大沼由紀のバラよ、荒野に咲け!

舞踊詩「FABULAE」-フラメンコへのオマージュ- 公演後記①~舞踊団、そして怪我との戦い~編

先月6月15日(日)、豊島区立舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」にて、初めての創作作品を発表しました。
ご来場いただきましたお客様、本当にありがとうございました。キャンセル待ちをしてくださったお客様、ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。

この作品をどうやって形にするか。イメージを具現化するには???

私がこれまでに積み重ねて来たものを総動員しなかったら、とても無理だ。
いや、総動員したって充分じゃない。フラメンコ以外のジャンルからも出演者を考えなくてはならない。同時に、自分の中にあるものや、周りにあるものを見渡してみる。するとそこには、真剣勝負で教えて来た長い年月があり、それによって育ってくれた生徒達がいた。あの子達となら、私がやりたいことを共有出来るかもしれない。そう思って舞踊団を結成、まずは舞踊団シーンの振付へと入って行きました。

3月半ばから舞踊団の振付を始める。毎週水曜夜と、土曜の午後~夜が舞踊団稽古日。ある土曜日は12時間コースなんてことも。通常のクラスレッスンも受け、且つ仕事も持っている彼女達の疲労は、凄まじいものがあったと思う。私自身も相当の疲れとストレスを溜め込んでいたに違いない。

そして、5月14日の夜。

裸足で、舞踊団を相手にぐっと足を踏み込んだその時、右ふくらはぎがブチッと音を立て激痛。みるみるうちに腫れて歩けなくなる。タクシーで救急病院へ。突然の出来事に茫然自失。事実がよく掴めない。

夜の病院は待ち時間が長い。ようやく先生が現れ、レントゲンを撮る。骨には異常なし。触診で腓腹筋断裂と診断され、ギプスで固定し、松葉杖を渡される。
松葉杖翌々日再診。6月15日に舞台を控えていると相談する。
「15日?うーん、15日は踊れるんじゃないでしょうかねー。」
「その前の稽古はどうなります?」
「それはちょっと、、、難しいんじゃないでしょうかね。」

私の焦りは先生には伝わらない。触診のみの、あっという間の診察。
心強くして「何か治療方法はないんですか?」と問う。
「これが治療方法です。」今度ははっきりと言われる。
触診、ギプス、松葉杖、以上。松葉杖をうまく使えず、処方箋を渡されても、薬局に行くことも出来ない。これって何とかならないのか?

業を煮やし、ネットで見つけた治療院へ。
松葉杖なしで歩いて帰れるという謳い文句に、藁にもすがる気持ちで出掛ける。結果、松葉杖で帰る。

「ここに行きなさい!絶対にいい先生だから!」
知り合いが麹町の接骨院を紹介してくれた。エコーで診ると、腓腹筋は傷付いておらず、ヒラメ筋が断裂しているのが分かる。骨に近い抗重力筋だ。肉離れには珍しいケースらしい。ギプスをさらにしっかりしたものに替え、脇が痛くてうまく使えなかった松葉杖をジャストサイズに交換、松葉杖で歩く指導を受け、階段の上り下りも一緒に練習する。
「6月15日の舞台のことは、来週またエコーを撮って、それで考えましょう。」

やっと自分の怪我を把握し、状況を落ち着いて捉えることが出来た。ここは、先生はじめスタッフ全員が、治す、というシンプルな目的に向かっている。紹介してくださった方にただ、感謝。ここで治療に専念しよう。「よろしくお願いします。」と頭を下げる。

テーピング翌週のエコーで、6月から少しずつ動けるようになり、公演のある週にはなんとかなる、という診断が出た。ここの先生が言うのだから間違いないはず。
舞踊団シーンの骨組みが出来ていたのは、不幸中の幸いだった。しかし、果たしてどの程度踊れるのか、それは分からない。

予定を入れてくださっているお客様、飛行機を予約してくださっている方もいる、歌い手、ギタリスト、パルメロ、長屋さん、舞踊団、音響、照明、舞台監督・・・、なんとたくさんの人が舞台に関わっていることだろう。改めて舞台というものの重みを感じ、すべての人を巻き込んでの延期と、決行の間で、揺れに揺れた。

