飯塚真紀のスローライフ・フラメンコ

フラメンコ漬けの生活スタート

22歳だった私。
まだフラメンコのことを何もわかってはいなかったけれど、
母の死をきっかけにスペイン留学を決意。


お金と情報を集めなきゃ。

まず夜に日暮里のスペイン料理レストラン、
アルハンブラでウエイトレスのバイトを始める。
理由はもちろんフラメンコのショーが観られるから。

images.jpg

ここで週3回、日本人アーティストのすばらしいショーを
料理を運びながらも横目でちらちらと鑑賞できる日々。

フラメンコ雑誌『パセオフラメンコ』での雑用バイトにも応募し、
日中は高田の馬場の編集室で働かせてもらう。

母の看病で休んでいたフラメンコ教室も再開する。
でも、私のレベルのクラス(初級)は週に1回しかなかったので
もっと習えるように別の教室にも行くことにする。

そして、当時はまだまだめずらしかった
クルシージョ(短期クラス)にもかなり積極的に参加。
カンテクラスもやってみてたな。

フラメンコに始まりフラメンコに終わる
ひたすらフラメンコ中心の生活が始まった。

この留学準備期間
出版社『パセオ』には特にお世話になった。
だって、フラメンコ関係の資料が山積みの職場なんだもの!

y_cycle777-img600x450-1438908976wjlygz1195.jpg

休憩時間には本やバックナンバーなどを読みまくり
サンプルCDを聞きまくり、
フラメンコのコンサートにも仕事として行くことができたのだから。

日本にいながらも可能な限りフラメンコに触れているにつれて
だんだんとソレアとシギリージャの区別がつくようになり
自分がどんなフラメンコが好みなのかもわかってきた。

今思えば、
あのフラメンコに憧れきっていた留学前の時代は
純真そのものだった。

あのときの私にとって、
フラメンコは憧れで憧れで、焦がれて焦がれて
そしてついには『聖なるもの』にまで昇華していった。

先輩に
「あんまり深みにはまらない方があなたのためよ」
と忠告されたのを覚えている。

ああ、とってもかわいかったなあ当時の私。
もちろん、今の46歳な私もかわいいんだけどね、笑。
(あっこれってスローフラメンコの基本だからね。まずは自分に『オレ!』をあげるというスロフラの基本よ)

スペイン留学を決意したってことは
同時にプロになることを決意したってことでもあった。

「プロの踊り手になりたいんですけど、どうしたらいいでしょうか?」
とセビジャーナスの先生に唐突に質問して彼女をびっくりさせたっけ。

踊りををカルチャーセンターで始めたのが21歳。
体を動かすという意味では
バスケットボール、バレーボール、テニスなど
スポーツはやってきたけど
踊りについては全くの初心者。

何をどういう順番で学んでいったらいいのか
検討がつかなかったから先生に聞いたんだけど
教えてはもらえなかった、笑。

その教室の振り付けの順番
セビジャーナスの次にファンダンゴデウエルバ、そしてタンギージョ
っていうのは教えてもらえそうだったけれど、
私が聞きたかったのは順番じゃないのだ。

やっていくうちにだんだん上手くなってくるから
ってことなんでしょうけど。

私は、週1ペースでゆっくりやっていくのではなく、
3段ぬかしくらいに加速して学んでいきたかったから
フラメンコの近くにいられる環境を自分で作り始めたのだ。

情熱、お金、時間はみんなフラメンコに注いだ。
私の人生はフラメンコだけです。
そう言っていいくらいの生活がスタートした。

スペインに留学する4年くらい前のことだった。


※ヘレスでのスロフ生活や、スロフラメソッドを深めるためのお話などを無料メルマガ<スロフラ倶楽部通信>でお届けしています。ご興味ある方はこちらからお申込みください。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

飯塚真紀 プロフィール

スペイン在住20年(内へレスに17年)のスローライフ・フラメンカ。スペイン政府給付留学生、文化庁芸術在外研修生としてフラメンコを学びプロの踊り手 として活動を続けていたが、2005年「スローイズビューティフル」という本に出会い、踊り手としてのステージ活動を休止。その後は「スローフラメンコ」 と題してありのままの自己を尊重し受け入れるフラメンコをワークショップを通して紹介している。2007年ヘレスにて地域通貨グループ『Red de moneda local Zoquito』を立ち上げ、運営に携わる。予約制の自宅レストランでは、季節の有機野菜で和洋折衷なヘルシー料理を提供している。
関連記事
  1. 私が自殺する日が迫る!?
    うわあ、久しぶり! なんと、 5ヶ月振り。 そのうち3ヶ月は 日本に一時帰国。 ...
  2. 臆病者も変わるもんだね
    1996年当時、 スペインの首都、 マドリッドでの留学生活の続き。 私は午前中が...
  3. 私がいつも通路側の席を選ぶ理由がばれた
    1996年、 いよいよマドリッドでの フラメンコ長期留学がスタート! フラメンコ...
  4. ハポネサ留学記『今日も元気にフラメンコ』
    ヘレスの自宅の本棚には フラメンコ雑誌『パセオフラメンコ』のバックナンバーが ず...
  5. ネットがない時代の留学準備
    スペインへの留学を意識し始めてからの4年間、 お金を貯めること 情報を集めるこ...