大沼由紀のバラよ、荒野に咲け!

追悼 今も響くファニジョロのカンテ

8月28日、ファニジョロが逝ってしまった。しばし呆然自失。その後大きな大きな悲しみが押し寄せる。享年38歳。いくらなんでも早過ぎる。また一人、へレスからアルティスタがいなくなってしまった。

 2004年、ギタリスト俵英三さんに中に入ってもらい、ディエゴ・デ・ロス・サントス
"ルビチ"、ドミンゴ・ルビチ、ホセ・ルビチ、ここにもう一人歌い手を入れて公演をすることを決意。その時ドミンゴが強力に推して来たのがファニジョロだった。その頃のファニジョロは、歌い手としての活動を始めてまだそう経っておらず(もともとパルメロとしてキャリアをスタートさせた。ちなみにギターもかなり上手かった!)、毎年へレスに行っていた私も、まだファニジョロの歌を聞いたことがなかった。

不安もあった。しかしドミンゴをよく知る俵さんが、「大沼さん、ドミンゴはいいものがやりたい、それだけや。そのドミンゴがファニジョロは間違いない言うんやから、信じてええんちゃうの。」というので、よし!と決断した。

日本到着。リハで初めてその歌を聞いて圧倒された。当たりも当たり、大当たりだった。これぞプラスエラ。プラスエラのぶっといカンテ。今も私の耳の中で彼の歌が聞こえている。

思い出話は尽きない。しかし、話より何より、あのカンテを聞いていただきたい。
そしてあのパルマ!この夏、ファニジョロとは幼馴染のミゲル・アンヘル・エレディアと
ファニジョロのパルマの素晴らしさを語りあったばかりだった。

-以下の3つをYouTubeにアップしたので、是非お聞きください。-

ソレア・ポル・ブレリア(2004年)

初来日の初々しいファニジョロと、深い井戸のようなディエゴ。


ソレア・ポル・ブレリア(2005年)


ディエゴがファニジョロにカンテソロの大役を渡した。プラスエラの若手が長老の前で歌う凄まじいソレア・ポル・ブレリア。


ブレリア(2005年)


なんとまあ、このギターとこのパルマ!ギターとパルマだけでこんな世界が生まれてしまうんだから、もう、言葉がない。 


 ファニジョロ。ありがとう。どうぞ安らかにお眠りください。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

大沼由紀 プロフィール

フラメンコ舞踊家。日本大学芸術学部卒業後、フラメンコに出会い佐藤佑子に師事。1992年渡西。 ラ・トナ、アナ・マリア・ロペス、アンヘリータ・ゴメス等に師事。約3年のスペイン生活の中、特にヘレスのフラメンコに強く惹かれ、現在の自身の舞踊スタイル、教授スタイルへと結びついている。99年、中野にエストゥディオ・ブレーニャを開設。カンテを愛し、フラメンコの真髄へと突き進むその真摯な姿勢と深いアルテでカリスマ的な人気を誇る。
関連記事
  1. 追悼 今も響くファニジョロのカンテ
    8月28日、ファニジョロが逝ってしまった。しばし呆然自失。その後大きな大きな悲し...
  2. 眼鏡作りが教えてくれた「緩ませる」という視点
    1年半くらい前だったか、ある日突然眼に痛みを感じ、それから眼の中で常に光が行った...
  3. 1日1時間の10年と1日10時間の1年
    庭に生えている草など取って、 ガラスの瓶にほおり込む。 適当にやっても何故かさま...
  4. 三位一体への最初の一歩~ブレーニャコンサートに寄せて~
    3年ぶりのブレーニャコンサートが、3月6日に無事終了した。生徒が出るという意味で...
  5. 音から踊りへ
    フラメンコ舞踊を習い始めたのが27歳と遅いスタートの私は、子供の頃からバレエをや...