記事一覧


20170725_100_05.jpg 大人の街、赤坂にあるノヴェンバー・イレブンス。
新宿エル・フラメンコ最後のギタリストだった、グラナダ出身のアルベルト・ロペスのライブ「Siento」に行った。

スペシャルゲストとして、小池朱美さんがパリージョで1曲参加、後半はアルベルトと同い年の徳永健太郎さんとのデュオで大いに盛り上がった。

力強くも美しいトレモロといい、運指の性格さも昨年9月に観た時よりもはるかに進化しているように感じた。

ソロで地元グラナダのグラナイーナが素晴らしいのはもちろんのことだが、デュオのパコ・デ・ルシアのZyryabでの二人のユニゾンは鳥肌ものだった。
今後の活動も目が離せない。

20170708_000_15.jpg恵比寿サラ・アンダルーサにて、"LOS VATOS los jovenes flamencos" と題されたライブへ行った。

"LOS VATOS" は、2015年奨励賞を受賞し、この春から森田志保さんのトルニージョにて講師を務める川松冬花さんと、2013年奨励賞を受賞、先日行われたエミリオ・マジャ企画の「日本とフラメンコ」オーディションで1位だった瀬戸口琴葉さんとの企画のライブた。

全員が20代という若いメンバーながらも、みな幼い頃からフラメンコを始めた実力派揃い。

ギターは2010年奨励賞を受賞した徳永康次郎さん、歌は先日のTOKYO VIVA LOS VILLARES 2017 en 東京で大抜擢された実力派 小松美保さんであることも見逃せない。

【踊り】川松冬花、瀬戸口琴葉、和泉冴英香、中原潤、山本玲、脇川愛
【歌】小松美保
【ギター】徳永康次郎

20170701a.jpg 「フラメンコ・シティオ夏祭り2017」

中野スペースリンクにて、盛大に行われました。

夏祭り2017年概要はこちら→
http://flamenco-sitio.com/springfes/2017.html

特にシティオ塾の講師陣のトークが大変興味深かった。
シティオ塾とは→
http://flamenco-sitio.com/sj/

イベントの様子の写真をアップします。

2017年5月3日 立川フラメンコ

| コメント(0)

20170503_400_01.jpg 堀江朋子さんを中心に、14年にわたって立川南口すずらん通り商店街で行われている「立川フラメンコ」を今年も観に行った。
立川フラメンコのホームページ

メインストリートすずらん通りでの名物500人のセビジャーナスをはじめ、通称「やぐら」と呼ばれるすずらんステージでは、学生フラメンコFLESPON、「堀江朋子と仲間たち」などが行われた。
今年のメンバーは飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の三枝雄輔さん、朋子さんがたっての願いだったというギター鈴木尚さん、バイレ大塚友美さんご夫妻が出演された。

その他、駐車場の屋上を利用したカセタ、大型商業施設アレアレアのラーメンスクエア、前夜祭ではJRAウインズでのステージを観た。

20170428_100_02.jpg 京都をベースに活躍しているバイラオール SIROCOさんが立ち上げたプロジェクト"TOKYO VIVA"。

「日本のフラメンコを世界へ発信する」というコンセントで、TOKYO という洗練されたクールなイメージと、VIVA というラテンの情熱的なイメージを組み合わせて、世界へと打ち出していく姿を表現したという。

日本唯一のフラメンコ音楽専門ショップ「アクースティカ」と組んで、西日暮里アルハムブラにて5日間連続で行われた「TOKYO VIVA×ACUSTICA LOS VILLARES 2017 en 東京」5日目の様子です。

1日目の様子はこちら
2日目の様子はこちら
3日目の様子はこちら
4日目の様子はこちら

【踊り】ファン・ホセ・ビジャール、奥野裕貴子、田村陽子、福山奈穂美、松島かすみ
【歌】瀧本正信、小松美保
【ギター】徳永健太郎、徳永康次郎
【パルマ】SIROCO

20170427_100_01.jpg 京都をベースに活躍しているバイラオール SIROCOさんが立ち上げたプロジェクト"TOKYO VIVA"。

「日本のフラメンコを世界へ発信する」というコンセントで、TOKYO という洗練されたクールなイメージと、VIVA というラテンの情熱的なイメージを組み合わせて、世界へと打ち出していく姿を表現したという。

