太田マキの湯の町、ワクワク!旅するギター

初めてのフラメンコギター

IMG_3978.JPG

25年もフラメンコ踊ったり歌ったり、教えることまでしてきたのにフラメンコギターにさわった事がない。
気づいてみればこれはなかなかの衝撃。長年連れ添ったダンナの真実は何も知らなかった!みたいな笑。

地元にフラメンコギターを広めるためには、まず自分が始めてみないとと思い立ち、新大久保のプリメラギターさんへ。ここは日本でも珍しいフラメンコギター専門店。中古の一番安いのぐらいなら買えるのでは...と思ってたけど、ヤフオクのようにはいかない。ギターは古いものこそ高いのですよ、と笑顔の吉田社長。そしてズラリ並んでるギター達をあらためて見る。美しい。こんなに美しかったんだ。触ってみたい。弾いてみたいな。

「一番安いのコレね。」と出してくださったのが5万円台...。

ひとつひとつ手作りの美しいギターを見れば、とてもとても良心的な価格であるのは一目瞭然。でも懐さびしい私には手が出なかった。

スペインでは子供の頃からギターを始める事が多いという。親の手の形を見て真似をする。受け継がれていくギターがある。

大分でこれから色んな人の手に触れられて受け継がれるギターを買いたい。弾きたいな、と思った人がギターを始められる環境を作りたい。

でも、私一人の力では無理だ。
だけど、ひとりでは難しくてもたくさんの人の思いが集まれば何かができるんじゃないか?。
ふと、以前インターネットで見た「クラウドファンディング」という言葉が頭に浮かんだ。
そうだ!「クラウドファンディング」ってどんな感じか、聞くだけ聞いてみよう!

フラメンコギタープロジェクトはこんな風に始まりました。そして、紆余曲折を経たのち、私もギターを習う事を決意。先生のギタリスト、今田央さん家からウチにも初めてのギターがお嫁入りして来た。
今田先生曰く「見た目はイマイチだけど音は結構いいのよ、この子。」
何だか親近感湧くじゃないですか笑。てゆーか、わたしにとっては特別なグアパ(べっぴんさん)ですけどね。

みんなのフラメンコギタープロジェクトと私のギター修行はまさに現在進行形。ハァーとしんどい時、このピカピカのギターを見ると元気が出てくる今日この頃のワタクシです!
(上の写真が今田先生のギター(有田圭輔さん撮影)。そして下のが私の初めてのギター。)

ファイル_000 (1).jpeg


  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

太田マキ プロフィール

バイラオーラ。大分県出身。20歳でフラメンコに出会い、岡本倫子スペイン舞踊団で活動後退団。関東を中心に教授・公演活動を行う。2012年日本フラメンコ協会第21回新人公演奨励賞及びエル・スール財団新人賞を受賞。 日本全国にて公演を重ねる中で、カンテ・ギターを学ぶ場が極端に少ない地方フラメンコの現状に触れ、音楽としてのフラメンコの普及活動の必要性を感じる。2016年11月「おおいたとスペインをつなぐ会」を発足。無料貸出しギターを全国に届けるため動き始める。カンテ・ギター・バイレが老若男女ともに楽しむ土地に根付いたフラメンコを求め、東京・大分・スペインを奔走中。
関連記事
  1. ひと月 アニー~ロス・ピンチョス
    九州を襲った未曽有の大雨からひと月が経ちました。 今日は広島に原爆が落とされた...
  2. アナ・マリア・ロペスがやって来ます
    7月6日、7日の2日間、湯の町別府にアナ・マリア・ロペス先生がやって来ます。 ...
  3. ビバ!延岡、ゆけ!チーム唐揚
    子供たちに自己紹介するのに名前どーしよう。ワークショップの朝、ホテルで朝食を食...
  4. 第1回フラメンコショー&ワークショップ@五十鈴小学校~いよいよワークショップ
    10分休憩を挟みいよいよワークショップへ。 ショーが終わった段階で押し気味だっ...
  5. 第1回フラメンコショー&ワークショップ@五十鈴小学校~ショーとお話編
    ザワザワと子供たちの声が聞こえてきた。 学校は時間厳守。先生が呼びに来てギターと...