記事一覧

2016年1月15日 カサ・デ・エスペランサ

踊りを小島慶子さん、歌を川島桂子さん、ギターは金田豊さん、小原正裕さんを核として、2005年10月にカサ・デ・エスペランサで結成されたanela Pura(カネラプーラ)は、毎回異なるアルティスタを迎えてそれぞれ異なった化学変化が楽しめる。
新春ライブでは欠かせない存在となっている。

Canela Pura Especial
【踊り】小島慶子、ロシオ・ロメーロ、鈴木眞澄、屋良有子
【歌】川島桂子、有田圭輔
【ギター】金田豊、小原正裕

20160114a.jpg
昨夜は、日本のフラメンコ界の至宝が高円寺に集結した。

人気のパセオフラメンコライヴの中でも、あっという間に席がうまってしまったという中田佳代子さんのソロライヴ。

2016年1月13日 エル・フラメンコ

| コメント(0)

20160113a.jpg
久しぶりの投稿です。ご無沙汰して申し訳ございません。

撮った写真を編集してからとか、古いものから順番じゃなきゃいけないとか考えると全然投稿出来ないので、そこは気にしないことにしていきたい。

松彩果フラメンコ教室エストゥディオカンデーラ のスタジオライブへ。

スペインにて、コンパスのマエストロ、エル・トロンボのもとで代教を務めるEmi Watanabeさんの一時帰国に合わせて行われた。

【踊り】Emi Watanabe, 松彩果, 堀江朋子, 朱雀はるな(カホンも), 津幡友紀
【歌】川島桂子
【ギター】柴田亮太郎

初めて観るEmiさんの本場仕込のソレアポルブレリアは、迫力とアイレ感が凄かった。

松彩果さんはタラント。まるでヒターノのような踊りは、いつ観ても何度観ても感動的。

堀江朋子さんは鉄板のアレグリアス。快活でありながら重みと雰囲気がある彼女のアレグリアスは本当に素晴らしい。

朱雀はるなさんはソレア。持病の治療のため暫くは踊りを休止するそう。ちょっと寂しいが渾身のソレアがしばしの見納めとなった。パーカッションは続けられるようだ。

カンデーラで代教を務める津幡友紀さんはアレグリアス。途中靴のかかとが取れてしまうというハプニングがあったが、もろともせず見事に踊りきったのが凄い。

撮影位置は良かったものの、写真が暗くてイマイチなのが残念。

2015年7月25日 ソレアド

| コメント(0)

50歳代前半のベテランバイラオーラの友人が、ここ1年くらいで急に踊りが変わった。
伸び伸びとして表現力が豊かになったように感じた。
理由を尋ねると萩原淳子さんのクルシージョを受けるようになったからではないかと言っていた。

その話を聞いて数ヶ月後、ようやく萩原淳子さんのライブを観ることが出来た。

横浜線矢部駅から歩いてすぐ、閑静な住宅街にあるソレアドにて、リニューアル4周年記念スペシャルライブへ。

【踊り】小島慶子, 萩原淳子, 松彩果
【歌】エル・プラテアオ
【ギター】ペペ・マジャ

小島慶子さんは鉄板のガロティンと目が覚めるような元気いっぱいのアレグリアス。

スペインで大活躍中の萩原淳子さんはバタデコーラでのエレガンテなアレグリアスと人前で踊るのが2回目という渾身のソレアポルブレリア。

ソレアドの周年記念ライブでは一切を仕切る松彩果さんはソレアとタラント。いつ何度観ても期待以上の踊りを魅せてくれる。

オープニングの全員でのマルティネーテも見応えがあった。
素晴らしいライブだった。

今宵のエスペランサは踊り手が4人。
LOLAこと重藤優子さんが2曲、他の3人は1部でそれぞれがソロ、2部では3人が代わる代わりに1曲のアレグリアスを踊った。

【踊り】重藤優子(LOLA), 広瀬麻奈, 土屋みどり, 齋間あゆみ
【歌】川島桂子
【ギター】金田豊

天真爛漫な性格の重藤優子さんはガロティンとソレア。
昨年の新人公演の頃は思い悩んでいるように感じたが、何かが吹っ切れたかのように実に伸び伸びと生命力に満ち溢れた踊りだった。

フラメンコと魂の探求にいそしむ広瀬麻奈さんはティエント。
彼女の踊りは8回観ているが、今宵の麻奈さんは自分の心の内が実に素直に表現されているように感じた。
終演後に尋ねてみると、様々な活動が調和が取れてきたところだと言っていた。

土屋みどりさんはダイナミックで渾身のタラント。パワーをもらった。

齋間あゆみさんは、歌に乗って、ここで踊っていることが楽しくてしょうがないというという気持ちが伝わってくるソレアだった。
素晴らしかった。

2015年7月18日 エルムンド

| コメント(0)

