濱田吾愛のカンテ指南

セビジャーナス ケ・ノ・テ・キエラ

 ヨーロッパ大陸をはるばる越えてイベリア半島へとたどり着いたヒターノたちの旅路を彷彿させた前回のセビジャーナス、「Por la sierra de Armenia」に続いては、こちらもフラメンコのテーマとしておなじみ、禁じられた恋が登場する。ここで、confesorという、あまり耳慣れない単語が登場する。その意味は「聴罪司祭」。カトリックにおいて、懺悔を聞き届けてくれる専門の司祭だ。現世の罪を告白すれば、罪は浄められる……というもので、一見お手軽なようだが、それだけ懺悔が叶わなかったときに待ち受ける報いが峻烈だということも忘れてはなるまい。
 その聴罪司祭とのやりとりで始まるこのセビジャーナスだが、結局は愛する女性を褒め讃える形で終わっているのがいかにもセビジャーナスらしくて微笑ましい。愛してならない理由は詳述されておらず、倫理、宗教、民族……などあれこれ想像を巡らせたくなるが、司祭の言葉に続いて主人公の反論が始まる。最初に「te quiera」の「te」とあるのは、目の前にいるのか、想いの中で呼びかけているのかはわからないが、主人公の愛する女性に対して。「司祭さま」に対しては2連目の最後で「usted」と敬称を使っているので、そのあたり、やや紛らわしいが間違えないよう気をつけなければならない。最初の「quiera」をきちんと同じ接続法の「viera」で受けているあたり、セビジャーナスといっても侮れない。最後はストレートに彼女の魅力をうたいあげる現在形でしめくくられる。全体は司祭の戒めを思わせるようなマイナーコードで唄われるが、ムードが重々しくなることはない。あくまでもセビジャーナスなので、テンポよく、むしろ「人の恋路を邪魔するものは……」くらいの勢いで(バチが当たりそうだが)、ノリよく唄うのがおすすめ。二重母音や母音の発音に気をつけながら歌詞を何度も音読してみれば、口も回りやすくなるだろう。

歌詞

Que no te quiera
que no te quiera
que no te quiera.

Que no te quiera
El confesor me ha dicho
El confesor me ha dicho
El confesor me ha dicho
Que no te quiera
Que no te quiera.

Que no te quiera
Y yo le digo, padre
Y yo le digo, padre
Y yo le digo, padre
Si usted la viera
Si usted la viera.

Es tan bonita
Que tan solo el mirarla
Que tan solo el mirarla
Que tan solo el mirarla
La pena quita
La pena quita.

訳詩

愛さぬよう
愛さぬよう
愛さぬよう

おまえを愛さぬよう
司祭さまが言った
司祭さまが言った
司祭さまが言った
おまえを愛さぬよう
おまえを愛さぬよう

おまえを愛さぬよう
おれは答える、司祭さま
おれは答える、司祭さま
おれは答える、司祭さま
彼女にお会いになったなら
彼女にお会いになったなら

その愛らしさ
その姿を見ただけで
その姿を見ただけで
その姿を見ただけで
苦しみも癒されるんだ
苦しみも癒されるんだ

【参考音源】
『Sevillanas de oro de los hermanos toronjo』(Warner Music Spain, S.L. CD-FLA-728) カンテ/パコ・トロンホ、ペペ・トロンホ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

濱田吾愛 プロフィール

濱田吾愛(はまだ・わかな) 川崎市生まれ。音楽評論家の父の影響で幼いころからフラメンコに親しむ。立教大学文学部卒業後、音楽出版社勤務を経てフリーランスのライターとなる。2004年より東京芸術大学で非常勤講師としてスペイン音楽を講義。エンリケ坂井氏にカンテ・フラメンコを師事。スペインでもシンポジウムや公演に参加。2010年8月『物語で読むフラメンコ入門~用語辞典AtoZ』を出版。ライブ活動のほか、2011年カンテクラスを開設。
関連記事
  1. セビジャーナス ハマス・メ・キセ
    Jamás me quise, jamás me quise Jamás me quise Desde que me olvidaste Jamás me quise Desde que me olvidaste Jamás me quise. Jamás me quise Por no querer gran cosa que aborreciste Por no querer gran cosa que aborreciste. Vuelve a quererme Ya verás como dejo Vuelve a quererme Ya verás como dejo De aborrecerme....
  2. セビジャーナス ケ・ノ・テ・キエラ
    Que no te quiera que no te quiera que no te quiera. Que no te quiera El confesor me ha dicho El confesor me ha dicho El confesor me ha dicho Que no te quiera Que no te quiera. Que no te quiera Y yo le digo, padre Y yo le digo, padre Y yo le digo, padre Si usted la viera Si usted la viera. Es tan bonita Que tan solo el mirarla Que tan solo el mirarla Que tan solo el mirarla La pena quita La pena quita....
  3. セビジャーナス ポル・ラ・シエラ・デ・アルメニア 1
    Por la Sierra de Armenia, vienen bajando del amor Vienen bajando Por la Sierra de Armenia Tú que sí, que yo que no vaya por Dios Por la Sierra de Armenia Vienen bajando del amor Vienen bajando Unos ojitos negros Tú que sí, que yo que no vaya por Dios Unos ojitos negros De contrabando del amor Bajando vienen Unos ojitos negros Tú que sí, que yo que no vaya por Dios Unos ojitos negros De contrabando del amor...
  4. セビジャーナス ポル・ラ・マニャーナ 2
    Por la mañana, por la mañana Por la mañana, qué bonito el Rocío (flores, flores a ella) qué bonito el Rocío por la mañana. Por la mañana, cuando los tamboriles (flores, flores a ella) cuando los tamboriles tocan diana. Y por la tarde cuando los tamboriles (flores, flores a ella) cuando los tamboriles tocan al baile. ...
  5. セビジャーナス ポル・ラ・マニャーナ 1
    Por la mañana, por la mañana Por la mañana, qué bonito es Rocío (flores, flores a ella) qué bonito es Rocío por la mañana. Por la mañana, cuando los tamboriles (flores, flores a ella) cuando los tamboriles tocan diana. Y por la tarde cuando los tamboriles (flores, flores a ella) cuando los tamboriles tocan al baile. ...