スローフラメンコは、人との、自然との繋がりを重視して、「我」が「他」と共に楽しむ生活アート。 スローフラメンコは、エゴではなくエコ。そしてそのコンパスは、「わ」(和/輪/環/話)とえん」(縁/円)なのだ。

記事一覧

カルナバル デ ヘレス

| コメント(0)

数年前から、ヘレスも2月のカーニバルが復活。
今年は2月3日から10日だった。
カデイスが本場でヘレスは比較にならないほどの規模だけど、
ヘレスもそれなりにがんばりました!

ビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=WgNMaZn-dSE

懐かしい今後のスローフラメンコ

| コメント(0)

かなり遅いけれども、

新年明けましておめでとうございます!

今年の抱負はいくつかあるけれど
そのひとつは、

片付ける!!

スペイン生活も16年ともなると
始めはスーツケーツ1つ分だった荷物が
ばっちり、家一軒分になってしまった。

12月のヘレスは『サンボンバ』だが

| コメント(0)

ヘレスにサンボンバの季節が来て
そしてもう過ぎてしまった。


サンボンバとは、
陶器のかめに皮を張った楽器。中央に棒が差し込んであり、それをさすって音を出す。
358px-Zambomba-PeñaAmigosCañizo-Jerez-P1010344.JPG
クリスマスの時期のパーテイーで使われて、そのパーテイー自体をサンボンバと呼んだりもする。
12月1日から12月24日クリスマスイブまでに町中で頻繁に開かれる。
たき火を囲んで、家族、友達、隣近所の人たちが集まって
サンボンバ、ギター、タンバリン、パルマ、アニス酒の瓶などを鳴らしてリズムをとり
数あるクリスマスソングをみんなで合唱する。

このお祭り、
なんでもアンダルシアのカデイス県が一番盛んらしい。
ヘレスは12月に入るとすぐに、昼も夜も、夜中も!このお祭りだらけになる。
子供かrお年寄まで、火を囲んで大合唱!
その間、ペステイーニョと呼ばれるクリスマスのお菓子をつまみ、
甘いシェリー酒やアルコール度の高いアニス酒を飲む。

20100712_ai.jpg


買い物があるから休みます?????

| コメント(0)

あっ!という間に前回からもう1ヶ月。。。

ヘレスのゴミ問題は、記事を書いた数日後にとりあえず終結しました。
今ヘレスのゴミ置き場は普通の状態です。

ゴミのコンテナを燃やしたりする、
ちょっと過激な怒りのアクションが二晩続き、
結局清掃会社の労働者たちがが勝ちました。
125名の解雇予定がキャンセルされ、解雇者は0名。
給料の削減も最小限に抑えられたとのこと。

ゴミに暮らすヘレス市民

| コメント(0)

今のヘレス。
basura.jpg

星を見るための一夜

| コメント(2)

3週間前からヘレスに戻ってます。

久しぶりの我が家。
やっぱり自宅は落ち着くね、
と思っていたら夜中0時ごろ
突然の停電!
ヘレス中が真っ暗に!

血のように赤いフラメンコ的

| コメント(3)

メノルカ島滞在、残すところあと数日!

P1070173.jpg

ここに来た一番の目的は
魚を獲るとこ。
魚釣りじゃなくって、魚獲り。

キリギリスになれるのか?

| コメント(2)

Hola!
メノルカ島からこんにちは!

今年の夏は、ほとんどヘレスにいなかったスローフラメンカ(スローフラメンコな女)MAKIです。
カディス県のべへール デ フロンテーラから
ここメノルカ島に来て約3週間が経つ。
この島は、地中海に浮かぶバレアレス諸島の1つで、
海がものすごくきれい!
トータルで1ヵ月半というながーいバケーション中。

P1070043.jpg

アンダルシア人はキリギリスだ!

| コメント(0)

今、ヘレスの町から車で約1時間の、小さな村に来ている。
べへール デ ラ フロンテーラという村だ。
友達の犬と猫、そして庭の植物たちの面倒をみる代わりに、
彼女の家で、のんびりさせてもらうという条件。

ヘレスよりももっと田舎に住んでみたいなあ、
なんて漠然と思ったりしていたので
このオファーには即OKの返事をし
今、念願の田舎暮らしをかじっているというわけ。

デモまでフラメンコ?

| コメント(0)

暑中お見舞い申し上げます!

あー、懐かしい。何年か振りにこのフレーズ書きました。
日本もかなり暑いって聞きました。
蒸し暑いから、クーラーをガンガンかけたくなるでしょうね。
こっちは乾燥してるから、日陰はわりと耐えられます。