飯塚真紀のスローライフ・フラメンコ

自分のビデオ見ても落ち込まなくなった私の奇跡。それはなぜ?


こんにちは!

またまた、
あまりにも久しぶり過ぎてしまって

思わず、

きゃあああああああああ。


と叫んでしまいたくなるほどです。


私のこと覚えていらっしゃいます?苦笑。

a.jpg


前回の記事は
『私が自殺する日が迫る』

理由はすごくプライベートな
私の思い込みからです。
2月17日、
私が48歳になる日は
母よりも年上になる記念日なんです。
母が死んでから
47歳までは生きる!
と思っていました。

続きはこちらから(なぜか自動で飛ばないので、物好きな方はコピペして読んでください、汗。
http://flamenco-sitio.com/slowlife/2017/01/-9-12-2005.html


そして、

(自称)
もうとっくに自殺して
生まれ変わって生活してます。


自殺=生まれ変わり

の日は2月18日でした。

以下のリンク先に

その自殺=生まれ変わり
記念日にパーティーやると宣言したものの
不安があったことを書いた記事載ってます。『48歳誕生日【死んで生まれ変わった記念日】』

http://ameblo.jp/slowflamenco/entry-12249747421.html


*フラメンコ未経験者でもわかる内容のブログを
アメブロで始めたので、そこに書きました。

いつもだったらやらない

自分の誕生日パーティーというのを
自宅で開きました。

スペイン人は大人になっても
自分の誕生パーティーを友だちを呼んで開きます。

私はほぼ開かないので
誕生日の近い友だちにはいつも言われてました。

「Maki、自分で開かないなら私との合同パーティーにしない?」

自分で自分を祝ってもらうパーティーするのって
どうも気恥ずかしくって、

プレゼント頂戴って催促してるみたいだし。

いつも

「やめとく」

って断っていました。

で、

「だけど48歳の誕生日だけは特別だからパーティーやるからね!」

と2年くらい前から宣言していました。


パーティーの様子の続記事はこちらです。『48歳誕生日ホームフラメンコパーティー』
http://ameblo.jp/slowflamenco/entry-12251021764.html

そして、そのパーティーでスピーチした時の記事とビデオ載せました。

こちらの『友達を脇役にした私の誕生パーティー*スペイン語スピーチ全訳付き』記事
http://ameblo.jp/slowflamenco/entry-12252517017.html


ヘレスの自宅のテラスでとったスピーチのビデオはこちらから(3分20秒)
1分40秒くらいから、私はパーティーの主役としてブレリア一振り踊ってます。
(すみません、なぜかリンク先に飛べません。奇特な方はコピペしてください。)
https://www.facebook.com/marianna.zungri/videos/10210379745264725


322358737359_n.jpg

あれから約4ヶ月経って、

今改めてもう1度見返してみて、、

自分で自分に拍手したくなりました。

よくやったわ、私!

ってね。ははは。

こうやって思えるのって
私にとってはものすごい自己変化なんです。

以前の私は、

怖がり
赤面症
人見知り
人にどう思われるのかが気になってばかり
八方美人

でしたから。


ダメな自分が
いやでいやで

目立たないように隠れるか
作り笑顔をして
自分を演じてました。


だから、

自分のビデオなんか見たくないし、

見ようものなら
ずっとダメだしして

ズドーンと落ち込む。。。。。

その繰り返しをしていた私。

それが!

今、自分のビデオ見て

「私、悪くないじゃないのさ!」

「結構いけてるじゃない!」

と思えるっていうのは
奇跡に近いのです。

99749538292958_n.jpg

何が変わったのか?

まず、

私を作らなくなりました。

そのために、
素のままを肯定する勇気をつけて行きました。


そして、

できないこと探し上手から
できること探し上手に変わりました。

そのために、
毎日ある小さな練習を繰り返しました。


日常を楽しむことにかけては
大大天才の南スペイン人たちを毎日観察し、

『オレ!』

の言葉をどう使っているのか?


つまり、
フラメンコの踊りや歌やギター表現の以前に

どういう文化の人たちが
『オレ!(フラメンコ)』を使っているのだろう?


南スペイン人の

あり方、
考え方、
生き方、
コミュニケーションの仕方を

学んだのです。


私はスペイン在住21年ですが、
ここ10年くらいは踊り自体じゃなくて、

普通の人たちの観察と
その観察で出てきたアイディアを
自分に試してみる

を繰り返してきました。

そして、
ついに今年の1月より

『踊らないフラメンコ美人コーチング』

と言うコーチングのオリジナルメソットを
お仕事にすることを始めたのです。

14900413_10211370516406767_4693567768991501487_n.jpg


この仕事を始めたのは、
私が生まれ変わったしるしの1つです。

私は

演じるのではなく
ダメな自分自身をそのまんま大承認することこそ
フラメンコの原点だと確信し、

そのメソッドを公開していくことに
恐れなくなったです。


フラメンコ的なマインドがわからずに

長く踊っているのに
上達に行き詰まりを感じる人や
フラメンコ始めたばかりだけど、上達に遠回りしたくない人には

特におすすめなメソッドです。


このコーチングって実際どんなことするの?

などは詳しくはまた書きますねえ。


次回が
半年後になってしまわないといいのですが、笑。

menorca.jpg

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

飯塚真紀 プロフィール

スペイン在住20年(内へレスに17年)のスローライフ・フラメンカ。スペイン政府給付留学生、文化庁芸術在外研修生としてフラメンコを学びプロの踊り手 として活動を続けていたが、2005年「スローイズビューティフル」という本に出会い、踊り手としてのステージ活動を休止。その後は「スローフラメンコ」 と題してありのままの自己を尊重し受け入れるフラメンコをワークショップを通して紹介している。2007年ヘレスにて地域通貨グループ『Red de moneda local Zoquito』を立ち上げ、運営に携わる。予約制の自宅レストランでは、季節の有機野菜で和洋折衷なヘルシー料理を提供している。
関連記事
  1. フィエスタのブレリアが苦手と悩んでいるあなたへ朗報!
    フィエスタのブレリアが恐いと思っているあなたへ。 こんにちは! ブレリア発祥地へ...
  2. 自分のビデオ見ても落ち込まなくなった私の奇跡。それはなぜ?
    こんにちは! またまた、 あまりにも久しぶり過ぎてしまって 思わず、 きゃああ...
  3. 私が自殺する日が迫る!?
    うわあ、久しぶり! なんと、 5ヶ月振り。 そのうち3ヶ月は 日本に一時帰国。 ...
  4. 臆病者も変わるもんだね
    1996年当時、 スペインの首都、 マドリッドでの留学生活の続き。 私は午前中が...
  5. 私がいつも通路側の席を選ぶ理由がばれた
    1996年、 いよいよマドリッドでの フラメンコ長期留学がスタート! フラメンコ...