太田マキの湯の町、ワクワク!旅するギター

9月九州チャリティフラメンコショー

20180925フラメンコ.jpg

色々ありすぎてこちらでの告知が大変遅くなりましたが、9月後半、東京より鈴木眞澄先生のグループが九州にいらっしゃいます。熊本県小国でのワークショップ・ライブの後、大分県に入り

9/25(火) 佐伯市保健福祉センター「和楽」 18:30開演
9/26(水) 大分市コンパルホール 文化ホール 19:00開演
9/27(木) 延岡市総合文化センター 小ホール 18:30開演
と公演が続きます。

昨年は佐伯で客席から拝見し、各々のプロフェッショナルなアルテに感動し涙しました。重ねてきた月日の重みと信頼がそのまま伝わる鈴木眞澄先生の舞台。今年はご一緒させて頂く事になり、本当に光栄です。
眞澄先生の人生が滲みだすようなバイレ(踊り)、これが本当のルンベーラ、胸が熱くなるチャチャさんの歌と踊り、重厚ながら鋭く響くいぶし銀、鈴木英夫さんのギター。尊敬する御三方。そして日本人離れしたコンパスで日本フラメンコを牽引する三枝雄輔さん、ラテンの血で熱いカンテのダニエル・リコさんとともに、フラメンコをお届けします。
この3公演は、今年7月の西日本豪雨災害とアイバンクへの支援チャリティ公演でもあります。フラメンコが何かのきっかけとなれば、と願ってやみません。
3公演ともチケット絶賛発売中。ひとりでも多くの皆様のご来場をお待ちしております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

太田マキ プロフィール

バイラオーラ。大分県出身。20歳でフラメンコに出会い、岡本倫子スペイン舞踊団で活動後退団。関東を中心に教授・公演活動を行う。2012年日本フラメンコ協会第21回新人公演奨励賞及びエル・スール財団新人賞を受賞。 日本全国にて公演を重ねる中で、カンテ・ギターを学ぶ場が極端に少ない地方フラメンコの現状に触れ、音楽としてのフラメンコの普及活動の必要性を感じる。2016年11月「おおいたとスペインをつなぐ会」を発足。無料貸出しギターを全国に届けるため動き始める。カンテ・ギター・バイレが老若男女ともに楽しむ土地に根付いたフラメンコを求め、東京・大分・スペインを奔走中。
関連記事
  1. 第1回ギター&バイレ発表会
    ご報告が大変大変遅くなりましたが、8月11日(土)大分県別府市にて初めてのおお...
  2. 9月九州チャリティフラメンコショー
    色々ありすぎてこちらでの告知が大変遅くなりましたが、9月後半、東京より鈴木眞澄...
  3. 別府ギター&バイレ合同発表会
    本日フラメンコギタークラスの日です。 昨年8月に始まりました「はじめてのフラメ...
  4. 6/21 土々呂小学校ワークショップ
    6/21の宮崎県土々呂小学校でのフラメンコワークショップ、そして延岡市カフェラベ...
  5. 6/8 川南小学校ワークショップ
    こちらでのupが遅くなりましたが、4月5月をノンストップで準備してきた今年第1回...