プーロ・ドランカー

2 ホアキン・エル・カナステーロ「セ・ブスカ」×ライオン・スタウトJoaquín el Canastero「SE BUSCA」×LION STOUT

2 ホアキン・エル・カナステーロ「セ・ブスカ」×ライオン・スタウト

「わしらヒターノは銀河とのつながりを失ってしまった。今は何もない時代だ」(ライナー掲載インタビュー/2001年7月収録)
 ヒターノとは、スペインに住むロマ(ジプシー)のことだ。日の出と共に起き、馬やロバとさすらい、焚き火を囲んで、星空のもと眠る。そんな伝統的な放浪生活は、遠い昔の話になりつつある。

 しかし、ホアキン・カルモナ"エル・カナステーロ"は、大型犬「エルマーノ(兄弟)」一匹を相棒に、ひと気の無い地域を選び、放浪しているという。現代最後のバガブンド(放浪者)なのだ。
 アルバムタイトル「セ・ブスカ」は「WANTED(指名手配)」の意味である。放浪生活ゆえ、電話も使わない彼の居場所を特定するのは、至難のワザ。その仲間内で流行った冗談が元だという。
「俺の人生は川と共にある。カマロンもすごくその生活を気に入り、仲良くなったわけさ」
 こう語るホアキンは、1936年、ラ・リネア(カディス県)に生まれた。7月に20周忌を迎える伝説の名歌手、カマロン・デ・ラ・イスラ(1950~1992)のカンテの作詞者として、業界では有名だ。
 1曲目は、そのカマロンへ捧げるタンゴから。その死から9年後(2001年)の作だが、盟友への色褪せぬ思いが伝わる。

 
 洞窟のヒターノ達は カマロンが唄うとき 
 鐘を打ち鳴らす 
 俺がカマロンを語っても 誰の迷惑にもなりゃしない 
 彼はカンテの謎を解く鍵だった 
 フラメンコの歴史と喜びを語ろう 
 それはカマロン・デ・ラ・イスラ 
 全時代で最高の存在 燃え盛る炎
 俺は喜びを生きる 
 カマロンは死んでいないからだ 
 その死がウソと知っているから
 天の計らいで 聖なる星となり
 空高くで生きている  
 神の御光のために 
 すべてが終わるそのときまで  (抄訳)


 曲調は意外にも、キーボードやコーラスが入り、フュージョン色が強い。「イカれたイカれたイカれちゃったよ~キミに♪」と唄う、素っ頓狂な調子のルンバの一方、おごそかに詩も朗誦し、ボレロ、ソレア、タラント、ファンダンゴ、ブレリア等の全10曲は、硬軟取り混ぜた、変幻自在の芸風を感じさせる。
 浅いようで深く、軽いようで重く、甘いようで苦い。風貌さながらの枯れた渋い声に、ヒターノの黒さがにじみ出る。こんなホアキン・カナステーロのカンテに合う酒は、果たして何か?
 熟慮の末、真っ黒に輝くスリランカビール「ライオン・スタウト」を口にする。チョコレートの強い香りが最初に鼻を衝くが、長く苦い余韻が素晴らしい。世界中のビターファンを虜にするゆえんだ。
 アルコール度数は8.8度と、普通のビールの1.5倍近い。が、滑らかな喉越しが、それと感じさせないのだ。
 イギリスの植民地時代の名残が、インド南に浮かぶ島スリランカで、これほどのスタウトを生んだ。インド北部を起源に持つスペインのヒターノのアルテ(芸)と、真逆の旅路を辿ったスタウトの邂逅。この奇跡の出会いをどうぞ一度、お試しあれ。

※一週間毎に更新します。次回は5月2日(水)の予定です。

ホアキン・エル・カナステーロ<br /> 「セ・ブスカ」
ホアキン・エル・カナステーロ
「セ・ブスカ」

¥2,940

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

中谷伸一 プロフィール

独自の視点でアルティスタたちの生き様とその芸=アルテを描き、フラメンコの真髄に迫るルポライター。月刊誌パセオ・フラメンコで連載執筆者として活躍中。酒と放浪と音楽をこよなく愛するフラメンコ界最後の?!無頼派。
関連記事
  1. 20 ホアキン・デ・ソラ「プリンシピオ」×ハイリキ(黄缶)
     パコが行ってしまった。遺作の「カンシオン・アンダルーサ」の依然ツヤのある音を聴...
  2. 20 レメディオス・アマジャ×VAT69
     フラメンコ音楽ファンのみなさん、お久しぶりです。今週末に上演の「踊りの声~La...
  3. 15 カマロン「ラ・レジェンダ・デル・ティエンポ」×アードベッグ・ガリレオ
     カマロン没後20年のメモリアルイアーだった2012年も、11月に入りもう残りわ...
  4. 14 アグヘータ、カプージョ、トルタ他「ヘレス・アル・カンテ」×モカンボ20年
     前回ヘレスに触れたので、そのままフラメンコの核心に突っ込むため、近作「へレス・...
  5. 13 ファミリア・モネオ、サンボ、モレーナ「アル・アイレ・デ・ヘレス(3枚組)」×インヘニオ・マナカス(ラム)
     今年のビエナル公演「ヘレス」では、同地の代表として、カンタオールのエル・トルタ...

B