ようこそフラメンコの世界へ |フラメンコ・シティオ

ようこそフラメンコの世界へ

フラメンコ・バイレのイメージ

ようこそ! フラメンコの世界へ!!

燃えたぎる情熱をかき鳴らすギター、
大地の底から突き上げる魂の叫び、カンテ(フラメンコの歌)、
力強く、艶やかに舞うバイレ(踊り)。

あなたは、フラメンコの何に惹かれて、
このフラメンコ音楽情報サイト、フラメンコ・シティオに訪れたのでしょうか。

日本でフラメンコと言えば、、
多くの人がまず連想するのは、あのパッショネイトな踊りかもしれません。

スペインでは、フラメンコと言えば、まずその要にあるのはカンテ(フラメンコの歌)です。
すべての伝承芸能がそうであるように、
フラメンコもまたカンテ(フラメンコの歌)から生まれました。
そう、フラメンコは、音楽なのです。

フラメンコは、赤裸々に人間感情を表現します。
人間の喜怒哀楽のすべてを
フラメンコは吐露します。
それは、人間存在のすべてを肯定する高らかな人間讃歌です。

フラメンコは、私たちに訴えます。
もっと叫べ、
もっと怒れ、
腹の底から笑え、
肝を据えて生き抜けと。

流浪の民ヒターノ(ジプシー・ロマ)と
アンダルシアの文化に育まれたフラメンコですが、
その根幹は、
虐げたれたヒターノの生活の中で、歌い踊り継がれてきたものです。

迫害と絶望を生き抜いてきたヒターノたちは、
追いつめられたぎりぎりの生活の中で、
やり場のない苦悩を
それでもなお燃えたぎる命の喜びを
フラメンコに託しました。

そんなフラメンコには、
聴く者見る者の心臓を鷲掴みするような
強烈なパッションがあります。

フラメンコは語りかけます。
もっと自分らしく生きろと。
フラメンコは囁きます。
もっと叫んで、もがいていいのだと。
もっと自分の感情に寄り添えと。

リズムも音階も
頭で理解しようとすると、
フラメンコは日本人にとってかなり難解です。

でもそんことはまったく関係ありません。
ただ、感じれば良いのです。
耳を澄ましてください。
目を見開いてください。
あなたの琴線に、きっと何かが響きます。

ようこそ、フラメンコの世界へ。
まっさらなあなたに乾杯!
あるがままのあなたにオレ!

関連記事
  1. ようこそフラメンコの世界へ
    ようこそ! フラメンコの世界へ!! 燃えたぎる情熱をかき鳴らすギター、 大地の底...
  2. フラメンコの曲形式
    フラメンコの曲は、そのコンパス(リズム)と使われる音階によって約20前後の主要な...
  3. フラメンコあれこれ
    フラメンコって何? フラメンコ、フラメンコと言うけれど、フラメンコって一体なんで...