いま若手注目株の二人を応援に、青梅線羽村駅の目の前にある老舗スペイン風居酒屋「エルムンド」へ初めて訪れた。

1980年に創業で、山室弘美さんや吉田光一さんがここでバイレ教室をやっている。
毎月第3土曜日にフラメンコライブをやっていて、すぐに予約がいっぱいになることも多いという。

【踊り】福島沙弓、牛田裕衣
【歌】山田ナオリ, 厚治英一
【ギター】田中秀和、山崎耕平

踊り手二人とカンテの山田ナオリさんがこの夏の日本フラメンコ協会新人公演に出演する。

福島沙弓さんはテアトロでの踊りを意識したゆったりダイナミックなタラントとアイレたっぷりのアレグリアス。

牛田裕衣さんは本番で思いっきり弾ける姿が思い浮かばせるソレアポルブレリアと渾身のタラントだった。

新人公演頑張って欲しい。

超一流の舞台をプロデュースするパルコがお送りする "flamenco festival in Tokyo"。
今年は、渋谷ヒカリエにある 東急シアターオーブにて、コレ
flamenco festival in Tokyo

9月21日(月・祝)19時開演 と
9月22日(火・休)14時開演 が、
サラ・バラス 『ボセス フラメンコ組曲』
特設ページ→http://www.parco-play.com/web/play/flamenco2015/#anchor02

9月23日(水・祝)16時開演 が
アンダルシア・フラメンコ舞踊団 『イマヘネス』
特設ページ→http://www.parco-play.com/web/play/flamenco2015/#anchor03

2012年の夏、新人公演での徳田志帆さんは印象的だった。

ステージに登場するや否や、一気に会場の空気を掴んだ。
師匠の吉田久美子さんを彷彿させる、畳み掛けてくるソレア・ポル・ブレリアは圧巻だった。
(こちらの株式会社ビデオのサイトで一部が見れる)

翌2013年、MARUWA CAFコンクールでコンセルバトリオ賞を受賞しスペインに渡ることになる。

2014年からは活動の拠点をスウェーデンに移し、ノルウェー、フランス、キューバなどでもライブ、教授活動を行っている。

そして今宵は、2年ぶりの一時帰国ライブ。

【踊り】徳田志帆, 梶山彩沙, 田村陽子
【歌】大橋範子
【ギター】長谷川暖

2年ぶりに観る徳田志帆さんはアレグリアスとソレア・ポル・ブレリアだった。
スウェーデンでの生活がそうさせているのか、洗練されたフラメンコに感じた。
これから地元鹿児島に寄ってからまたすぐに戻るようだが、今後どんな風に進化していくのかまったく想像がつかない。
また時をおいてお会いするのが楽しみだ。

梶山彩沙さんはソレアとアレグリアス。
本人は凄く不満のようだったが、普段と違ってしっとりと落ち着いた感じのソレアは観る方としてはかなり良かった。

そして間もなくムルシアのラ・ウニオン市で行われるカンテ・デ・ラス・ミナスコンクールに日本代表として出演される田村陽子さん。
なんとエスペランサ出演は初めてとのこと。
コンクールで必須のタラントは、一部修正が入るようだが素晴らしい完成度。とにかく体の線が綺麗で、その情感たるや筆舌に尽くしがたい。
息が詰まるような渾身のシギリージャも素晴らしかった。
きっといい知らせを聞かせてくれるに違いない。

2015年7月5日 カサ・デ・エスペランサ

| コメント(0)

今宵のエスペランサは、いつもとはちょっと違う構成でギターが3人、カンテが2人。

【踊り】高関テラ
【歌】三澤敦子, 佐々木紀子
【ギター】三澤勝弘, 山中英樹, 逸見豪

・三澤勝弘さんの伴奏による奥様の敦子さんのカンテソロ
 (ミネーラ・イ・カルタヘネーラ、グアヒーラ、ファンダンゴ・イ・ブレリア)
・三澤勝弘さんのギターソロ
 (グラナイーナ、ティエント、シギリージャ)
・歌が佐々木紀子さん、ギターが三澤さんの門下生だった山中英樹さん, 逸見豪さん2人による高関テラさんの踊り
 (ガロティン、ソレア)
・山中英樹さん, 逸見豪さんのギターソロが1曲づつ
という構成だった。

なかなか聴く機会はないので、出演されるときはほぼ毎回行っているが、三澤敦子さんの歌は本当に素晴らしい。
夫婦ならではの息が合っているのがまた心地よい。

滅多に聴くことがないシギリージャのギターソロは圧巻だった。

高関テラさんの高貴な舞の奥底に見え隠れする、フラメンコに対する熱い想いが印象的だった。