スペイン情報満載!フラメンコ・ウォーカー

第156回 ヘレス・フェスティバル 2021 クルシージョ・オンライン受講のご案内/Festival de Jerez 2021 Cursos Online

25_fest_envio-medios.jpg今のところ、まだ収束には向かっていない世界のコロナ事情。特別なケースを除いては、海外への渡航には数々の制限が設けられています。コロナ感染だけでなく、アジア系に対するヘイトクライム問題も続いており、以前のように自由に海外旅行ができるのは、先になりそうな気配です。

毎年2月に開催され、そこからのレポートをお届けしていたフェスティバル・デ・ヘレス。5月に延期されたことは前回お知らせしましたが、日本からの参加は、ほぼ不可能な状況です。日本人の申し込みはゼロではないようですが、日本からの参加ができるかどうかは、微妙なところでしょう。

しかし、コロナ禍だからとできないことばかりではありません。このような状況になって、できるようになったこともあります。それが、フェスティバルのクルシージョ(クラス)のオンライン受講。ヘレスに行かなくては参加できなかった、フェスティバル主催のレッスンをオンライン動画で体験できることになりました。

受講方法は、実際のクラスを通しで録画したものを、15日間視聴できるシステム。なので、時差を気にせず、視聴期間中なら自分の都合の良い時間に何度でも観られます。
日程は、一週目が5月8日(土)〜14日(金)。2週目が5月16日(日)〜22日(土)。各週3クラスが用意されています。

クラスのレベルは、BÁSICO(初級)とMEDIO(中級)があります。実際にスタジオに出席するわけではないので、レベル的にまだ難しいかな?と思っても、興味のあるアーティストや曲種のクラスを気兼ねなく申し込みができるのもメリットです。

受講方法は、毎日フェスティバル事務局から送られてくるリンクアドレスにアクセスして、映像を再生。実際のクラス開始時間から視聴可能となる予定です。

受講生への特典として、クラスを申し込むと、劇場公演のライブ映像が1公演分ついてきます。
1週目の受講者には、5月7日のアンドレス・ペーニャの公演、2週目の受講者には、5月19日のタマラ・タニェの公演が全編視聴できるリンクが送られます。

クラスのラインナップは、下記となります。
1週目:5月8日(土)〜14日(金)

  • ラファエラ・カラスコ <シギリージャ> 中級 (現地時間9 :30 〜 11 : 50)

  • アンヘル・ムニョス <マルティネーテ> 初級(現地時間12:30〜14:50)

  • マルコ・フローレス <ファルーカ> 中級(現地時間15:30~17:50)

  • 2週目:5月16日(日)〜22日(土)

  • ラ・モネタ <タンゴ> 中級 (現地時間9 :30 〜 11 : 50)

  • アリシア・マルケス <バンベーラ> 初級(現地時間12:30〜14:50)

  • マヌエル・リニャン <グアヒーラ(アバニコ使用)> 中級(現地時間15:30~17:50)


  • 料金は、いずれのクラスも1クラス150ユーロ。料金には、5日間のクラス映像 + 1作品の舞台公演映像が含まれます。支払い方法はカード決済で、VISA, EURO 6000, Master, V PAY, JCB, UNION PAYで取り扱い可能です。

    申し込みにあたって重要なことは、1申し込みについて1受講生限りであるということ。送られてきたリンクや映像を他人とシェアすることは固く禁止されています。録画も禁止です。これに違反した場合は、厳しい法的措置が課せられるとのことです。くれぐれも注意してください。

    クラスは、スペイン語のみ。コース終了後には、参加証書がメールで送られてきます。また、各クラス、ギターとカンテを講師が選んで連れてくる予定です。事前に、誰が演奏に来るのか知りたい場合は、フェスティバル事務局に問い合わせても良いようです。

    こちらが、事務局の連絡先です。
    メール:festivaldejerez@teatrovillamarta.es 電話: 34 956 149685.

    今までなかなかヘレスに行けなかった方、スペインでレッスンを受ける機会のなかった方も、この機会に現地でのクラスを体験できますね。フェスティバルとしても初の試み。どのようなカメラワークになるかは分かりませんが、現地に行くことを考えると、断然リーズナブルでお手軽です。是非、ご活用ください。

    申し込みは、オンラインで可能です。下記のフェスティバル・デ・ヘレスの公式WEBサイトから希望のクラスを選択後、申込書に必要事項を記入して送信。続けて、支払いもオンラインでのカード決済となります。
    申し込み画面は、こちら➡︎ https://cursos.festivaldejerez.es/app/courses-online

    スペイン語に不安のある方の為に、申し込み手順をつくってみました。ご参考までに。
    (画面コピーをクリックすると、拡大表示されます。)

    IMG_2494 (1).jpg

    IMG_2495.jpg

    IMG_2496.jpg

    IMG_2497.jpg

    IMG_2498.jpg

    IMG_2499 2.jpg

    IMG_2503.jpg

    IMG_2504.jpg
    記載内容及び写真の無断転載はご遠慮願います。Copyright Makiko Sakakura All Rights Reserved.

    • Yahoo!ブックマークに登録する
    • はてなブックマークに登録する
    • livedoorクリップに登録する
    • FC2ブックマークに登録する
    • Buzzurlブックマークに登録する
    • del.icio.usブックマークに登録する
    • ニフティクリップに登録する

    坂倉まきこ(Makiko Sakakura) プロフィール

    1994年から10年間ラテンアメリカで過ごす。そこでフラメンコと出会い、本場スペインに通い始める。数多くのアーティストの舞踊クラスに参加する一方、カンテ、ギター公演も見逃すことなく各地で鑑賞。日本へ帰国後、スペインでの経験を活かし、コーディネーターとしてスペイン人アーティスト招聘企画やフラメンコ通訳、翻訳、執筆などに携わる。現在も日本〜スペインの往復を続けながら、フラメンコの広報活動に従事。主な仕事にアルカンヘル来日公演の企画制作、NHK「黒木メイサ スペイン フラメンコ 魂の踊りと出会う旅」コ―ディネイタ―、DVD「アントニオ・ガデスその人生と舞踊の倫理」字幕作成等。スペインのフラメンコ誌Guia FLAMA 日本担当(www.guiaflama.com)、2012年ビエナル・デ・セビージャ:ヒラルディージョ賞審査員。

    坂倉まきこへのお問い合わせはこちら

    関連記事
    1. ヘレスのフェスティバル、本日からスタート。オフ・フェスティバルの有料配信のご紹介/ Empieza el Festival de Jerez 2021, Streaming por Festival Off
      昨年の3月、日本で大きくコロナ感染が報道されていたスペイン。本来なら2月に開催さ...
    2. ヘレス・フェスティバル 2021 クルシージョ・オンライン受講のご案内/Festival de Jerez 2021 Cursos Online
      今のところ、まだ収束には向かっていない世界のコロナ事情。特別なケースを除いては、...