストの舞踊クラスに参加する一方、カンテ、ギター公演も見逃すことなく各地で鑑賞。日本へ帰国後、スペインでの経験を活かし、コーディネーターとしてスペイン人アーティスト招聘企画やフラメンコ通訳、翻訳、執筆などに携わる。現在も日本〜スペインの往復を続けながら、フラメンコの広報活動に従事。主な仕事にアルカンヘル来日公演の企画制作、NHK「黒木メイサ スペイン フラメンコ 魂の踊りと出会う旅」コ―ディネイタ―、DVD「アントニオ・ガデスその人生と舞踊の倫理」字幕作成等。スペインのフラメンコ誌Guia FLAMA 日本担当(www.guiaflama.com)、2012年ビエナル・デ・セビージャ:ヒラルディージョ賞審査員。

坂倉まきこへのお問い合わせはこちら

関連記事
  1. セビージャのビエナル2016便り vol.10, ヒラルディージョ受賞の公演から。ファミ・アルカイ&ロシオ・マルケス、マリア・テレモト、パトリシア・ゲレーロ/La Bienal de Sevilla 2016 vol.10 Concierto de Fahmi Alquai&Rocío Marquez y María Terremoto. Espectáculo de Patricia Guerrero
    2016年のセビージャのビエナルでのヒラルディージョ賞受賞アーティストの中から、...
  2. セビージャからのビエナル便り vol.9, ヒラルディージョ受賞者、イサベル・バジョン、ロシオ・モリーナ公演/La Bienal de Sevilla 2016 vol.9 Los premiados de Giraldillo, Espectáculos de Isabel Bayón, Rocío Molina
    セビージャのフェスティバル、ビエナルの公演紹介記事はまだ続きますが、その前に、2...
  3. セビージャからのビエナル便り vol.8 ファミリア・ファルーコ、ファルキート、エル・バルージョ/La Bienal de Sevilla 2016 vol.8 Farruquito, El Barullo
    2016年9月8日から10月2日まで25日間にわたって開催されたスペイン最大のフ...
  4. セビージャからのビエナル便り vol.7 アンダルシア舞踊団、ハビエル・バロン、ラファエル・カンパージョ、アルベルト・セジェス/La Bienal de Sevilla 2016 vol.7 Ballet Andalucia, Javier Barón, Rafael Campallo,Alberto Sellés
    スペインはフラメンコの本場だけあって、1ヶ月のフラメンコフェスティバルで、毎日3...
  5. セビージャからのビエナル便り vol.6 アルカサルでのコンサート ダニ・デ・モロン、ドランテス&タクシム・トリオ/La Bienal de Sevilla 2016 vol.6 Dani de Morón, Dorantes & Taksim Trio
    スペインの南、アンダルシア地方にあるセビージャ県のセビージャ市。「セビージャ!マ...
  6. セビージャからのビエナル便り vol.4 ディエゴ・ビジェガス、トマティート公演/La Bienal de Sevilla 2016 vol.4 Diego Villegas, Tomatito
    フラメンコで使う楽器は本来ギター。また、テーブルを指で打ち鳴らしたり(ヌディージ...
  7. セビージャからのビエナル便り vol.3 パティオでの記者会見、エバ・ジェルバブエナ公演/La Bienal de Sevilla 2016 vol.3
    日本が豪雨というニュースを聞いた翌日、晴れ続きのセビージャも午前中からお昼にかけ...
  8. セビージャのフラメンコ・フェスティバル vol.2 マエストロ達の公演、アントニオ・エル・ピパ、アンドレス・マリン/La Bienal de Sevilla 2016 vol.2
    スペインのセビージャで開催中のフラメンコ・フェスティバル、"ビエナル"。二日目以...
  9. セビージャのフラメンコ・フェスティバル開幕。ファルキートのフラッシュモブ、バロック教会でのコンサート会見、エストレージャ・モレンテのマエストランサ劇場公演/Empizeza la 19 edicion de la Bienal de Sevilla
    9月に入ったセビージャ。つい三日前までは、まさに「灼熱」の暑さでしたが、今日あた...
  10. 番外編:ビエナルのフラッシュモブにビデオで参加しませんか?&NHK-BSフラメンコ番組再放送のお知らせ
    9月にセビージャで開催されるフェスティバル、ビエナルのオープニングで企画されてい...