プーロ・ドランカー

2014年6月

20 ホアキン・デ・ソラ「プリンシピオ」×ハイリキ(黄缶)Joaquín de Sola「Principio」 ×hiLiki(la amarilla)

| コメント(0)

 パコが行ってしまった。遺作の「カンシオン・アンダルーサ」の依然ツヤのある音を聴く度に、この世の無常を感じてしまう。しかし、フラメンコの歴史はまだ続く。そのパコの唯一無二の盟友・カマロンの生まれ故郷から届いた、若きカンタオールのデビューアルバムをご紹介しよう。制作発表当時は弱冠25歳、カディス県サン・フェルナンド出身、ホアキン・デ・ソラの「プリンシピオ」(2013)だ。