記事一覧

カフェ・デ・チニータス 2

| コメント(0)
 港町マラガを彩ったカフェ・カンタンテ、カフェ・デ・チニータス。この店を訪れた名闘牛士が、この民謡の主人公だ。その名は、前回も紹介した、実在の花形闘牛士パキーロ(Paquiro)。最初の連ではまずhe...

カフェ・デ・チニータス 1

| コメント(0)
 詩人・劇作家、フェデリコ・ガルシア・ロルカ(1898~1936)が収集した『13のスペイン古謡』には、実にいろいろなキャラクターが登場する。恋に生きる男女の姿が、飾らない言葉で描かれている。  も...

ソロンゴ・ヒターノ 2

| コメント(0)
 歌詞もメロディーも、非常に濃いジプシー色に彩られた『ソロンゴ・ヒターノ』。演奏のしかたによって烈しくも渋くも、重々しくも躍動的にもなる、といういかにもフラメンコ的な魅力に富んだ1曲だ。ロルカ全集に収...

ソロンゴ・ヒターノ 1

| コメント(0)
 詩人・劇作家、フェデリコ・ガルシア・ロルカ(1898〜1936)。ドラマティックな生涯については、前回の『ラ・タララ』の項目でも述べた。彼が最期まで愛したグラナダの沃野は、今も優しい緑の色をたたえて...

ラ・タララ 2

| コメント(0)
 ガルシア・ロルカが残した『13のスペイン古謡』の中でも人気の高い1曲である『ラ・タララ』。フリルや鈴に彩られたドレスを身につけてオリーブ摘みの若者たちをからかう、明るい村娘の歌だ。前回紹介したとおり...

ラ・タララ

| コメント(2)
 当欄でこれまで、「18世紀のセビジャーナス」「アンダ・ハレオ」さらには「ロルケーニャ」と、3回にわたってその作品あるいは存在に触れてきた、詩人・劇作家、フェデリコ・ガルシア・ロルカ。1898年生まれ...

タラント 2

| コメント(0)
 明け方、重い脚を引きずって鉱夫たちが山から帰ってくる。そのときに彼らが口ずさむから、鉱夫の歌は別名を“カンテス・デ・ラ・マドゥルガーダ(暁の唄)”というのだと、かつて教えてくれた人があった。確かに、...

タラント 1

| コメント(0)
 アンダルシアには8つの県がある。一般的な観点から言えば、より知られているのは、世界遺産を含めて名所旧跡の多いセビージャ、カディス、コルドバ、マラガ、グラナダの辺りだろう。  それに比べると、残る3...

ソレア 2

| コメント(0)
 エル・チョコラーテが、磨き上げた銅のような声で歌い上げるソレアには、死の匂いがつきまとう。しかしそれは、誰にもみとられない孤独な死ではない。深なさけゆえにもたらされた、あまりにも深く激しすぎる愛の顛...
 カンテ指南、ソレア編の後半に先立ち、今回は「番外編」として、注目のイベントをご紹介したい。最新と伝統、フラメンコの真髄を兼ね備えた、骨太なフェスティバルだ。  20世紀後半から21世紀初めにかけて...