毎日のように生徒が車を出してくれ、治療院へ向かう。とにかく、出来るだけいい状態へ持って行くこと。やれることはそれしかない。日々少しずつ変化がある。松葉杖は2本から1本になり、ギプスからテーピングになり、こわごわと、自転車を漕ぐリハビリへ移行し、そして公演3日前の6月12日には、テーピングと包帯を外して動けるようになった。

日々焦る気持ちを抱えながらも、麹町白石接骨院へ行くと何故か心が落ち着いた。決して広くはないけど、風が通り抜ける気持ちのいい空間で、超音波気泡水治器に足を浸しながら、窓の外を眺める。風に揺れる木の葉の音を聞き、舞踊団シーンを考え、自分の踊りを思った。「踊りたい」という気持ちが、歩けない日々の中で膨らんでいった。舞台はやる。延期はしない。そう決心した。

_FSA1623_large.jpg
フラメンコに出会った時、コンパスすら分からないのに、懐かしいような、そして一方では気持ちを駆り立てられるような、なんとも不思議な気持ちになりました。しかし、そんな気持ちだけでは向かって行けない、甘くはない壁がフラメンコにはあって、そのイメージを、自分の中に聞こえて来たリズムを舞踊団員のサパテアードに置き換えることで、振付けました。私を簡単には入り込ませないフラメンコのプライドと、フラメンコに近付きたい自分が対峙する瞬間。まさにその稽古中に怪我をしたのですが、そこは今回の作品の重要な一場面になりました。

他には、ファンダンゴ・デ・ウエルバとシギリージャを舞踊団に受け持ってもらいましたが、いずれも場面作りの重要なファクターになったように思います。
1人で踊っても、群舞であっても、「中に生まれたものを目に見えるものにする」というルールを守れば、嘘にならない。作品作りには、「効果」というものも無視出来ないけれど、「効果」の考えが先に立つと、空々しくなる。それらを踏まえながら挑戦する作品作りというのは、難しくも魅力的な戦いだと実感しました。

_FSA1588_large.jpgビジャンシーコ
ブレリア

次回新たな作品作りもしたいし、この作品をバージョンアップさせて再演もしたい。
そんなことを考えながら、また新たな意欲が湧いて来ている今日この頃です。

写真/遠山しゅんか

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

大沼由紀 プロフィール

フラメンコ舞踊家。日本大学芸術学部卒業後、フラメンコに出会い佐藤佑子に師事。1992年渡西。 ラ・トナ、アナ・マリア・ロペス、アンヘリータ・ゴメス等に師事。約3年のスペイン生活の中、特にヘレスのフラメンコに強く惹かれ、現在の自身の舞踊スタイル、教授スタイルへと結びついている。99年、中野にエストゥディオ・ブレーニャを開設。カンテを愛し、フラメンコの真髄へと突き進むその真摯な姿勢と深いアルテでカリスマ的な人気を誇る。
関連記事
  1. "EspontáneaⅣ-フラメンコ、自然発生的な-" 公演手記
    11月2日、3日、大沼由紀舞踊公演"EspontáneaⅣ-フラメンコ、自然発生...
  2. "Espontánea-フラメンコ、自然発生的な-"再び
    2004、05.07年"Espontánea-フラメンコ、自然発生的な-"という...
  3. 三位一体への最初の一歩~ブレーニャコンサートに寄せて~
    3年ぶりのブレーニャコンサートが、3月6日に無事終了した。生徒が出るという意味で...
  4. 佐藤浩希の大いなる挑戦 ~infinito~「無限」
    無から形あるものへ。それは湧き上がるエネルギーによってこそ生み出される。既成の価...
  5. 長屋和哉ライブin増上寺『夢の通ひ路~無限の響き』での不思議な体験
    東京タワー近くの増上寺で、 昨年の公演「FABULAE-フラメンコへのオマージュ...