川尻敏晴の夜ごと酔いどれタブラオ巡り

2014年2月11日 四谷区民ホール

国内だけで200万部以上売り上げた『話を聞かない男、地図が読めない女』という本がある。
その本によると「アイオワ州立大学の心理学のカミラ・ベンボウ教授は100万人以上の少年少女の脳をスキャンして空間能力を調べた。その結果、男女差は4歳にしてすでに顕著で、女の子は頭の中でものを見るとき、二次元でとらえるのが得意だが、男の子はそこに奥行きを加えて立体的に見ることができる。」という。

今日はそんな男性脳の特徴である、空間能力にとても秀でた篠田三枝さんのフラメンコ教室発表会へ行った。

20140211a.jpg1部の後半からの観戦だったが、2階席で上から眺めていたので良く見えたのだが、群舞での一人一人の配置、ステージの使い方がとても素晴らしい。
統一感のある衣装と、一人の先生の教室でよくぞここまでという曲種の多さで、飽きさせないプログラム構成だったのも良かった。

また通常のプログラムとは別に、演目ごとに先生自ら書かれたメンバー紹介があって、一例を挙げると「8、アレグリアス キュートな衣装でキュートな仲良し三人。お互いに良くなるためにアイデアを言い合ったり誉め合ったり。こういう友達がいるのもフラメンコが上手くなる要素です。一生の素敵な友ですね。」というように愛情あふれた解説がほのぼのとさせてくれた。

ソロでタブラオにも出演している友人の福士美帆さんは、1部のアルボレアは観れなかったが、2部のソレアでは存在感ある安定した踊りが良かった。

ラストは篠田三枝さんのソロ。
キレもあって、アイレもあるし、何よりも構成がとても凝っていて、カンテの有田さんと一緒のハケが恰好良かった。
20140211b.jpg
【歌】有田圭輔, 井上泉
【ギター】長谷川暖, 田中秀和

【リンク】
篠田三枝フラメンコ教室
"篠田三枝(フラメンコダンサー)"の日々
有田圭輔 ~悠々として急げ~
井上泉 2014年日記
長谷川 暖 - livedoor Blog(ブログ)

写真は終演後の福士美帆さん、ロビーにて

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

川尻敏晴 プロフィール

6歳よりクラシックギターを学ぶが、長く伸びた鼻を中学の時にパコ・デ・ルシア に折られる。以来フラメンコは聴くものだと心に決める。数年前のある日、生の音に触れたい気持ちから一大決心して、独りタブラオの扉を叩く。初めて観た俵英三さんの伴奏による瀧本正信さんのカンテライブにいたく感動し、狂ったようにタブラオ通いが始まる。 アーティストと直に触れることができるタブラオこそ、パーソナリティも重要なフラメンコの真骨頂だと考えている。自身は近所の仲間とオヤジバンドを結成し、精力的にライブ活動を行っている。ベースを担当。本職は某IT企業のサラリーマン。
関連記事
  1. 【番外編】 PARCO フラメンコフェスティバル
    超一流の舞台をプロデュースするパルコがお送りする "flamenco festi...
  2. 【番外編】アルティスタが道案内する「フラメンコのもう一歩奥へ」
    ツキイチで開催されている日本唯一のフラメンコ音楽専門店【アクースティカ|ACUS...
  3. 【番外編】2014年5月6日 立川フラメンコ
    堀江朋子さんを中心に12年にわたって立川南口すずらん通り商店街で行われている「立...
  4. 【番外編】サラ・アンダルーサ Pre フラメンコ・フェスティバル
     ゴールデンウィークに行われる、日本スペイン交流400周年記念祭 特別公演「第3...
  5. 2014年2月11日 四谷区民ホール
    国内だけで200万部以上売り上げた『話を聞かない男、地図が読めない女』という本が...