プーロ・ドランカー

20 レメディオス・アマジャ×VAT69Remedios Amaya×VAT 69

20 レメディオス・アマジャ×VAT69

 フラメンコ音楽ファンのみなさん、お久しぶりです。今週末に上演の「踊りの声~La Voz de Baile」(京都11/3・東京11/4)に、何と、私も大ファンの唄い手、レメディオス・アマジャが登場します! これを機に彼女のディスクとウイスキーを引っ張り出して、前夜祭といきましょうか。

 ベスト盤をのぞけば、一番最近のオリジナル・アルバムは、2002年発表の「ソンソネーテ」(EMI)。ここまでフラメンコど真ん中の、かすれたひび割れ声は、いま彼女以外にほとんど思い当たりません。昔からカマロネーラ(カリスマ歌手・カマロンの愛好家)を公言し、初期は確かに似ていましたが、本作の声はぐっと深みが増し、無二の個性が光ります。
 1曲目の「ソブレビビレ(生き残る)」は、70年代にイタリアの女性歌手ミーナが出した「Fiume Azurro(蒼い河)」のスペイン語ヴァージョンで、ロシオ・フラードも歌っていたものを、ルンバ・フラメンカ風にカヴァー。「アイ・・・自分をいつわってでも、生き残らなければ」という歌詞が、強い女の象徴のようなレメディオスが唄うと、実に真に迫ります。
 カマロンに捧げた「ロマンセ・デ・アマルゴ」(カニサーレス伴奏)や、70年代のアンダルシア・ロックバンドへのトリビュート「アイレ・デ・アラメダ」など、収録の全10曲はバラエティーに富む構成。
 ブレリア「エン・エル・リンコン・デ・ルイス」では、48歳で早世したヘレスの吟遊詩人、ルイス・デ・ラ・ピカ(1951~1999)を追悼します。「ウン・ドス・トレス、フエゴ!」と口火を切る声はルイスのものでしょうか。「あんたはヒターノの中でも唯一のボヘミアンだった/われらのフラメンコ感覚の象徴だった」――こんなルイスのアルバムも、またいずれ。
 思わずウイスキーへ手が伸びるほどのカンテは、昨今、実に少ないですが、漆黒の炎を宿すレメディオスの声は、まぎれもなく本物です。しかも今回はニーニョ・ホセーレ、ディエゴ・デル・モラオという、当代一流のフラメンコ・ギタリストが脇を固めます。
 レメディオスと合わせたVAT69は、最近、ブルース歌手のハウリン・ウルフを聴きながら飲んでいたウイスキー。レメディオスとウルフは時代は違えど苦労人同士、もしかして気が合ったかもしれません。さて、今夜はもうこのへんで、そろそろグラスを用意しましょうか・・・・・・

レメディオス・アマジャ<br />「コレクシオン・グランデス(中古)」
レメディオス・アマジャ
「コレクシオン・グランデス(中古)」

¥1,575(税込)
※本文紹介「ソンソネーテ」は品切れ中。こちらは代表曲を揃えたベスト盤

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

中谷伸一 プロフィール

独自の視点でアルティスタたちの生き様とその芸=アルテを描き、フラメンコの真髄に迫るルポライター。月刊誌パセオ・フラメンコで連載執筆者として活躍中。酒と放浪と音楽をこよなく愛するフラメンコ界最後の?!無頼派。
関連記事
  1. 20 ホアキン・デ・ソラ「プリンシピオ」×ハイリキ(黄缶)
     パコが行ってしまった。遺作の「カンシオン・アンダルーサ」の依然ツヤのある音を聴...
  2. 20 レメディオス・アマジャ×VAT69
     フラメンコ音楽ファンのみなさん、お久しぶりです。今週末に上演の「踊りの声~La...
  3. 15 カマロン「ラ・レジェンダ・デル・ティエンポ」×アードベッグ・ガリレオ
     カマロン没後20年のメモリアルイアーだった2012年も、11月に入りもう残りわ...
  4. 14 アグヘータ、カプージョ、トルタ他「ヘレス・アル・カンテ」×モカンボ20年
     前回ヘレスに触れたので、そのままフラメンコの核心に突っ込むため、近作「へレス・...
  5. 13 ファミリア・モネオ、サンボ、モレーナ「アル・アイレ・デ・ヘレス(3枚組)」×インヘニオ・マナカス(ラム)
     今年のビエナル公演「ヘレス」では、同地の代表として、カンタオールのエル・トルタ...

B