記事一覧


   第62回グラミー「Best Latin Rock,Urban or Alternative Album」受賞の「エル・マル・ケレール」    

 2020年1月26日、米ロサンゼルス・ステイプルズセンターで開催された第62回グラミー賞授賞式で、スペイン史上8人目の受賞者となったアーティスト「ロサリア」を、シティオ読者の皆さんは御存知だろうか?
 弱冠26歳の彼女の受賞部門は「Best Latin Rock,Urban or Alternative Album」で、対象作品は2018年11月2日に発売したセカンドアルバム「エル・マル・ケレール(El Mal Querer)」であった。
 約800年前の13世紀に書かれた小説「フラメンカ」にインスパイアされたアルバムで、11章からなる男女の"歪んだ愛(=El Mal Querer)"が作品の中心テーマだ。そのアルバム全編を貫く音楽的エッセンスが、何と伝統の「カンテ・フラメンコ」なのである。
 発売前にはニューヨーク・タイムズスクエアの巨大なオーロラヴィジョンに派手な広告が打たれ、先行リリースの「マラメンテ(Malamente)」はYou TubeとSpotifyで驚異的な再生回数を記録し、カタルーニャの歌姫だったロサリアは、一瞬で世界的スターダムに登りつめたのだった。
 さらにアフィシオナードを狂喜乱舞させたのは、式当日のパフォーマンス。今年1月発表の新曲「Juro que」でタンゴ・フラメンコを歌い、白い稲妻のようなバイレ・ポル・ブレリアで大喝采。カルメン・アマジャのファンでもある彼女のバイレは、コンサートでも強力な武器となっている。グラミー会場でのフラメンコ登場は、約20年前のホアキン・コルテスの時代まで遡らなければならない、実に久々の出来事だったという。


exstasi590.jpg
    エル・マル・ケレールの8曲目「エクスタシー」ライナー写真より


強く美しき女たち――パケーラ、サジャゴ、レポンパへ捧ぐ
 グラミー受賞後の2月頃からコロナ禍が本格化し、日本へは欧米ほどロサリアの偉業は伝わっていない。先月訪ねた新宿の大手CD店でも「エル・マル・ケレール」は在庫切れで、渋谷に2枚在るだけだった。これほどの楽曲群が、日本のフラメンコ・ファンに知られず埋もれてしまうとは――本稿執筆の動機のそもそもの発端だ。
 さて「エル・マル・ケレール」の楽曲を大別すると、フラメンコのパロ(曲種)が下地のものと、ポップスやヒップホップ系にフラメンコを融合させた二種類に分かれる。どのナンバーも完成度は高いが、アフィシオナード諸氏に奨めたいのが、名アルティスタへ捧げた以下の3曲である。
 中でも衝撃だったのは、8曲目の「エクスタシー」だ。この曲のメロディーは100%フラメンコのタンゴだが、ベースは何とレポンパ・デ・マラガである。レポンパは1950年代に20代前半で夭折したヒターナ歌手で多くのアルティスタにリスペクトされる存在として知られる。
「ジャリジャリ...」と有名な歌い出し後に始まる、密室の恋人ふたりの会話。やがて場面はベッドに移り――と、伝統タンゴに自作のレトラを組合わせ、見事にセクシーな現代ラヴソングへと転生させているのだ。
 2曲目「月よ出ないで」はヘレスのブレリアだが、トップに女帝パケーラ・デ・ヘレスとパリージャ伴奏の音源をサンプリングし、自らはあの「リリアリ...」のサリーダから熱唱する。ロサリア自身のカンテは小細工無し、真っ向勝負のストレートなノリが素晴らしい。
 9曲目「子守唄」では、2015年に95歳で亡くなったエンカルナシオン・マリン"ラ・サジャゴ"のナナ(子守唄)をオマージュ。サジャゴは生地サンルーカル・デ・バラメーダを代表するカンタオーラで、90代で筆者が面会した時も、凛とした佇まい、即興で一節唸ったマルティネーテが強く印象に残る。サジャゴは最晩年までマネージャーの世話にならず、自ら契約を取っていたのは有名な話だ。
 ロサリアは常々、強い女性のアイコンでありたいと公言している。この先輩カンタオーラ三人は、独立独歩で生き抜く、誇り高きフェミニズムを象徴する存在なのだ。


Los Angeles500.jpg
      


     ロサリアソロデビュー作「ロス・アンヘレス」(2017年)


