濱田吾愛のカンテ指南

アルボレアス 1

 フラメンコ版「ロミオとジュリエット」あるいは「ウエストサイドストーリー」ともいうべき映画、『バルセロナ物語(原題Los Tarantos)』。1963年公開されたこの映画には、カルメン・アマジャのほか若き日のアントニオ・ガデスやエル・チョコラーテらが出演し、主演のサラ・レサーナを盛り立てた。ヒロインを演じたサラ・レサーナ自身も名の通った踊り手であったが、この映画の価値を後世に留めることになったのは、なんといっても、カルメン・アマジャの功績が大きいだろう。敵対する二家族の一方の家長役を演じたカルメン・アマジャが、その存在感を最大に発揮する場面は、映画が始まって30分ほどで訪れる。息子と恋仲になった敵対する家の娘を、嫁として認める場面。そこで彼女が見せるあざやかすぎる踊りと唄は、まぎれもなく映画の中の白眉となっている。
 そしてこの映画にはもうひとつ、重要なシーンがある。それが、主人公の姉の結婚式だ。いや、正確に言えば、その翌朝の場面なのだが。窓辺に差し出された1枚のハンカチを、子どもが誇らしげにかかげて走っていく。うっかりすると見逃してしまいそうなささやかなシーンだが、そこに、ヒターノにとって大切な文化が描かれているのだ。そのハンカチは、ただのハンカチではない。それには、この夜ふたりが初めて結ばれたことの証し立てとして、花嫁がまぎれもなく処女であったことを証明する血がついていなければならないのである。もしその血がなければ、婚姻は無効とされ、おとめでない花嫁を寄越した家は、どのような報復を受けてもやむなしとされたと言われる。そのさまを、「三輪のバラ」にたとえてしみじみと歌い上げたのが、ヒターノの婚礼歌であるアルボレアー。これはかつては「秘曲」とされ、長年、おもてに出ることはなかった。夜が明けそめるころ、かかげられる証しのハンカチのごとく、伸びやかに響く祝いの雅歌である。

歌詞

Jesús Cristo te llama
desde su huerto
coronadito de espinas
y el pelo suelto

En un verde prado
tendí mi pañuelo
Salieron tres rosas
como tres luceros

¿Dónde está la novia
novia tan bonita?
Que le traigo flores
por la mañanita

En el carro de la infanta
he gastado un dineral
por venir a tu boda
de madruga'

Subir la novia pa arriba
que se despida de su familia

訳詩

キリストさまがお呼びだよ
くだもの畑から
いばらの冠つけられて
髪振り乱されて

緑の野原に
ハンカチひろげた
みっつのバラが現れた
みっつの明け星さながらに

花嫁はどこにいる
可愛い花嫁は
花つんであげよ
朝まだき

王女の馬車に
大枚はたいた
夜明けの婚礼に
出るために

花嫁高く抱き上げよ
家族にさよならするんだよ

【参考音源】
『魂の叫び──イスパボックス・フラメンコCD大全集』第5集"フラメンコの歴史と原点"[カンテ篇Ⅲ](CE25-5107・8) カンテ/ラファエル・ロメーロ ギター/ペリーコ・エル・デル・ルナール ほか

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

濱田吾愛 プロフィール

濱田吾愛(はまだ・わかな) 川崎市生まれ。音楽評論家の父の影響で幼いころからフラメンコに親しむ。立教大学文学部卒業後、音楽出版社勤務を経てフリーランスのライターとなる。2004年より東京芸術大学で非常勤講師としてスペイン音楽を講義。エンリケ坂井氏にカンテ・フラメンコを師事。スペインでもシンポジウムや公演に参加。2010年8月『物語で読むフラメンコ入門~用語辞典AtoZ』を出版。ライブ活動のほか、2011年カンテクラスを開設。
関連記事
  1. アルボレアス 1
    Jesús Cristo te llama desde su huerto coronadito de espinas y el pelo suelto En un verde prado tendí mi pañuelo Salieron tres rosas como tres luceros ¿Dónde está la novia novia tan bonita? Que le traigo flores por la mañanita En el carro de la infanta he gastado un dineral por venir a tu boda de madruga' Subir la novia pa arriba que se despida de su familia...
  2. アマルゴのロマンセ 2
    El veinticinco de junio 
 le dijeron a el Amargo.
 Ya puedes cortar si quieres 
las adelfas de tu patio. 
 El veinticinco de junio 
le dijeron al Amargo. 
Pinta una cruz en la puerta 
y pon tu nombre debajo 
 porque cicutas y ortigas 
 nacerán en tu costado, 
 y agujas de cal mojada 
 te morderán los zapatos. 

 Será de noche, en lo oscuro 
 por los montes imantados, 
 donde los bueyes del agua 
 beben los juncos soñando. 

Pide luces y campanas. 
 Aprende a cruzar las manos, 
y gusta los aires fríos 
 de metales y peñascos, 
 Porque dentro de dos meses 
 yacerás amortajado....
  3. アマルゴのロマンセ 1
    El veinticinco de junio 
le dijeron a el Amargo.
 Ya puedes cortar si quieres 
 las adelfas de tu patio. 
 El veinticinco de junio 
le dijeron a el Amargo. 
Pinta una cruz en la puerta 
y pon tu nombre debajo 
 porque cicutas y ortigas 
 nacerán en tu costado, 
y agujas de cal mojada 
te morderán los zapatos. 

Será de noche, en lo oscuro 
 por los montes imantados, 
 donde los bueyes del agua 
 beben los juncos soñando. 

 Pide luces y campanas. 
Aprende a cruzar las manos, 
 y gusta los aires fríos 
 de metales y peñascos, 
Porque dentro de dos meses 
yacerás amortajado....
  4. セビジャーナス ハマス・メ・キセ
    Jamás me quise, jamás me quise Jamás me quise Desde que me olvidaste Jamás me quise Desde que me olvidaste Jamás me quise. Jamás me quise Por no querer gran cosa que aborreciste Por no querer gran cosa que aborreciste. Vuelve a quererme Ya verás como dejo Vuelve a quererme Ya verás como dejo De aborrecerme....
  5. セビジャーナス ケ・ノ・テ・キエラ
    Que no te quiera que no te quiera que no te quiera. Que no te quiera El confesor me ha dicho El confesor me ha dicho El confesor me ha dicho Que no te quiera Que no te quiera. Que no te quiera Y yo le digo, padre Y yo le digo, padre Y yo le digo, padre Si usted la viera Si usted la viera. Es tan bonita Que tan solo el mirarla Que tan solo el mirarla Que tan solo el mirarla La pena quita La pena quita....