太田マキの湯の町、ワクワク!旅するギター

別府スタジオ始動

久しぶりの更新。
別府生活はまだまだ落ち着かず、色んな場所に行き、色んな人に出会い、色んな事を考えて右往左往しています。
そんな中、2階に鏡が入り一気にスタジオらしく。
という訳で、フラメンコギター講座に続き、バイレ(おどり)クラスもスタートいたしました。


まだまだ募集これからですが

月曜 19:00〜20:30 経験者クラス 曲目未定
火曜 12:30〜14:00 経験者クラス ブレリア
13:30〜15:00 入門クラス セビジャーナス
** 13:30〜14時は一緒にブレリアをやっています
19:00〜20:30 入門クラス タンゴ

月 3回開講

という予定です。
おどりのテクニカだけでなく、パルマ(手拍子)やハレオ(かけ声)、歌の構成などについても学んでいきます。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

週末にはまた色んな企画を考えています。
悩みまくりましたが、やはりフラメンコが好きでこれが自分がやって来た事なのだし、大分でアフィシオン(フラメンコへの想い)が生まれ育む為に何か役に立てればという思いでフラメンコの家 Casa del Flamenco という名前にしました。

ここから、ギター、バイレ、そしてこの先はカンテ、とフラメンコへのアフィシオンが広がるよう発信していきます。湯けむりわくフラメンコの家へ、どうぞ皆様、お越しくださいませ!

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

太田マキ プロフィール

バイラオーラ。大分県出身。20歳でフラメンコに出会い、岡本倫子スペイン舞踊団で活動後退団。関東を中心に教授・公演活動を行う。2012年日本フラメンコ協会第21回新人公演奨励賞及びエル・スール財団新人賞を受賞。 日本全国にて公演を重ねる中で、カンテ・ギターを学ぶ場が極端に少ない地方フラメンコの現状に触れ、音楽としてのフラメンコの普及活動の必要性を感じる。2016年11月「おおいたとスペインをつなぐ会」を発足。無料貸出しギターを全国に届けるため動き始める。カンテ・ギター・バイレが老若男女ともに楽しむ土地に根付いたフラメンコを求め、東京・大分・スペインを奔走中。
関連記事
  1. レコーディング
    パンフレット作成の過程の中で、今年のワークショップ課題曲をガルシア・ロルカの「ベ...
  2. ワークショップのパンフレットできました♪
    昨年末から、悩みつつ作って来た学校ワークショップ用のパンフレット。 チラシやチ...
  3. オープンクラスのお知らせ
    3月に入りぐっと春めいてきました。 フラメンコに挑戦してみませんか? 3月17日...
  4. 学校巡り
    3月に入りました。 2月のエル・トロとの濃密な3日間が終わり、気が抜けて風邪引...
  5. 謹賀新年2018
    新年明けましておめでとうございます! 元旦は、別府宅から車で5分の鶴見岳に行って...