“フラメンコで元気になる!”を実践する踊り手の鈴木眞澄さん、福島へ行く!

フラメンコには、人を元気にする力がある。
最近の私のフラメンコへの最大の関心事はここだ。
今年スタートさせたシティオ塾(本格始動は5月から)も「フラメンコで元気になる!」を形にしてひろく伝えていきたい、というのが設立の動機だった。
!常々、「フラメンコの普及がライフワーク」と公言し、さまざま活動を展開されている踊り手の鈴木眞澄さんは、「フラメンコで元気になる!」をずっと以前から実践してきた人だ。
全国の学校や福祉施設などいろんなところに赴きフラメンコで元気を届けてきた。
そんな眞澄さんが今度は、福島に「フラメンコの元気!」を届けに行くという。


IMG2.jpg来たる3月11日(もうすぐ!)に福島のテレサホールにて「フラメンコで贈る福島へのメッセージ」と題して、ライブ&レクチャーを行う。入場は無料。
また翌12日には、仙台で、仙台及び東北を拠点に活動する6人の踊り手と共に「プラサ・マジョール・フラメンコ・ライブ」を開催する。
東北の震災・福原発事故以後、フラメンコでも様々な形でチャリティ・イベントが行われているが、眞澄さんは、そうした動きにも積極的に関わってきた方のひとり。活動の一つとして震災後2年続けて石の巻でライブを行ってきたそうだが、今年初めて、福島でのライブ・&レクチャーが実現の運びとなった。
「震災あと、様々なチャリティーライブやボランティア活動をしてきましたが、まだまだご苦労なさっている方々はたくさんいらっしゃるので、続けていくことが大事なのだと思っています。福島と郡山には月一回のレッスンを行っていますが、今回のレクチャー&ライブによってより多くの方に、フラメンコのパワーを伝えられたらうれしいです。
フラメンコの起源である苦境の中でも力強く生きる力、そんな思いを少しでも私の踊りから感じていただければと思います」と、福島への思いを語る眞澄さん。
フラメンコには、人を元気にする力がある。
「福島に元気をとどけたい」という眞澄さんの思いがひとりでも多くの地元の方々の届けられることを願ってやまない。
皆さん!福島在住の御友人お知り合いに、この情報を知らせてください。
公演情報
■フラメンコで贈る福島へのメッセージ
3月11日(火) 19時開演
福島テレサホール
入場無料
問合せ先:ふらめんこ」スタジオ・マジョール ℡03-53777-7788
■プラサ・マジョール・フラメンコライブ
3月12日(水)19時開演
タブラオ・ロス・アスレホス
チケット4000円
問合せ先:フラメンコスタジオ・マジョール ℡03-53777-7788
公演詳細情報はこちら

アクースティカ倶楽部

アクースティカ倶楽部イメージ
アクースティカ倶楽部は、仲間とともにフラメンコの「楽しさ」を追求する、フラメンコ好きのためのコミュニティです。