大沼由紀のバラよ、荒野に咲け!

2018年8月

音と音の間に隙間があると、速い細かい音でも慌ただしく感じない。
ゆっくりとしたテンポでのシンプルな音使いでも鈍重に聞こえない。
バイレフラメンコというものに夢中になって早30年。
この年月の中で今最もサパテアードの音に憑りつかれている。