飯塚真紀のスローライフ・フラメンコ

私が自殺する日が迫る!?

うわあ、久しぶり!

なんと、
5ヶ月振り。

そのうち3ヶ月は
日本に一時帰国。

9月半ばから
12月半ば。

こんなに長く滞在したのは
2005年以来。

そして
ヘレスに帰ってから
早くも1ヶ月以上。

一体、
何してたん?



日本では、

・フィエスタ用のブレリアクラス
『ブレリアなんて怖くない』とか

・フラメンコのスピリットに特化した
『感情解放!フラメンコセラピー』

とかやってた。

仕事としてはね。

15027863_10211423419689316_3461464269132083334_n.jpg

あとは、

興味あるいろんなところに顔を出して
フラメンコ以外の業界にいる
人たちとたくさん知り合いになった。

しかし、
動きすぎてさすがに疲れてしまい、

3ヶ月の滞在で
2回も風邪ひいた。

さて本題!

今日言いたいことはですね、これ。

『新・真紀になります!』

英語で言うと
『ニュー・Maki』

スペイン語で言うと
『Maki・ヌエバ』

(しつこい?。。。ですよね)

去年の2016年は
訳あってサナギになっていたのです。

そして今年の2017年は
蝶になるんです。

004.gif

今なりかけ中です。

脱げかけてます、笑。

2月17日が完全脱皮予定日です。

48歳になるんです。

前にもこのブログに書いたかと思いますが、

読んでた人でさえも忘れるくらい前に
書きました、笑。

理由はすごくプライベートな
私の思い込みからです。

2月17日、
私が48歳になる日は
母よりも年上になる記念日なんです。

母が死んでから
47歳までは生きる!

と思っていました。

というのも、

実は
私も死ぬかも。。。
って漠然と思っていたりしたのです。

母の母も
若くして他界していて、

若死には遺伝かも。。。
っていう不安があったんです。

そうしたら今、
48歳を目前にして

私、まだ生きてる!

だから
48歳からは
私は母より年上になります。

すごーい!!

私にとっては
奇跡です!

当時あんなに年上だったお母さんが
年下になるなんて
全く不思議な感覚です。

だからこの日は、
誕生日以上の
記念日にします。

そして、
今までの私を
殺そうと思います。

自殺です。
ははは。(^◇^)。

さらに死と同時に、
再び生まれることにします。

Renacer レナセール
スペイン語ではこう言います。

nacer_de_nuevo.jpg

イエス・キリストがやった
あの神業ですよ!笑。

臨死体験とかせずに
痛い思いせずして
なんとキリストの境地です。

冗談ですよ、
笑ってね。

とにかく、
全部、いちから学び直す
ことにします。

今までの価値観とかは
一緒に葬ります。

ということは、

赤ちゃんのように
失敗を繰り返すわけですね。

おしっこ漏らしたりして(ミスして)
人に迷惑もかけるかもしれません。

とばっちり受ける羽目になる未来の方へ、

今の『旧・飯塚真紀』の私から
もう先に謝っておきます。

48歳のおばさん顔した子供なのだ
大目にみてやってください。

または、
これから私には
近づくをやめるのもありですね、笑。

「お母さん、私はもうすぐ
あなたのお姉さんになります」

新しい自分、
とても楽しみです!

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

飯塚真紀 プロフィール

スペイン在住20年(内へレスに17年)のスローライフ・フラメンカ。スペイン政府給付留学生、文化庁芸術在外研修生としてフラメンコを学びプロの踊り手 として活動を続けていたが、2005年「スローイズビューティフル」という本に出会い、踊り手としてのステージ活動を休止。その後は「スローフラメンコ」 と題してありのままの自己を尊重し受け入れるフラメンコをワークショップを通して紹介している。2007年ヘレスにて地域通貨グループ『Red de moneda local Zoquito』を立ち上げ、運営に携わる。予約制の自宅レストランでは、季節の有機野菜で和洋折衷なヘルシー料理を提供している。
関連記事
  1. 私が自殺する日が迫る!?
    うわあ、久しぶり! なんと、 5ヶ月振り。 そのうち3ヶ月は 日本に一時帰国。 ...
  2. 臆病者も変わるもんだね
    1996年当時、 スペインの首都、 マドリッドでの留学生活の続き。 私は午前中が...
  3. 私がいつも通路側の席を選ぶ理由がばれた
    1996年、 いよいよマドリッドでの フラメンコ長期留学がスタート! フラメンコ...
  4. ハポネサ留学記『今日も元気にフラメンコ』
    ヘレスの自宅の本棚には フラメンコ雑誌『パセオフラメンコ』のバックナンバーが ず...
  5. ネットがない時代の留学準備
    スペインへの留学を意識し始めてからの4年間、 お金を貯めること 情報を集めるこ...