伝統カンテ×ロックギター――「ロス・アンヘレス」
「エル・マル・ケレール」のグラミー受賞で、にわかに脚光を浴びたのが、約三年前に発表されたロサリアのデビュー作「ロス・アンヘレス」(2017年)だ。とはいえ、アルバムのクオリティは実に高く、フラメンコ性も十分な佳品。せっかくの機会ゆえ、この場を借りてご紹介させて頂こう。
"死"がテーマとなるレトラを基準に選んだ伝統曲の数々を、アコースティックギター一本の伴奏で唄う全12曲。だがしかし、伴奏はフラメンコギターの技法を極力使わない――これが本作の最大のポイントであり、最高の魅力といえる。
 ニーニャ・デ・ロス・ペイネスのアレグリアスや、マノロ・カラコールのシギリージャ、エンリケ・モレンテのティエントのレトラを、その内容に忠実な感情表現に徹するロサリア。初々しく澄んだクリスタル・ヴォイスに、70年代のパンクロックのようなアレンジングの激しいリフは、高いテンションを保ちながら、絶妙な調和を見せるのである。
 相棒のギタリストは同郷バルセロナのベテランミュージシャン、ラウール・フェルナンデス・レフリー。ジャズ、ロック、フュージョン系に強く日本でも人気のシルビア・ペレス・クルスの共演者と言えばご存知の方もいるかもしれない。
 二人の果敢なチャレンジ精神は、リリース当時も大きな賛辞をもって迎えられた。ザラリと硬質でダークな音世界の奥には、確かにカンテ・ホンドと同一の黒いスピリッツが息づいている。ラウールは、グラナダの名手ぺぺ・アビチュエラの音色を参考にしたという。

TKN600.jpg
        2020年5月の最新作はラップ歌手トラヴィス・スコットとの共演「TKN」

カマロンと疾走するロサリア
 将来は自分が元々好きなポップス&ポピュラー系と交流していきたい――キャリア初期のインタビューでそう答えていたロサリア。言葉通り、「エル・マル・ケレール」後も新作を立て続けに発表。2019年の「コン・アルトゥーラ」「オート・クチュール」「ミリオナリア」といったシングル群を通して、ヒップホップやラップへ傾倒の度合いを深め、2020年5月の最新作「TKN」では、やはり米ラップミュージシャンのトラヴィス・スコットとコラボが話題に。怒涛のようにブラック・ミュージックへと突き進むカタルーニャの歌姫は、一体どこへ向かうのか。
 だがしかし、彼女は決してフラメンコを忘れないだろう。「私のベースはフラメンコ」と常時、インタビューで強調しているせいもある。さらに前述のスマッシュヒット作「コン・アルトゥーラ」の中では、100%ラップのリズムに乗せて、こう歌っているからだ。
「llevo a Camarón en la guantera ( de la Isla) 」
「グローブボックスにはカマロンが入ってる(イスラの)」
 今も世界のどこかを疾走するロサリアのクルマには、カマロン・デ・ラ・イスラが鳴り響いているに違いない。アフィシオナードの私達は、心安らかに、次なる新作を待とうではないか。


【CDお求めはこちらから】
el mal querer200.jpg

ロサリア「エル・マル・ケレール('18年)」
http://acustica-shop.jp/shopdetail/000000007318
http://acustica-shop.jp/shopdetail/000000007319(歌詞・対訳・解説付き)

Los Angeles200.jpg

ロサリア「ロス・アンヘレス('17年)」
http://acustica-shop.jp/shopdetail/000000007316
http://acustica-shop.jp/shopdetail/000000007317(歌詞・対訳・解説付き)

 


<はじめに>
来年3月7日に5年ぶりの来日を果たすロシオ・モリーナ。
フラメンコの現在(いま)を
最も体現しているアルティスタです。

★メインRocioMolina2020.jpg抜群の身体性、
溢れ出すコンパス。
作風は刺激的で斬新でありながら
エンターテイメント!
その心身に刻まみこまれているのは、
まごうことのなきフラメンコの核心と確信です。

さて、ロシオ特集第二弾となる今回執筆いただいたのは、
人気連載「フラメンコ・ウォーカー」の筆者
坂倉まきこさん。
客席からはもちろん、これまでの豊富な仕事経験を通して、
バックステージのロシオをもよく知る方です。

この夏スペインで、出産後のロシオと会い、
今回の作品「Caída del Cielo」を取材鑑賞もされてきた
坂倉さんならではの観点から、
書いていただきました。

なお、坂倉さんが執筆された
これまでのロシオ関連記事のリンク先も
最後に紹介してあります。

新しいフラメンコはちょっと...、なんて感じられているそこのあなた! 
まだロシオ未体験ならなおさらのこと、
ご一読&再読をおすすめします。

ロシオの魅力と実力をよ~くご理解いただけけるはずです。

なお、公演直後の3月13日からは、ロシオの創作現場を捉えたドキュメンタリー映画「衝動ー世界で唯一のダンサオーラー」の全国ロードショーが決定しています。(編集部)


