川尻敏晴の夜ごと酔いどれタブラオ巡り

2014年6月5日 カサ・デ・エスペランサ

IMG_3547(1).jpgただいま全国ツアー展開中のALMA FLAMENCAの二人を迎えての特別企画のエスペランサ。
踊り手5人、歌い手2人の豪華バージョン

【踊り】板倉匠, 大塚歩, 押野由起子, ALMA FLAMENCA(SIROCO, 三枝雄輔)
【歌】川島桂子, 有田圭輔
【ギター】金田豊

大塚歩さんは、気迫がこもったタラントとアイレたっぷりのアレグリアス。

オッシーの愛称でみんなに愛されている押野由起子さんはソロのグアヒーラと板倉匠さんとのパレハでタンゴ・デ・マラガ。
これが実に妖艶で素晴らしかった。絶対にまた観たい。

昨年は画家としても活躍している池森暢昌さんと3人だったALMA FLAMENCAは、再びSIROCOさんと三枝雄輔さんの2人になりパワーアップして戻ってきた。パレハでアレグリアスとソレア。
息がピッタリで格好いい。いまフラメンコ界で最も熱い二人ではなかろうか。

20140605a.jpg
大塚歩さん
20140605b.jpg
押野由起子さん
20140605c.jpg
板倉匠さんと押野由起子さん
20140605d.jpg
板倉匠さんと押野由起子さん
20140605e.jpg
SIROCOさん
20140605g.jpg
三枝雄輔さん


【リンク】
Luna Azul 三木聖子・板倉匠フラメンコ教室
ALMA FLAMENCA
48CANTA - Keiko Kawashima 川島桂子

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

川尻敏晴 プロフィール

6歳よりクラシックギターを学ぶが、長く伸びた鼻を中学の時にパコ・デ・ルシア に折られる。以来フラメンコは聴くものだと心に決める。数年前のある日、生の音に触れたい気持ちから一大決心して、独りタブラオの扉を叩く。初めて観た俵英三さんの伴奏による瀧本正信さんのカンテライブにいたく感動し、狂ったようにタブラオ通いが始まる。 アーティストと直に触れることができるタブラオこそ、パーソナリティも重要なフラメンコの真骨頂だと考えている。自身は近所の仲間とオヤジバンドを結成し、精力的にライブ活動を行っている。ベースを担当。本職は某IT企業のサラリーマン。
関連記事
  1. 2017年7月25日 ノヴェンバー・イレブンス
     大人の街、赤坂にあるノヴェンバー・イレブンス。 新宿エル・フラメンコ最後のギタ...
  2. 2017年7月8日 LOS VATOS en サラ・アンダルーサ
    恵比寿サラ・アンダルーサにて、"LOS VATOS los jovenes fl...
  3. 2017年4月28日 LOS VILLARES 2017 en 東京5日目
     京都をベースに活躍しているバイラオール SIROCOさんが立ち上げたプロジェク...
  4. 2017年4月27日 LOS VILLARES 2017 en 東京4日目
     京都をベースに活躍しているバイラオール SIROCOさんが立ち上げたプロジェク...
  5. 2017年4月26日 LOS VILLARES 2017 en 東京3日目
     京都をベースに活躍しているバイラオール SIROCOさんが立ち上げたプロジェク...