日本唯一のフラメンコ音楽専門ショップ「アクースティカ」と組んで、西日暮里アルハムブラにて5日間連続で行われた「TOKYO VIVA×ACUSTICA LOS VILLARES 2017 en 東京」4日目の様子です。

1日目の様子はこちら
2日目の様子はこちら
3日目の様子はこちら
5日目の様子はこちら


【踊り】ファン・ホセ・ビジャール、石川慶子、今枝友加、太田マキ、ブラシェ小夜音
【歌】川島桂子、水落麻里
【ギター】徳永健太郎。徳永康次郎
【パルマ】三枝雄輔

20170426_100_01.jpg 京都をベースに活躍しているバイラオール SIROCOさんが立ち上げたプロジェクト"TOKYO VIVA"。

「日本のフラメンコを世界へ発信する」というコンセントで、TOKYO という洗練されたクールなイメージと、VIVA というラテンの情熱的なイメージを組み合わせて、世界へと打ち出していく姿を表現したという。

日本唯一のフラメンコ音楽専門ショップ「アクースティカ」と組んで、西日暮里アルハムブラにて5日間連続で行われた「TOKYO VIVA×ACUSTICA LOS VILLARES 2017 en 東京」3日目の様子です。

1日目の様子はこちら
2日目の様子はこちら
4日目の様子はこちら
5日目の様子はこちら


【踊り】ファン・ホセ・ビジャール、浅見純子、小林泰子、正木清香、松彩果
【歌】今枝友加、小松美保
【ギター】徳永健太郎、徳永康次郎
【パルマ】SIROCO

また、この日は先日一大旋風を巻き起こした、ガルロチ公演で来日中のラ・ルピ&アルフォンソ・ロサ グループやイベリア招聘のイバンらが、公演が休みだったため観に来ていた。
フィンデフィエスタでルピが踊ると、アルハムブラでは聞いたことのないような歓声が上がった。

20170425_100_01.jpg  京都をベースに活躍しているバイラオール SIROCOさんが立ち上げたプロジェクト"TOKYO VIVA"。

「日本のフラメンコを世界へ発信する」というコンセントで、TOKYO という洗練されたクールなイメージと、VIVA というラテンの情熱的なイメージを組み合わせて、世界へと打ち出していく姿を表現したという。

日本唯一のフラメンコ音楽専門ショップ「アクースティカ」と組んで、西日暮里アルハムブラにて5日間連続で行われた「TOKYO VIVA×ACUSTICA LOS VILLARES 2017 en 東京」2日目の様子です。

1日目の様子はこちら
3日目の様子はこちら
4日目の様子はこちら
5日目の様子はこちら


【踊り】ファン・ホセ・ビジャール、アルマフラメンカ(三枝雄輔&SIROCO)、徳田志帆、屋良有子
【歌】川島桂子、小松美保
【ギター】徳永健太郎、徳永康次郎

20170424_100_27.jpg 京都をベースに活躍しているバイラオール SIROCOさんが立ち上げたプロジェクト"TOKYO VIVA"。

「日本のフラメンコを世界へ発信する」というコンセントで、TOKYO という洗練されたクールなイメージと、VIVA というラテンの情熱的なイメージを組み合わせて、世界へと打ち出していく姿を表現したという。

日本唯一のフラメンコ音楽専門ショップ「アクースティカ」と組んで、西日暮里アルハムブラにて5日間連続で行われた「TOKYO VIVA×ACUSTICA LOS VILLARES 2017 en 東京」1日目の様子です。

【踊り】ファン・ホセ・ビジャール、影山奈緒子、梶山彩沙、小谷野ひろし、篠田三枝
【歌】阿部真、小松美保
【ギター】徳永健太郎、徳永康次郎
【パルマ】SIROCO

2日目の様子はこちら
3日目の様子はこちら
4日目の様子はこちら
5日目の様子はこちら

今年の7月にグラナダで文化週間「日本とフラメンコ」が開催される。
このイベントに出演する日本人のプロのフラメンコダンサー8名の選抜オーディションが、グラナダ出身のギタリスト エミリオ・マジャの企画によって行われた。

オーディションは西日暮里アルハムブラにて4月13日、14日の2日間に渡って行われた。

【審査員】アントニオ・アロンソ、ベニート・ガルシア、パブロ・セルバンテス、ロシオ・ロメーロ、松本良
【ギター】エミリオ・マジャ、フェルミン・ケロル
【歌】マヌエル・デ・ラ・マレーナ、エル・プラテアオ
【パルマ】稲田進、三枝雄輔