★   ★    ★   ★    ★   ★    ★   ★

       
映像でしか見たことがなかった、
いや、それで十分に見た気がしていたロシオ・モリーナを、
生の舞台で初めて見たときの驚きはかなりものだった。

と言ってもそれが叶ったのはごく最近、

2018年のビエナル・フラメンコでの公演
「グリト・ペラオ」。


芸術作品を味わう時、まずは予備知識なし、先入観なしに向き合うというのも鑑賞方法の一つ。一方で、観る前に得た知識が、鑑賞をより味わい深くしてくれることもある。絵画のようにじっくり立ち止まって観ていられるものとは違い、フラメンコの公演は、これは何?なぜ?と思っている間にもショーは進んでいく。

「Ay曽根崎心中」の東京公演を直前に控えたある日、
この作品の演出・振付・主演を務める佐藤浩希と、
求心的にフラメンコを追求しながらも自身のバイレを確立し、テアトロでのフラメンコにも挑み続ける大沼由紀
シティオ編集部に隣接するスタジオに来ていただいた。

二人が表現するフラメンコのテイスト、ベクトルは、一見全く異なるが、
フラメンコの深い根っこのところで共感しあう、実は盟友でもある。
佐藤が鍵田真由美とともに主宰するアルテ・イ・ソレラ・フラメンコ舞踊団公演にゲストダンサーとしても度々出演している大沼は、演出家、佐藤浩希を間近で知る人でもある。

そんな二人に、「フラメンコ曽根崎心中」から「Ay曽根崎心中」と改題して、通算4度目の東京公演を迎える、この威力作について、
忌憚なく語り合っていただこうと思う。
様々な実験的な試みの上に、一大エンターテイメント作品として
フラメンコ界の奇跡とも言えるロングランを続けるこの作品の意義は大きい。

果たして、フラメンコの保守本流、いわば王道を歩み続ける
大沼由紀の眼には、耳には、この作品はどのように写っているのだろうか?
そして、今や、松竹歌舞伎、宝塚、山田洋次監督の舞台など、ジャンルを超えてフラメンコの振付家として活躍する佐藤浩希の視線は、どこを見つめているのか?
対談の進行・構成は、当サイトの主幹であり、数年前までこの作品の制作・広報スタッフとして参加していた西脇美絵子が担当した。


全国のフラメンコファンが中野に集結する3日間!
フラメンコとスペインが楽しめるよろずスペイン市。

新人公演応援!【フラメンコ&スペインフェア】の詳細

日時 24日(金)13:00―17:00 
    25日(土)11:00―15:00
  6日(日)11:00―15:00
   ※新人公演開場時間前の時間

入場料 無料
会場:中野スペースリンク(アクースティカ・スタジオ) 
   中野駅北口2分、新人公演会場まで10分、タクシーなら1メーター。

  

新人公演会場のなかのZEROホールとは、線路を挟んで向かい側、
中野駅から徒歩2分の場所に、
アクースティカとスタジオ・中野スペースリンクがあります。
ここを会場に
フラメンコの衣装や小物、CD,DVD等
スペインやフラメンコ関係の雑貨などが、勢揃い!
フェア特価主賓多数! 20%~50%OFF以上 !


今年は、他ではなかなか手にはいらないセレクト商品と、
超お得なフェア特価商品の2段構えで品揃え。
楽しさがグーンと広がります!

入場はもちろん無料!
スペインバルも出店しますので、
応援前の憩いの一時を
ぜひ楽しみにきてください!

文 マルティン・千恵
写真 ペーター・マルティン

ドイツのフラメンコ

はじめまして。私が暮らすドイツもフラメンコは盛んですよ~。

えっ、ドイツ!? と驚かれる方へ、ドイツのフラメンコについて。
現在、フラメンコ雑誌¡anda!に登録されているだけでも、フラメンコを学べる場所は全国で130もあります。
ドイツ人を魅了したのは1960年後半、バルセロナ出身のヒターナ、ラ・シングラ。パコ・デ・ルシアやカマロン、レブリハノ、セペロ、マリア・バルガスで結成された豪華メンバーの公演です。
外国人労働者の存在も忘れてはいけません。アンダルシア出身者もいました。今でも各地にスペイン・コミュニティーがあります。

当サイトを運営しているフラメンコ音楽ショップのアクースティカが、
9月4日、中野に引っ越しました。
これに伴い、アク―スティカ新スタジオとして
「中野スペースリンク」が9月15日にオープンしました。

中野駅北口から歩いて3分の便利な場所。

ライブ開催、スクール事業、レンタルスペース、などを通して  
フラメンコと文化の発信スポットとして展開していきます。


【リード】
フラメンコロコにしてカンテ唄いのアフィシオナード。我らが大画伯堀越千秋氏より、特別なメッセージがシティオ編集部に届けられました。
内容はフラメンコではありません。「戦争は嫌だ! 7月10日の選挙に行こう!」です。
でもこれは、本当にフラメンコと関係ないことがらなのでしょうか? 
フラメンコが単なる音曲舞踊ではなく生き方だというのなら、
私たちは日々生き方を問われています、フラメンコに。
そう、来たる7月10日の生き方も例外ではないでしょう。

