川尻敏晴の夜ごと酔いどれタブラオ巡り

2017年を振り返って

あけましておめでとうございます。
 本年も宜しくお願い申し上げます。

昨年印象に残った出来事としては、まずは3人の踊り手の国際コンクールでの優勝だろう。
・牛田裕衣さんのイタリア トリノ国際フラメンコ舞踊コンクール プロフェッショナルソリスト部門での優勝
・シロコさんのスペイン ロンダで開催されたアニージャ・ラ・ヒターナ・デ・ ロンダで優勝
・梶山彩沙さんのマドリードのタブラオ Villa Rosa のコンクールで観客賞と1位のダブル受賞

次に、「日本のフラメンコを世界へ発信する」というコンセプトのもと、全国を駆け巡ったシロコさん率いるTOKYO VIVA旋風だ。
地方の素晴らしいアーティストにも目を向けさせてくれた。

そして、年末には石井智子スペイン舞踊団公演「ちはやふる ー大地の歌ー」が文化庁芸術祭 舞踊部門大賞受賞という嬉しいニュースが飛び込んできた。


また、自分が観た中で特に印象的だったライブ10本をピックアップしてみました。(日付順)

■ 森田志保さんの「GRAVITACIÓN -Live-」(引力)(2月17日,19日)
【踊り】森田志保
【ギター】エミリオ・マジャ
【歌】今枝友加
【コントラバス】齋藤徹/田嶋真佐雄/田辺和弘
【ピアノ/バイオリン】森川拓哉
【映像】高木由利子
【編集】市村隼人
20180102_01.jpg


■ エミリオ・マジャ企画ライブ(3月8日)
【踊り】屋良有子、影山奈緒子、梶山彩沙、小林泰子
【歌】モイ・デ・モロン
【ギター】エミリオ・マジャ
【パルマ】三枝雄輔
20180102_02.jpg


■ 正路あすかさんの "SOLO BAILAR con MOI y PACO"(3月9日)
【踊り】正路あすか
【歌】モイ・デ・モロン
【ギター】パコ・イグレシアス
20180102_03.jpg


■ ガルロチ企画「María × Yuka カンテリサイタル 」(4月5日)
【歌】マリア・テレモト、今枝友加
【ギター】ファン・カンパージョ
【スペシャルゲスト】メルセデス・デ・コルドバ(踊り)
20180102_04.jpg


■ 工藤朋子フラメンコライブ in アトリエ乾電池(7月8日)
【踊り】工藤朋子
【歌】奥本めぐみ
【ギター】斎藤誠
【パルマ】佐藤浩希、末木三四郎
20180102_05.jpg


■ 松彩果フラメンコ教室「カンデーラ祭!!」(8月12日)
【踊り】松岡範子、有田ゆうき、牛田裕衣、津幡友紀、中村摩利子、GYB48、カンデーラ発ともだち列車たからもの号
【歌】有田圭輔
【ギター】逸見豪、小林亮
【ディレクター】松彩果
20180102_06.jpg


■ TOKYO VIVA×ACUSTICA Presents EL FARRU 東京公演(10月7日)
【踊り】ファルー
【歌】マヌエル・タニェ、モイ・デ・モロン
【ギター】エミリオ・マジャ
【パーカッション】ホセ・カラスコ
【オープニングアクト:踊り】奥野裕貴子、影山奈緒子、梶山彩沙、小林泰子、三枝雄輔、SIROCO
【オープニングアクト:歌】瀧本正信
【オープニングアクト:ギター】徳永健太郎、徳永康次郎
20180102_07.jpg


■ 瀧本正信さんによる パコ・ハビエル・ヒメノ招聘ライブ(11月9日)
【ギター】パコ・ハビエル・ヒメノ
【歌】瀧本正信、金高荘子、エル・ニーニョ・カガオ
【踊り】梶山彩沙、みのもはるか、新井ゆふこ
20180102_08.jpg


■ スタジオトルニージョ主催 「Atornillando」(12月20日)
【踊り】森田志保、里有光子、川松冬花、林郁恵、平川亜紀、和泉冴英香
【歌】マヌエル・デ・ラ・マレーナ
【ギター】西井つよし
【パルマ】三枝雄輔
20180102_09.jpg


■ 梶山彩沙ソロリサイタル
【踊り】梶山彩沙
【歌】マルタ・ラ・ニーニャ、ナイケ・ポンセ
【ギター】徳永健太郎、徳永康次郎
【パルマ】三枝雄輔、シロコ、小谷野宏司
20170102_10.jpg

2018年も心奮い立たせてくれるライブが楽しみだ!

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

川尻敏晴 プロフィール

6歳よりクラシックギターを学ぶが、長く伸びた鼻を中学の時にパコ・デ・ルシア に折られる。以来フラメンコは聴くものだと心に決める。数年前のある日、生の音に触れたい気持ちから一大決心して、独りタブラオの扉を叩く。初めて観た俵英三さんの伴奏による瀧本正信さんのカンテライブにいたく感動し、狂ったようにタブラオ通いが始まる。 アーティストと直に触れることができるタブラオこそ、パーソナリティも重要なフラメンコの真骨頂だと考えている。自身は近所の仲間とオヤジバンドを結成し、精力的にライブ活動を行っている。ベースを担当。本職は某IT企業のサラリーマン。
関連記事
  1. 2017年を振り返って
    あけましておめでとうございます。  本年も宜しくお願い申し上げます。 昨年印象に...
  2. 2017年7月1日 フラメンコ・シティオ夏祭り2017
     「フラメンコ・シティオ夏祭り2017」 中野スペースリンクにて、盛大に行われま...
  3. 2017年5月3日 立川フラメンコ
     堀江朋子さんを中心に、14年にわたって立川南口すずらん通り商店街で行われている...
  4. 2017年4月13日,14日 「日本とフラメンコ」公開オーディション
    今年の7月にグラナダで文化週間「日本とフラメンコ」が開催される。 このイベントに...
  5. 【番外編】 PARCO フラメンコフェスティバル
    超一流の舞台をプロデュースするパルコがお送りする "flamenco festi...