プーロ・ドランカー

【11月のサンルーカル・ペーニャ情報】VII El Circuito “Ocho Provincia”

【11月のサンルーカル・ペーニャ情報】

 旧知のペーニャ(フラメンコ同好会)から急ぎの情報が届いたので、この場を借りてお知らせします。今週末の11月1日(金)午後10時から、カディス県の港町、サンルーカル・デ・バラメーダの居酒屋「ラ・ソレア」(住所:C/Siete Revueltas=カージェ・シエテ・レブエルタス)で、ペーニャ・フラメンカ「プエルト・ルセーロ」主催のカンテ・ライヴが行われます。カンテにホセ・ドミンゲス"エル・チェリン"、アナ・セラルボ、ギターはヘスス・ロメーロ"ロメリート"、というソシオ(会員)のメンバーが出演。地域密着のフラメンコの一端を覗けて面白いですよ。この時に現地にいる方はぜひ!

 この催しは「第7回エル・シルキート・オーチョ・プロビンシアVII El Circuito "Ocho Provincias"」の一環で、10月から12月までの3カ月間、アンダルシア州全8県にて、大小132のフラメンコ・リサイタルが行われます。今年は伝説のカリスマ・バイラオーラ、カルメン・アマジャの没後50年を記念し、往時の雄姿がポスターにも登場。
cartel.JPG
 アンダルシア州政府文科省とアンダルシア・ペーニャ・フラメンカ連盟が協働し、フラメンコの価値をもっと若者たちへプロモートすることが主眼と発表されています。
「ペーニャはフラメンコを分かち合い、交流する場所です。アーティストを鍛え、アフィシオン(愛情)を育てる場所。そんな私たちの文化を伝える努力こそが大切で、今回のようなイニシアティヴを取ることに対し、われわれは常に積極的です。アーティストがコンパスへの道へと旅立つための、免状を受け取る場所。それがペーニャだからです」
          (アンダルシア州政府文科省/ルシアーノ・アロンソ氏)
 2013年はクリシス(経済危機)による予算不足で、33年続いたサンルーカル名物「バホ・デ・ギアの夜」のコンクールも、残念ながら初めて中止になってしまったとのこと。みなさん、スペインのフラメンコの根幹のひとつ、ペーニャを応援してみませんか? そこで飲んだり食べたりしてお金を使うだけでも、財政難のペーニャにとっては、貴重な収益につながります。


グラン・レシタル・フラメンコ
(主催)ペーニャ・プエルト・ルセーロ
(日時)11月1日(金)22:00~
(会場)Taberna La Soleá
(住所)C/Siete Revueltas
Sanlúcar de Barrameda,Cádiz

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

中谷伸一 プロフィール

独自の視点でアルティスタたちの生き様とその芸=アルテを描き、フラメンコの真髄に迫るルポライター。月刊誌パセオ・フラメンコで連載執筆者として活躍中。酒と放浪と音楽をこよなく愛するフラメンコ界最後の?!無頼派。
関連記事
  1. 【11月のサンルーカル・ペーニャ情報】
     旧知のペーニャ(フラメンコ同好会)から急ぎの情報が届いたので、この場を借りてお...
  2. 【特別編】マヌエル・リニャンの衝撃!
    三日間続く「フラメンコ・フェスティバル・イン・トーキョー」の初日の舞台は「トラ...
  3. 【番外編】ラウラ・デ・ロス・アンヘレス×徳田志帆
     昨年、日本フラメンコ協会主催の新人公演で奨励賞を受賞したバイラオーラ徳田志帆が...
  4. 18 長嶺ヤス子「裸足のフラメンコ」×雪っこ(酔仙酒造)
     胸のすく素晴らしい映画だった。今年で喜寿(77歳)を迎えた稀代の踊り手、長嶺ヤ...
  5. 【番外編】徳永健太郎×康次郎 フラメンコギターDUOライブ
    久しぶりの大型新人登場に感動したので、敢えて今回は特別番外編として、最新のラ...

B