政治的思想やスタンスというものには、様々なものがあります。たとえ個々の考え方は違っても、異なる意見があるのは当然のことで、それらをむやみに否定する立場にはありません。
芸術文化が安易に政治と結びつくことの愚かさ、恐ろしさは、戦前の日本がすでに実証しています。
この原稿を書かれた堀越氏も、また掲載を決めた編集部も特定の思想や政党に組みするものではありませんので、ご承知おきください。

そうした意味において、プロパガンダを超えた堀越氏の切なる憂いに、フラメンコたちはどう耳を傾けるのでしょう? 

ここに全文を掲載します。

下の写真は、堀越氏より提供された「「飛行機画報」(1938年刊・講談社)からの一ぺージです。

img443 (1).jpg

「フラメンコたちよ、目を覚ませ!」    堀越千秋

日本のフラメンコの皆さん!
いま日本及び日本のフラメンコは前代未聞の憂うべき時にあります。戦争法が制定され、選挙により、さらに安部による憲法蹂躙がすすめられようとしています。

フラメンコは平和のアートです。スペインはすでに徴兵制をやめています。マドリード・アトーチャ駅でのアルカイダによる爆弾テロ以来、百万人デモにより政権はひっくり返り、中東イラクからも兵を引き揚げました。
そして、ヒターノたちはもとより平和的、絶対的非暴力の人々です。
フラメンコは、その上に成立しています。

悠久のときをその身に宿すイネス・バカンがやって来る。今回は、東京・大阪・福岡の3ヶ所で公演。東京と大阪ではクルシージョも予定されている。

今回の見所は、なんといってもギター伴奏がアントニオ・モジャであること。
今は亡きイネスの兄、ペドロ・バカンを継承するカンテ伴奏の名手モジャは、レブーハ&ウトレーラの歌い手にとっては欠かせない存在。イネスにも例外ではない。モジャは、イネスが最も信頼を置き、共演を重ねてきたたギタリストなのだ。イネスの魅力をさいだいげんいひきだしてくれるにちがいない。

さて、ここ数年、カンテファンの数も、カンテ・ソロのコンサートも確実に増えている。
ドローレス、フェルナンド・デ・ラ・モレーナ、ダビ・パロマール、ホセ・バレンシ ア......。ここ1年あまりのあいだに来日し、カンテ・ソロ公演を行った歌い手たちを思いつくままにあげてみてもそうそうたるアルティスタたちだ。

しかし、その公演の多くは、踊り伴唱での来日に便乗したものだったり、アフィシオナードの尽力により実現するものがほとんどだ。つまりスポンサーはおろか、プロの制作会社や招聘元を介さずに行われているものだ。

理由は簡単だ。ビジネスとしてなかなか成立しないから、プロの興業主は手を出さないのである。裏返せば、プロのノウハウを持ってしても興業的には成功しないことを、アフシオナードたちが、アフィシオンを支えに行っているということだ。

まだ記憶に新しい、1月に来日したエンカルナ・アニージョの場合は、スイス在住のバイラオーラ林結花さんが招聘の労を担ったもので、彼女のアフィシオンあふれるその取り組みは、多くのフラメンコ関係者やファンの心を突き動かして、エンカルナ旋風を巻き起こした。日本では、一部のコアなカンテファンを除いてはまだ認知の低かったエンカルナだったが、結花さんはその魅力を広く浸透させ、公演を成功させたのだ。公演実現までの経緯と公演プロデュースにかける思いを綴った結花さんの原稿をここ「シティオの眼」でも掲載した。

さて、此度のイネス・バカンの公演がじつげんしたのも歌い手の近藤裕美子さんの尽力によるものだ。公演準備に、彼女は今日も奔走していることだろう。

定石を積み上げたプロの仕事よりも、情熱が先走るアマチュアのほうが、結果的によい仕事をすることがある。情熱は無敵だ。フラメンコの場合は特にそうだ。なぜなら、その情熱こそが、アフィオンこそが、カンテの名人たちを突き動かす原動力に他ならないのだから。

お金のためでも、名誉のためでもなく、アフィシオナードたちは、
いい歌が聞きたい、その歌を多くの人に聞かせた、心臓をわしづかみされるようなフラメンコの時間を得たい、ただその一心で、まい進する。それが、至福のカンテを、奇跡の時間を呼び起こす。

そしてそういう人々の情熱の連鎖が、きっとカンテをこの日本の地に根付かせていくにちがいない。

イネス公演の仕掛け人、近藤裕美子さんの情熱を、ここにお届けしたい。   

(編集部 西脇美絵子)