記事一覧

ひと月 アニー~ロス・ピンチョス

| コメント(0)

IMG_5120.JPG

九州を襲った未曽有の大雨からひと月が経ちました。
今日は広島に原爆が落とされた日。黙とうを捧げました。

IMG_4846.JPG

7月6日、7日の2日間、湯の町別府にアナ・マリア・ロペス先生がやって来ます。
そして、大分県では初めてのアニーによるブレリア・デ・ヘレスのクルシージョ(ワークショップ)を開催する事になりました!

ビバ!延岡、ゆけ!チーム唐揚

| コメント(0)

IMG_5011.JPG

子供たちに自己紹介するのに名前どーしよう。ワークショップの朝、ホテルで朝食を食べながら話してて、なかなかピンと来ず。ふと、冗談で「昨日とり天と唐揚げの話ばっかりしよったからポジョフリート、なーんつって」と呟いたら、摩紀嬢と紀子様が「それ!それいーですよ!」とあっさりチーム名が決まった。えー!?それでいいの!?と思ったけど、時間が経つ程になかなか大分らしい、いい名前じゃないか、と思えて来た。チーム唐揚げ、チームとり天。どうぞよろしく!

延岡ライブ

| コメント(0)

IMG_5005.JPG

チキン南蛮発祥の「おぐら」にて。胸1枚肉で切れてない!胸肉だけどシットリですよ。

ファイル_000 (2).jpeg

10分休憩を挟みいよいよワークショップへ。
ショーが終わった段階で押し気味だったので、パルマは手短に。さっきしっかり見てたから足手手手の4拍子は秒速でクリア。
すると子供たちはパルマのスピードを段々上げていって、(上がったのではない。意志を持って上げたのだ)、超速にしてキャーなんていいながら、大爆笑しながらめっさ楽しんでいる。人はスピードが出ると楽しい、んだね。フラメンコのスビーダって人間の自然な欲求なんだな、なんてあらためて再発見。

そしてバイレ。
川上摩紀先生による「タララ」振付け。
摩紀先生が「好きなフルーツは?」との問いに一斉に答える子供達。フルーツをとって、ポケットに入れて...あぁ!振りが一個足りんやった!のハプニングもさすがのまきちゃん、笑いに変えて子供たちを惹きつけていく。
子供達は猛スピードで難なくバイレをクリア。全身を揺らして踊ってる。特に最後の「足ドン」(床をトン・トン・・トントンと踏み鳴らす)では262人が本気でやるので体育館が揺れた(笑)。子供たちには手ならぬ足加減なんてないのだ。先生たちからクレーム来ないかしらと心配になるような大震動。

ザワザワと子供たちの声が聞こえてきた。
学校は時間厳守。先生が呼びに来てギターとカンテが先に出る。
1曲目はセビジャーナス。春祭りのにぎやかなナンバーだ。
カスタネットを鳴らしながら飛び出すと、目の前に体育座りの子供たち。真ん丸な目がたっくさん迎えてくれた。


ファイル_000 (3).jpeg

この1日に起こった全ての事を心に深く深く刻んでおきたい。
この1日に出会った全ての人の笑顔を瞼の奥に焼きつけたい。
この1日に感じた事全てをこれからの心の糧としていきたい。

2017年6月16日(金)
会場  門川町立五十鈴小学校(宮崎県延岡市)

ギター 野崎智文(長崎県)カンテ 山﨑美佳(大分県) バイレ 川上摩紀(大分県)下郡紀子(大分県)太田マキ
10:35~11:15 ショーとお話 
11:25~12:05 フラメンコ体験ワークショップ
参加した小学生 262名
持参したフラメンコギター 7台


みんなのギター初出動

| コメント(0)

朝の飛行機で大分へ。別府の家でみなさんにご支援頂いて購入叶ったギターとチコさんが送ってくださったチューナーを積めるだけ積み込んで、リハの後、車で2時間、延岡までギターとともにやって来ました。連れて来れたギターは7本。共演の皆さんとワゴンに積み込み無事搬送終了!

ギターが届きました!!!

| コメント(0)

IMG_4796.jpg

5月19日(金)午後にフラメンコギター20本が別府市の自宅に届きました!!!
いつものごとく迷うドライバーさんを電話で誘導。(自宅の辺りは周囲の家もみんな同じ住所なのです)
大きな大きな箱が3つ。ギターの片鱗がうかがえる三角形の箱がひとつ。
ちょうど家に来ていた兄とともに運ぶ。

佐賀フラメンコフェスティバル

| コメント(0)

IMG_4747.JPG

4/23(日)佐賀市の656広場(ムツゴロウと読む!)にて第5回目の佐賀フラメンコフェスティバルが開催されました。佐賀市でスタジオ、ラ・アレグリアを主宰する踊り手の樺澤幸さん、ギタリスト樺澤充郎さんご夫妻を中心に地元の実行委員会の皆様、沢山の協賛店、そして九州のフラメンコを愛する人たちがプロアマ問わず大集合!5時間にわたりカンテ、ギター、バイレが繰り広げられました。