大沼由紀のバラよ、荒野に咲け!

「踊り手はカンテを聞け」の奥にあるもの

カンテを聞け、と踊り手はよく言われるが、それはいったいどういう意味なのだろう? 単に「カンテをちゃんと聞いて踊る」、あるいは「踊るための勉強としてカンテを聞く」、ということではないような気がする。カンテを聞けとは、何よりも、まずは常日頃カンテを聞け、だと思う。カンテを聞くことで、フラメンコの美学、こだわりなどが、自然に身体に入ってくるのだと思う。カンテを好きでよく聞いている人と、そうでない人の踊りは、やっぱりどこか違う。

もう22年前になるが、セビージャにいた1年間、La Tonaのレッスンを受け、振付もたくさん教わった。クラスを去る前にトナーは、せっかくたくさん勉強したんだから録画しときなさい、と薦めてくれ、ビデオカメラを持っている友人に頼み込んで、何回かに分けて録画した。その後ヘレスに移ってフラメンコ観が一転し、マドリーの半年間とセビージャでの1年間には蓋をしてしまったので、帰国後も、その8ミリビデオはしまい込まれたままだった。

帰国してしばらくしてビデオで見ると、トナーの踊りは、流石に素晴らしく、特にご主人のモーリーの歌で踊るソレアには、深く胸を掴まれる。今も時々見ては、「オレー!」と言ってしまう。

そう、個人レッスンの時に、何のタイミングだったのだろう、ふと気が向いて、タンゴを一振り踊ってくれたことがあった。それはとっても自然で、私はなんだかこう、ゾワっとした。「今の踊り......、すごく好き!」と言ったら、「モーリーのお母さんがこんなふうに踊ってたのよ。私には無理よ」と、恥ずかしそうに答えてくれた。あの頃、超越技巧を誇るトナーであったが、根っこはここにあるのか、と、一人ワクワクした。

その8ミリだが、ふと思い立ち、業者に頼んでDVDにしてもらった。出来上がりを楽しみに待ち、そしてドキドキしながら久しぶりに見た、のだが......、

いやまあ、とにかく自分の踊りにビックリした。22年前であるということを差し引いても、これはひどすぎる。「ちょっと!私!何やってんのー?」と、映像の中の私の肩を掴みたくなった。

色んなことをこなしてはいるが、それは、フラメンコとは全く別物に見える。
マルカールはマルカールではなく、ただの移動だし、レマーテもジャマーダも、それがどんな役割で、どんな色を持っているかなどには、全く興味がないようだ。歌もギターも、聞いてはいるが、コンタクトするという方法では聞いていないので、申し訳ないことに、踊りのバックミュージックになってしまっている。

思えばあの当時の私には、たくさん振付を覚えて、うまく踊るということしか
頭になかった。

当たり前だけど、フラメンコって、フラメンコを知らないと踊れないんだなぁ。俗にいう「動ける身体」はもちろん必要だけど、たとえ足が早く動かなくても、たくさんの動きが出来なくても、きちんとした基礎と、フラメンコってどういうものかって意識があれば、フラメンコらしいものを踊ることは出来るのだと思う。プロの踊りとか、そういういうことではなく、フラメンコに見える踊り、という意味で。

振り返ると、ヘレスで、カンテを聞かずにはいられないほどカンテが好きになり、アカデミアと自習室の往復のような生活に終止符を打ち、やっとフラメンコに出会ったのだ。もちろんそれまでの、がむしゃらな、ひたすら練習を繰り返した日々も、決して無駄ではない。しかし、フラメンコってこんな感じ、って感じが身体に入って来たのは、カンテに魅せられてからだ。カンテにフラメンコの流儀、美学を教えてもらったのだ。

spein1.JPG

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

大沼由紀 プロフィール

フラメンコ舞踊家。日本大学芸術学部卒業後、フラメンコに出会い佐藤佑子に師事。1992年渡西。 ラ・トナ、アナ・マリア・ロペス、アンヘリータ・ゴメス等に師事。約3年のスペイン生活の中、特にヘレスのフラメンコに強く惹かれ、現在の自身の舞踊スタイル、教授スタイルへと結びついている。99年、中野にエストゥディオ・ブレーニャを開設。カンテを愛し、フラメンコの真髄へと突き進むその真摯な姿勢と深いアルテでカリスマ的な人気を誇る。