川尻敏晴の夜ごと酔いどれタブラオ巡り

松彩果主催チャリティライブ

20190310a.jpg2019年3月10日に中目黒 楽屋で行われた「救え被災地!!フラメンコ中目黒チャリティライブ」で撮影させて頂いた。

踊り/井山直子、荻野リサ、梶山彩沙、小池朱美、中谷泉、堀江朋子、松彩果
歌/川島桂子、有田圭輔
ギター/山崎まさし、逸見豪

震災後ずっと続けているこのライブについて主催の松彩果さんに伺った。

20190310_01_025.jpg
井山直子さん
20190310_01_031.jpg
荻野リサさん

1.チャリティーライブをやるようになったきっかけを教えてください。
「震災後、、そうですね一週間くらいした時に
『彩ちゃんなら何かやってくれるんじゃないかと思って』
そんな連絡だったと思います。
中目黒樂屋さん、そして横浜サムズアップさんから連絡をいただきました。

あちらもそして私もどうなんだろうと、どうしたらいいんだろうと
お店を再開したいとか
お客さんを呼びたいとか
そうじゃなく
何かやろうよと

その何かは私にとってはフラメンコなのだけど、、

大切に生まれてきた命に生活に襲いかかった大震災

そんな中、フラメンコをしていいのか、楽しんでいいのかと、、

樂屋のまっしーが
サムズアップの小山さんが
声を震わせながらこんな時だからこそみんなで手を取り合っていこうと

そしてたくさんの「自分に出来る何か」を持って集まってくださったフラメンコの方達と8年目の今も続けています」

2.東北へのどのような思いでやってますか?
「震災は終わってないです。
フラメンコで出来る事、
しかも元気に、
しかも無理せずに。

『頑張れ頑張れって色んな方に言われるけど
被災地はずっとずっと頑張ってるんだよ!』って言ってた友達がいました
頑張るのは私達。
被災地へ届けとフラメンコをする
1年のうちのたった1日
難しい事じゃない。
そう思えるように、続けられるように自分も日々を大切に生きる、そんな感じです。」

20190310_01_013.jpg
梶山彩沙さん
20190310_01_002.jpg
小池朱美さん

3.8年間やり続けて良かったこと、悪かったことがあったら教えてください
「良かった事だらけだと自分では思ってます。
チャリティーの空気の中でやるライブは特別。
そこには全てを捧げる特別な気持ちで集まってくれるアーティスト達と客席の人々。

最近は誰かを見に行くじゃなく、チャリティーに足を運んでくださっている方達もいらしてくれて、本当にありがたいし、支えられているし、みんな優しいです。
ありがとうございます!

震災に対しての思いはそれぞれだったりするのでそれで良いと思ってます。
でもどのチャリティーライブもその言葉を使うのならば、判断力を持って開催されるべきかなと思います。
全てが被災地に届くといいなと思います。」

4.いつまで続けてたいと思ってますか?
「初期は被災地にボランティアに出かけた人達への支援を
今は震災孤児となってしまった子ども達を支える団体にお金を届けています。

この子達が元気に巣立った時に、もう大丈夫だよーって言われたらなのかな?笑

わーそんな事考えた事無かったけど、そんな日が来たら嬉しいですね。
タイガーマスクみたいな存在です。
だから振込みも名前を変えて送るのですが、毎年送ってるし、税金の事もあるので『松さんですよね?』って連絡が来ます。
がーん笑」

20190310_01_048.jpg
中谷泉さん
20190310_01_038.jpg
堀江朋子さん

5.次回はサムズアップでもやりますよね?詳細を教えてください
「サムズアップライブには横浜で活躍されているアーティストさんを中心に、そして震災後挙手してくださったプロのアーティストの方達が参加してくださっています。
チャリティーライブならではな愉快なラインナップです☆

チャリティーを通じて新しい出会いもあるので、毎年ご参加頂けない事もあるのですが、無理なく続けていく事が目標なので、その気持ちをシェア出来ていたらありがたいです。」

6.その他何かあれば
「サムズアップのチャリティーライブと言えばJuan Soto氏です。
第1回目から彼が参加してくれて、本当に心の支えになりましたし、あの場所で話した事、ステージに立つ姿、メールのやり取り、、特別な存在でした。

ありがたい事に沢山の来日スペインアーティストも一緒に参加してくださり、参加出来ない時も「ライネンモコエカケテネ」と寄り添ってくれるその声さえもありがたいです。

その輪が広がっていけばいいな、被災地に届けよう、支え合おう、それだけです☆」

松彩果さん、ありがとうございました!

20190310_01_056.jpg
松彩果さん
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

川尻敏晴 プロフィール

6歳よりクラシックギターを学ぶが、長く伸びた鼻を中学の時にパコ・デ・ルシア に折られる。以来フラメンコは聴くものだと心に決める。数年前のある日、生の音に触れたい気持ちから一大決心して、独りタブラオの扉を叩く。初めて観た俵英三さんの伴奏による瀧本正信さんのカンテライブにいたく感動し、狂ったようにタブラオ通いが始まる。 アーティストと直に触れることができるタブラオこそ、パーソナリティも重要なフラメンコの真骨頂だと考えている。自身は近所の仲間とオヤジバンドを結成し、精力的にライブ活動を行っている。ベースを担当。本職は某IT企業のサラリーマン。