太田マキの湯の町、ワクワク!旅するギター

うっちゃん企画フラメンコin佐伯

台風のため大分に戻るのが1日遅れとなった今週。
友人のバイラオール三枝雄輔氏が大分に来ているという。県内でフラメンコライブがあるとは知らなくて、大分と別府ではないよなぁと思ってたら県南の佐伯市でした。

ちょうど東京からウチに遊びに来ていたK嬢とともに初めての県南へのドライブ。
晴天であるけれど、台風の影響が残っているかもなので高速はやめて、別府から下道で南下。大分市~佐伯市と約2時間のドライブ。
佐伯に入って行くと泥流が乾いて黄色くなった道路、土砂が崩れて山肌がはげた姿。さらに進むと川に沿ったガードレールがぐにゃり。
たまった泥の中に埋まった冷蔵庫や家財道具。全壊してしまった家屋。

怖かった。自然の恐ろしさの爪痕を目の当たりにしました。私が見たのは起こった後。そこに住む人々がどんなに恐ろしく、悔しく悲しいことか。胸が痛み、ハンドルを握る手にも力が入る。

辿り着きました、佐伯市保健福祉総合センター和楽。

「九州北部豪雨チャリティー 円ブリオ基金チャリティー フラメンコショー(スペインの舞踊)
 内なる魂の叫び!リズム!情熱の踊り!(3年目)
 ☆東京のフラメンコスタジオ「マジョール」がやって来る
 <踊り>鈴木真澄 <踊りと歌>チャチャ手塚
 <ギター>鈴木英夫 <唄>三枝雄輔」

PC不調で写真が載せられないのでチラシの文言そのままに載せてみました。
何とこんな素敵なメンバーでもう佐伯で3回目とは。
ショーは本当に感動でした。
真澄先生が優しい声でフラメンコについて、曲について、1曲1曲丁寧に説明してくださる。
曲が盛り上がってくると客席からも手拍子が湧いてくる。普段のフラメンコライブだと怒られちゃったりするんだけど、この日はステージと客席が本当に一体となって、私もこれでいいんだよなぁ、と思う。

演者は4人だけだから全員が歌い踊る。全員がプロフェッショナル。
長い年月培った信頼する仲間との絆。客席が湧く。

真澄先生とチャチャさんのタンゴはギタリスト山崎まさしさんの還暦コンサートでも拝見して感涙したのですが、曲紹介の時に真澄先生がチャチャさんの事を親友、と呼んで、なんだか私はグっと来てしまいました。ふたりのタンゴ。その後のソレアで雄輔が立って真澄先生と並んだ。いつも見ているのとは違う。親子のステージに心がギュっとなりました。完璧で素晴らしいステージ。台風で傷ついた佐伯の人達の心に何かが届いたと思う。ホント楽しかった。フラメンコっていいな、と素直に思えました。
そして自分のこれからやりたいこと、やりたいフラメンコ、色んな宿題も頂いた。

フィンには飛び入りでK嬢とふたりで踊らせて頂き(ドキドキ)、打ち上げにも混ぜて頂きました。
このチャリティショーを企画されたのは佐伯市のうっちゃんこと内田正さん。なんと浄土真宗のお坊さん。
佐伯市に文化を、という思いで、色んな企画をされている方。催しの中ではアイバンク、腎バンクの普及の為の広報活動もされていて、知る、考えるきっかけを沢山の方に与えている。笑いながら、笑わせながら、人を幸せにしていく本当にスゴイ人。
「まず僕が楽しんで、芸人さんが楽しくて、お客さんが楽しくなったらそれがいいんよ。」
ホテルでも、飲み屋さんでも「うっちゃん」で通じる町の有名人。打ち上げも笑顔いっぱい、生まれて初めての十升瓶を見たり、しめの名物ごまだしうどんまで。

温かい人たちに沢山の優しさと出会いを頂いた佐伯の夜。ホントに来てよかった。
うっちゃん企画はまだまだ続くそうです。佐伯市にぜひ皆様お運びくださいませ。

9/30(土)東九州音楽祭
10/1(日)潮騒の里 食祭り
10/9(月・祝)スイングキッズ・ジャズコンサート(臼杵市)
10/15(日)上浦トライアスロン大会
10/22(日)カラオケステージ対抗コンテスト
10/29(日)ウェイノ南米音楽コンサート 上浦 しおさいの里
10/30(月)ウェイノ南米音楽コンサート スナック遊庵
10/31(火)ウェイノ別府コンサート 別府北浜APUプラザ1階ホール

まだまだ続く...
お問合せは うっちゃん企画 090-2505-3067

うっちゃん、ありがとうございました!!!

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

太田マキ プロフィール

バイラオーラ。大分県出身。20歳でフラメンコに出会い、岡本倫子スペイン舞踊団で活動後退団。関東を中心に教授・公演活動を行う。2012年日本フラメンコ協会第21回新人公演奨励賞及びエル・スール財団新人賞を受賞。 日本全国にて公演を重ねる中で、カンテ・ギターを学ぶ場が極端に少ない地方フラメンコの現状に触れ、音楽としてのフラメンコの普及活動の必要性を感じる。2016年11月「おおいたとスペインをつなぐ会」を発足。無料貸出しギターを全国に届けるため動き始める。カンテ・ギター・バイレが老若男女ともに楽しむ土地に根付いたフラメンコを求め、東京・大分・スペインを奔走中。
関連記事
  1. 今週の大分フラメンコ
    9/23(土)19:00~ フラメンコライブ「5 Colores」 B 川上摩...
  2. うっちゃん企画フラメンコin佐伯
    台風のため大分に戻るのが1日遅れとなった今週。 友人のバイラオール三枝雄輔氏が大...
  3. 第2回フラメンコギターレッスン♪
    9/12(火)は第2回フラメンコギターレッスンです。 夏休み最終日の子供のように...
  4. 再会、と再生
    7~8年前から大分での公演を観に来て頂き、今年初めの石塚隆充氏の歌とパルマのワ...
  5. ホームページが出来ました!
    残暑お見舞い申し上げます。 奄美での夏休みも終わり別府に戻ってまいりました。 山...