記事一覧

アマルゴのロマンセ 1

| コメント(0)
 さて、今回から趣向を変えて、ソレア・ポル・ブレリアの世界に入っていく当指南。最初はその導入として、詩人・劇作家のフェデリコ・ガルシア・ロルカが生み出した傑作ロマンセを取り上げる。  そもそもロマン...

セビジャーナス ハマス・メ・キセ

| コメント(0)
 さて、スペインでは深い感動に彩られたセマナ・サンタ(聖週間)も終わり、いよいよ誰もが待ち望む春祭り、フェリア・デ・アブリル(4月市)がやってくる。祭りに欠かせないのがセビジャーナス。定番のものから新...
 ヨーロッパ大陸をはるばる越えてイベリア半島へとたどり着いたヒターノたちの旅路を彷彿させた前回のセビジャーナス、「Por la sierra de Armenia」に続いては、こちらもフラメンコのテー...
 さて隣国では、冬季オリンピックがさまざまな感動を残して終了した。今回のオリンピックで注目を集めたのが、兄弟でひとつの競技に出場したケース。兄弟でありながらライバルというドラマティックな展開に、惹き付...
 ウエルバに一時代を築いたパコとペペのトロンホ兄弟が、ふるさとの誇るロシオ聖母に寄せる素朴な信仰心をうたいあげたのが、今回取り上げている「Por la mañana(朝に)」だ。小さく愛らしい聖母に寄...
 今回からしばらくは、これまでのような組み物ではない、ひとつひとつが独立したセビジャーナスを紹介していこう。以前にも、ロシオ・フラードがカルロス・サウラの映画『セビジャーナス』の中で歌った「「Lo t...
 ロメーロ・サン・フアンが歌ったセビジャーナス「Pasa la vida(人生は過ぎてゆく)」。ビデオを観ていただければおわかりのように、彼がギターを手に弾き語る原曲は割とゆったりとしたテンポに乗せ、...
 前回取り上げた、セビージャならではの風物をたっぷり盛り込み、美しいパノラマを織り上げたマヌエル・パレハ・オブレゴンのセビジャーナス・クラシカス。そのしっとりとしたムードに、いっきに冷水をぶちまけるよ...
 3000曲という膨大な作品を遺した、セビージャ出身のマヌエル・パレハ=オブレゴン。彼が送り出した“大人のセビジャーナス”は、発表から20余年を経た今も、個性あふれる雰囲気は色褪せることなく、独特のゆ...
 今年前半はずっとルンバに取り組んできたシティオクラス。さまざまなタイプのルンバも楽しかったが、今回からしばらくは、ふたたび人気の高いセビジャーナスに戻ることとしよう。  まず取り上げるのは、これま...