スローフラメンコは、人との、自然との繋がりを重視して、「我」が「他」と共に楽しむ生活アート。 スローフラメンコは、エゴではなくエコ。そしてそのコンパスは、「わ」(和/輪/環/話)とえん」(縁/円)なのだ。

記事一覧

憤慨のセビジャーナス

| コメント(0)

ヘレスは今週末から『フェリア デ カバジョ(馬祭り)』と呼ばれる春のお祭りが始まる。
有名なセビージャの春祭りのちっちゃい版だけど、
1週間以上、毎日ほぼ24時間セビジャーナスなんだよ(ちょっと大袈裟か?)。

そして数日前、アンダルシア人に」絶対うけるセビジャーナスの歌がヘレスの町から発信された。

題して『Sevillanas indignadas (憤慨のセビジャーナス)』

今日のヘレスは曇りときどき雨。

冬に雨が降るのが普通なのだけれど、今年の冬はほどんど降らず、この夏は深刻な水不足になりそう。
今日のような春の雨は、降ったりやんだりの繰り返しで、まとまった雨量は期待出来ないから。

なぜ、私は水不足の心配をするのか?

「わ」と「えん」のコンパス

| コメント(0)

1996年に、フラメンコ留学でスペインに来てから15年が過ぎ、南スペインのヘレス デ ラ フロンテーラという町に落ち着いてからは13年。フラメンコの踊りを練習しなくなってからも、すでに7年になる。


今私は、43歳。「Soy slow-flamenca (ソイ スローフラメンカ)」

スローフラメンカ?スローフラメンコな女?

それっていったい何?