スペイン情報満載!フラメンコ・ウォーカー

第132回 Flamenco On Fire 特集 Vol.3 ローレ・モントージャ/Flamenco On Fire Vol.3 Lole Montoya

男女のデュオグループと言うと、洋楽では兄妹のカーペンターズ、邦楽では夫婦のチェリッシュやヒデとロザンナ。最近ではどうでしょう?男女混合の複数名のグループやスペシャルコラボ的なデュオはあっても、男女二人だけのデュオというと何が浮かびますか?

_FE_5408.jpgフラメンコ界で男女デュオ、と言えば、ローレ・イ・マヌエル(Lole Y Manuel)。フラメンコファンなら、誰もが知っているこの二人。可愛らしいルックスと独特な甘い声のローレ・モントージャと吟遊詩人的なヒターノのマヌエル・モリーナの語るようなギター。ローレ・イ・マヌエルの歌った曲の数々は、分かりやすい歌詞とメロディーラインが印象的で「新しいフラメンコ」としても注目を浴び、フラメンコ以外の歌手がカバーしたり、今でも歌われているヒット曲が数多く、フラメンコ界だけでなく、スペインでも広く知られる伝説的なデュオです。

_FE_5368.jpg二人は元夫婦。二人の間に生まれた娘さん、アルバ・モリーナはソロ歌手として活躍中です。二人は1972年から離婚する1993年までの21年間、ローレ・イ・マヌエルとして活動。その後は別々にアーティストとして活動を続けましたが、2015年にマヌエルは死去。離婚のダメージに加え、死という永遠の別れがあまりにも早くやってきてしまい。その後はローレにとって辛い日々が続いていたようです。

2年前のフラメンコ・オン・ファイヤーでは、娘のアルバ・モリーナが両親のレパートリーを歌うコンサートがありました。(過去記事はこちら)父が亡くなった翌年ということもあって、丁寧に歌い上げた感動的なコンサートで、公演後に想いが募り涙ぐむ場面があったことを今でも鮮明に覚えています。

_FE_5373.jpgそのレパートリーを、今年はローレの歌声で聴けるということで、あの独特の声を楽しみに、往年のローレ・イ・マヌエルファンで会場は満席。思わず一緒に口ずさむ人から、さすがのスペイン人も黙っていられないほどの大はしゃぎをするお客さんまでいて、客席ではちょっとヒヤッとする場面もありました。

コンサートのタイトルは「Recuerdos」= "想い出"の複数形。たくさんあるレパートリーの中から選んだ曲で、「お客さんが「あ、この歌覚えてる。」と思ってくれると嬉しいし、自分にとっても想い出のある曲ばかり。歌って当時を思い出したいわ」ということでつけたタイトル。自分の得意なアラブ語の歌もまじえて、フアン・カルモナ(Juan Carmona)とマヌエル・デ・ラ・ルスのギターとパコ・ベガ(Paco Vega)のパーカッションで。

コンサートのスタートは「Dime」から。代表曲の一つだけに、会場からは早くもどよめきが。続いて「Primero El Hombre Poeta」と、マヌエル・デ・ラ・ルスのギターで歌い続けました。6曲目は、大ヒット曲の「Todo es de color」。下記の映像は以前、マヌエルと歌っていた頃のものです。

そして、カルロス・サウラの映画「フラメンコ」の中でも歌っていた「Erase Una Mariposa Blanca」をフアン・カルモナのギターで。さらに「Nuevo dia」「Romero verde」とブレリアが続いてフィナーレ。アンコールでは、神様の存在を歌った「Tu presencia」を。

フラメンコのカンテ(歌)のコンサートでは、普通「ブレリアを歌います」とか「次はアレグリアス」というように、曲名ではなく曲種で言います。そして、歌詞や伴奏はその時の気分やギタリストによって即興の部分が多いものです。しかし、ローレ・イ・マヌエルの曲は、それぞれの曲にタイトルがあり、歌詞も決まっているので、曲名での紹介となるわけです。そして、聞く方も覚えやすいと思います。

記者会見の時の明るい表情とは違って、少し不安げな感じでのスタートでしたが、力強く語りかけるような歌声は健在。それぞれの曲と出会った当時のことを思い出した聴衆が多かったことでしょう。コンサートの様子はこちらから。

恐らく一般的にイメージされている「フラメンコ」とは違う感じがするかもしれませんが、それぞれの曲はフラメンコの曲種、そしてコンパス(フラメンコ独特のリズムとアクセント)に乗っているもの。何より、マヌエルのギターの音色は、ヒターノのそれそのもの。
スペインの人気歌手、アレハンドロ・サンスもカバーしていますので、まずはそこから入ってみるという手もあるかもしれません。Youtube映像はこちらから。


写真/FOTO : Copyright to JAVIER FERGO/ FLAMENCO ON FIRE
記載内容及び写真の無断転載はご遠慮願います。Copyright Makiko Sakakura All Rights Reserved.

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

坂倉まきこ(Makiko Sakakura) プロフィール

1994年から10年間ラテンアメリカで過ごす。そこでフラメンコと出会い、本場スペインに通い始める。数多くのアーティストの舞踊クラスに参加する一方、カンテ、ギター公演も見逃すことなく各地で鑑賞。日本へ帰国後、スペインでの経験を活かし、コーディネーターとしてスペイン人アーティスト招聘企画やフラメンコ通訳、翻訳、執筆などに携わる。現在も日本〜スペインの往復を続けながら、フラメンコの広報活動に従事。主な仕事にアルカンヘル来日公演の企画制作、NHK「黒木メイサ スペイン フラメンコ 魂の踊りと出会う旅」コ―ディネイタ―、DVD「アントニオ・ガデスその人生と舞踊の倫理」字幕作成等。スペインのフラメンコ誌Guia FLAMA 日本担当(www.guiaflama.com)、2012年ビエナル・デ・セビージャ:ヒラルディージョ賞審査員。

坂倉まきこへのお問い合わせはこちら

関連記事
  1. Flamenco On Fire 特集 Vol.4 トマティート/Flamenco On Fire Vol.4 Tomatito Concierto de Aranjuez
    スペインでは年間を通して、各地でフラメンコフェスティバルやコンクールが多数開催さ...
  2. Flamenco On Fire 特集 Vol.3 ローレ・モントージャ/Flamenco On Fire Vol.3 Lole Montoya
    男女のデュオグループと言うと、洋楽では兄妹のカーペンターズ、邦楽では夫婦のチェリ...
  3. Flamenco On Fire 特集 Vol.2 Flamenco meets Jazz ドランテス、アダム・ベン・エズラ、ティム・リース/Flamenco On Fire Vol.2 Flamenco meets Jazz Dorantes, Adam Ben Ezra,Tim Ries
    気温は日本と同じくらい高くなっても、湿気が低いスペインの夏。ここパンプローナも、...
  4. スペインの北、ナバラ州のフラメンコフェスティバル「FLAMENCO ON FIRE」開催/ Flamenco On Fire 2018 Vol.1
    この夏、例年になく寒暖差の激しい気象状況は、日本だけではなさそうです。スペインの...
  5. バスク地方でのフラメンコ・フェスティバル、フラメンコ・オン・ファイヤーのプログラム発表/La programación de Flamenco On Fire 2018
    インターネット社会になり、誰もが情報を発信できるようになりましたが、必ずしも正し...