飯塚真紀のスローライフ・フラメンコ

星を見るための一夜

3週間前からヘレスに戻ってます。

久しぶりの我が家。
やっぱり自宅は落ち着くね、
と思っていたら夜中0時ごろ
突然の停電!
ヘレス中が真っ暗に!

すぐにロウソクをつけて
屋上に上がって町を見渡すと
かなりの範囲で停電しているのが分かった。

後で新聞を読むと
ヘレスだけじゃなく、
アルコス デ ラ フロンテーラや
ブエルト デ サンタ マリアなど
ヘレス周辺の町でも停電していたらしい。

星がきれいだった。
ある新聞記事はこう書いていた。

タイトル
Una noche para ver las estrellas 
星を見るための一夜
A muchos les fastidiaría la película, la cena o la lectura de un libro, pero otros tantos pudieron contemplar durante cerca de una hora desde su balcón, el patio o, directamente desde la calle, el cielo, un cielo estrellado como hacía tiempo no se podía disfrutar en Jerez. Y todo gracias (o por culpa, según algunos) a un apagón, que la compañía Sevillana Endesa.....

(この停電は)映画を見たり、夕食をとったり、本を読んでいた人たちを困らせたでしょう。でも、他の多くの人たちにとってこの1時間近くの停電は、バルコニーから、中庭から、道ばたから、ここ最近のヘレスの町中では不可能だった、星空を堪能することに役立った。それは、全て『Sevillana Endesa カンパニー』がおこした停電のお陰(または、ある人たちにとっては停電のせい)。。。。。

私たちは、堪能した側。

ロウソクの灯りでフラメンコを弾くニコラ
DSCF2821.JPG
ベッドわきに、買ってからまだ一度も火をつけていなかったロウソクを置く
DSCF2827.JPG

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

飯塚真紀 プロフィール

スペイン在住20年(内へレスに17年)のスローライフ・フラメンカ。スペイン政府給付留学生、文化庁芸術在外研修生としてフラメンコを学びプロの踊り手 として活動を続けていたが、2005年「スローイズビューティフル」という本に出会い、踊り手としてのステージ活動を休止。その後は「スローフラメンコ」 と題してありのままの自己を尊重し受け入れるフラメンコをワークショップを通して紹介している。2007年ヘレスにて地域通貨グループ『Red de moneda local Zoquito』を立ち上げ、運営に携わる。予約制の自宅レストランでは、季節の有機野菜で和洋折衷なヘルシー料理を提供している。
関連記事
  1. 私が自殺する日が迫る!?
    うわあ、久しぶり! なんと、 5ヶ月振り。 そのうち3ヶ月は 日本に一時帰国。 ...
  2. 臆病者も変わるもんだね
    1996年当時、 スペインの首都、 マドリッドでの留学生活の続き。 私は午前中が...
  3. 私がいつも通路側の席を選ぶ理由がばれた
    1996年、 いよいよマドリッドでの フラメンコ長期留学がスタート! フラメンコ...
  4. ハポネサ留学記『今日も元気にフラメンコ』
    ヘレスの自宅の本棚には フラメンコ雑誌『パセオフラメンコ』のバックナンバーが ず...
  5. ネットがない時代の留学準備
    スペインへの留学を意識し始めてからの4年間、 お金を貯めること 情報を集めるこ...