飯塚真紀のスローライフ・フラメンコ

キャンペンガールのフェリア

またまた来ましたフェリアの時期が。

アンダルシアの各地で開かれる春祭り。
ヘレスはフェリア デ カバジョ(馬祭り)と呼ばれる。
th_DSCF3513.jpg

スペインに住み始めてすでに17年。
始めの10年くらいは毎日のように通っていたフェリアだけど、
(フェリアは1週間以上)
ここ数年は、以前のようなフェリアにかける情熱は衰えてしまい、
2回くらいがスローライフな私には適度のよう。

今年はブレリアを教えている生徒さんたちと
昼間のフェリアに行って来た。
(ちなみにフェリアは24時間オープンといっても過言ではない)
昼にしたのは、1人の生徒さんがひとつのカセータ
(小屋と訳されるけど、バルを伴った踊って食べる空間)
で夜9時から朝6時7時まで働くため。

大抵のカセータはセビジャーナスかルンバが
「んもうっ、うるさーい!」と叫びたくなる音量でかかっているけど、
ぽつぽつとイベントとしてブレリアのコンサートがあったりもする。

この日、別にブレリア探していたわけじゃあないんだけど、
行く先々で偶然コンサートに遭遇した。

ペーニャ セルニカロスのカセータで、アナ マリア ロペスの生徒さんたちが踊る。
th_DSCF3515.jpg

別のカセータで赤いネクタイした男性が踊る。
th_DSCF3553.jpg

これはまた別のカセータで
th_DSCF3557.jpg

カセータの外でブレリアを踊る女の子たち
th_DSCF3518.jpg

セビジャーナスを踊る子供たち
th_DSCF3519.jpg

子供だけじゃない、おじいさんもセビジャーナス踊るよ
th_DSCF3543.jpg

着物を着た日本人のご夫婦に遭遇、みんなの注目浴びてたよ
th_DSCF3541.jpg

おしゃれにお金をかけるのはやっぱり女性ね
th_DSCF3526.jpg

セビジャーナスの衣装にも流行がある。
毎年買い替える人もいるだろうけど、一般庶民には無理っす。
しかもこの大不況中、新しい衣装なんて買えません!オーダーなんて雲の上の上!
貧乏人はアクセサリーを変えたりして、数年前の衣装でがんばるのだ。
私のこの衣装も、バーゲンで買ったのがすでに10年前。
今年は背中のファスナーが閉まらず(とほほ、中年ですから)もうだめかと思ったけど、
結局友達が直してくれて、再び同じ衣装で登場。

こんなとき、スペインでよかったと思ったりする。
日本の社会では、流行追わないのって
女としてなってない、って感じされられるのは私だけではないでしょ?
みんな、どんどん新しいモデルの服を買うよね。
(服だけじゃないけどさ)
世間一般の意見、世論ってものに従うために、
いらなくても買わなきゃいけない気さえする。

私はだめなんだこれが。
子供のころから流行ってものが追えなかった。
だから、取り残されたように感じて落ち込んだりしてた。

こっちは、人の目をあんまり気にしない。
私は私、あなたはあなた。
10年前のバーゲン品でも,へっちゃらなんだ!

だから気取って、Tio Pepeのキャンペンガール顔でポーズ。
th_DSCF3510.jpg

ガールって、あんたもう44歳でしょうが!
いいの!いーの!
ここはヘレス、私がガールって言ったらガールなんですっ!


  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

飯塚真紀 プロフィール

スペイン在住20年(内へレスに17年)のスローライフ・フラメンカ。スペイン政府給付留学生、文化庁芸術在外研修生としてフラメンコを学びプロの踊り手 として活動を続けていたが、2005年「スローイズビューティフル」という本に出会い、踊り手としてのステージ活動を休止。その後は「スローフラメンコ」 と題してありのままの自己を尊重し受け入れるフラメンコをワークショップを通して紹介している。2007年ヘレスにて地域通貨グループ『Red de moneda local Zoquito』を立ち上げ、運営に携わる。予約制の自宅レストランでは、季節の有機野菜で和洋折衷なヘルシー料理を提供している。
関連記事
  1. 私が自殺する日が迫る!?
    うわあ、久しぶり! なんと、 5ヶ月振り。 そのうち3ヶ月は 日本に一時帰国。 ...
  2. 臆病者も変わるもんだね
    1996年当時、 スペインの首都、 マドリッドでの留学生活の続き。 私は午前中が...
  3. 私がいつも通路側の席を選ぶ理由がばれた
    1996年、 いよいよマドリッドでの フラメンコ長期留学がスタート! フラメンコ...
  4. ハポネサ留学記『今日も元気にフラメンコ』
    ヘレスの自宅の本棚には フラメンコ雑誌『パセオフラメンコ』のバックナンバーが ず...
  5. ネットがない時代の留学準備
    スペインへの留学を意識し始めてからの4年間、 お金を貯めること 情報を集めるこ...